sus-sous お楽しみ会 生地紹介

Share
this article

69241309_380624459558945_6030484628951079666_n

121643130_347171289853245_3816514508181015517_n

87654215_215813986203829_7890054458833621967_n

今週末、6日(金)から開催しますsus-sousの「カスタムオーダーイベント(お楽しみ会)」。

昨日のブログでは、オーダーして頂けるアイテムをご紹介しました。

続いて本日は「オーダーで使用して頂ける生地」をご紹介致しますので、ぜひご覧下さい。

vintage-linen
【フレンチミリタリーヴィンテージリネン】

まずは、1940〜50年代にかけて生産され、フランス軍で使用されていたリネンのベットカバー生地。

この年代のリネン生地特有のネップ感ある織りと、ぶるんとした弾力のある質感がとても魅力的です。

sus-sousデザイナーの西谷氏もお気に入りで、ブランドを立ち上げる前にこの生地で【trousers MK-1】を自分で履くために作っていたそう。

フレンチヴィンテージを長年取り扱ってきたArchとしても、ぜひご提案したい生地です。

vintage-linen-blackindigo
【フレンチミリタリーヴィンテージリネン(ブラックインディゴ手染め)】

こちらは、前出のベッドカバー生地を硫化で黒染めした後、職人が1枚1枚インディゴの手染めを施したもの。

古いフレンチワークウェアに見られるブラックインディゴのリネン素材を、ヴィンテージの生地を用いて表現したスペシャルファブリックです。

こんな贅沢な生地はそうそうありません。

どのような経年変化を魅せるのか非常に楽しみな生地です。

indigo-cottonlinen
【インディゴ染めコットンリネン】

続いては、タテ糸にインディゴ染めのコットン、ヨコ糸にチャコール染めのリネンを使用して織り上げられた平織り生地。

ヴィンテージのブラックインディゴ生地をイメージして製作された生地は、深みのある色合いと抜群の風合いを誇ります。

indigo-cottonlinen-aging

こちらは、この生地を使用した【trousers MK-1】のエイジングサンプル。

東京オーダー会でも好評を頂いた生地なのですが、素晴らしい経年変化を見ればそれも納得です。

インラインでも一部使用されている生地ですが、今回オーダーして頂ける3アイテムでは展開されていないので、ぜひこの機会に手にして頂ければと思います。

ここからは、札幌オーダー会のために特別製作して頂いた別注生地3種類です!!

ex-blk-poplin
【別注生地① 黒×生成りヘビーポプリン】

一つ目は、タテ糸に中白染め黒のコットン、ヨコ糸に生成りのリネンを使用して織られた平織り生地。

中白染めとは糸の芯を白く残して染め上る方法で、着込むと色落ちしてデニムのように白が浮き出てきて、その人なりの経年変化が楽しめる生地になっています。

長年着込んでヴィンテージのブラックシャンブレーのように育っていくのが楽しみな生地ですね。

しっかりとハリのある生地感は【trousers MK-1】【sleeping shirt】におすすめです。

herringbone-natural-1

herringbone-natural-2
【別注生地② 生成り×チャコール しおごまヘリンボーン】

2つ目は、タテ糸に生成りのコットン、ヨコ糸にチャコールに染めたリネンを使用したヘリンボーン生地。

ブラックシャンブレー(ごましお)を反転した色合いなので、西谷氏は通称「しおごま」と呼んでいます。笑

古いフレンチのワークパンツに見られるような細かいヘリンボーン生地がとても良い雰囲気を醸し出しています。

柔らかな質感は【trousers MK-1】【sleeping shirt】【chef jacket】どのアイテムとも相性抜群です。

herringbone-black-1

herringbone-black-2
【別注生地③ 黒×生成り ごましおヘリンボーン】

3つ目は「しおごまヘリンボーン」と同じ組織の織りで、タテ糸に中白染め黒のコットン、ヨコ糸に生成りのリネンを使用した「ごましおヘリンボーン」です。

ブラックのヘリンボーンからチラチラと覗く生成りの表情が雰囲気抜群で、19世紀後期のフレンチファイヤーマンジャケットの素材を彷彿とさせる圧倒的な存在感を放っています。

ヘビーポプリン同様に中白染めの糸を使用しているので、味わい深い経年変化が期待できます。

IMG_6592

素晴らしい生地を沢山ご用意して頂きましたが、特にこの「しおごまヘリンボーン」と「ごましおヘリンボーン」の2つはスタッフも満場一致でイチオシです!!

この生地で【trousers MK-1】と【chef jacket】のセットアップ(sleeping shirtと合わせて3ピース?笑)なんて最高じゃないでしょうか。

IMG_6636

IMG_6639

IMG_6650

今日ご紹介した生地以外にも、オーダー会では様々な生地をご覧頂けますので、ぜひ店頭で実際に見て触れて頂ければと思います。

イベント当日は、デザイナーの西谷氏が皆様とお話ししながら、サイズやパンツの裏地を見立てて下さいます。

ぜひ、この機会に自分だけの1着をオーダーしにいらして下さい。

明日は「スタッフのおすすめオーダー」をご紹介致します。

ARCH  川上

phonto 2
sus-sous Custom Order Event(お楽しみ会)
2020.11.6(fri) – 8(sun)

今年6月にARCH東京店で開催し、大盛況で終えた「カスタムオーダーイベント」をいよいよARCH札幌にて開催致します!!

日程は来週末、11月6日(金)~8日(日)の3日間。

今回は定番アイテムに加えて、札幌用に新たなアイテムを加えたラインナップに。

生地に関しても札幌限定の別注生地をご用意して頂けましたので、初めての方にはもちろん、前回オーダー頂いた方にも楽しんで頂けるイベントになると思います。

期間中はデザイナー西谷氏も在店されます。

直接お話しを伺いながら自分だけの1着をオーダーして頂けます。

お客様、西谷氏、僕らスタッフ、皆でワクワクしながら楽しめる、そんなイベントになること間違いありません(西谷氏はこのイベントを「お楽しみ会」と呼んでいます)。

ぜひ、この機会にご来店下さいませ。