sus-sous Winter Collection

Share
this article

まだまだ寒い日が続く北海道ですが、この時期に欠かせないアイテムと言えばアウターやニットではないでしょうか。

本日は、sus-sousよりお勧めしたいアウターとニットをご紹介致します。

スクリーンショット 2021-01-08 16.50.42
“footgurds great coat ”
SIZE 5 /7 / 9 / 11
PRICE ¥160,000+TAX

先ずは、イギリス連帯近衛兵(guards Dsivison)に所属する兵士に支給されていたコートをベースにし再構築した一着。

1930年代から50年代、当時流通していた英国のgreat coatのパターンを解読し、sus-sous流にシルエットをモディファイドして完成に至ったコートです。

DSC08661

DSC08658

DSC08635

仕立ての良さを感じる綺麗なシルエットが魅力的な一枚は、英国のクラシックなスタイルを感じます。

素材には、縮絨ウールを使用しており、ウール100%にもかかわらず非常に軽い気心地に仕上がっています。

DSC08636

DSC08637

DSC08640

DSC08542

このコートの魅力の一つである背中のシルエット。

大きく入ったプリーツが綺麗なラインを描き、エレガントな空気を生み出しています。

DSC08642
 “duffle coat”
SIZE 5 / 7 / 9
 PRICE ¥160,000+TAX

続いては、同素材を用いた”duffle coat”

ダッフルコートと言えば、ミリタリーが起源にあるだけに少し無骨な印象を受けるかもしれません。

ですが、先程の”footguards great coat”同様に、ダッフルコートのイメージとは少し違ったシャープなシルエットが魅力的な一着です。

DSC08643

DSC08645

やや着丈の長い仕様も、この綺麗なシルエットだからこそ成立する設計だと思います。

ミリタリーウェアーをベースにしているにもかかわらず、ソレを感じさせないのがsus-sousの凄いところです。

無駄を削ぎ落としたパーツやディテール、シンプルに見える洋服も、実は表には見えない拘りが細部に宿っています。

DSC08646

DSC08647

0E0A4981-014D-4B49-992D-7C76D108B1EF

宅見  / 身長187cm 体重80k 着用サイズ9

DSC08614

大きめに設計されたフードも個人的には好きなポイント。

フード部分がショールカラーの様な雰囲気になり、また一味違った印象を与えてくれます。

肉厚な縮絨ウールの生地は、ここ北海道の寒さも難なく乗り超えられます。

DSC08649
“turtle neck sweater ”
COLOR WHITE / BROWN
SIZE 5 / 7
PRICE ¥47,000+TAX

意外と知られていないタートルネック….実はsus-sousの隠れた名作です。

ヘビーウェイトなウールニットとは裏腹に、滑らかでいて肌触りの良い質感が特徴的。

ずっしりとしたウェイトですが、シルエットが絶妙です。

DSC08652

DSC08653

ややゆったりとしたシルエットに加えて、ロール部分が非常に綺麗。

ジャケットのインナーにも使えますし、この上からアウター1枚でも充分防寒出来ます。

DSC08624

ヘビーウェイトな肉のあるニットは、どうしても無骨な印象が強いですが、sus-sousのタートルネックは、何故かそう感じさせません。

上質なウール素材を使っているからこそ、品のある雰囲気を醸し出しています。

是非、寒くなってきたこの機会にご覧になって欲しいアイテムです。

ARCH 宅見