Blog from ArchStyle|archstyle|Arch アーチ

KLASICA × ARCH “CIRCA JACKET”.

2019.08.14 Wednesday 22:20:27| Author:admin| Categories:KLASICA

IMG_3342

ARCHがオープンしてから今まで、1番最初にお取り扱いさせて頂いた「KLASICA」。

ヨーロッパのvintageの背景を持つ洋服が非常に多く、僕たちがセレクトしているアイテムとの相性は言わずもがな良いです。

IMG_5009-400x357

冒頭の写真が、ARCHでも何度か展開している”CIRCA JACKET”の元となるフランス、1900年代初頭の音楽家が着ていたとされるジャケット。

そぎ落とされたディテールながらも、”美”を感じるジャケットは、他にはない佇まい。

毎シーズン、アッと驚く様な素材でリリースされるこのジャケットはARCHのスタイルにも欠かせない存在になっています。

今回は、ARCH別注としてこのCIRCA JACKETを特別仕様で制作させて頂きました。

L1003306

CIRCA JACKAT “ARCH exclusive” COW LEATHER “GREY”
SIZE / 2,3,4
PRICE / ¥150,000-+TAX

L1003276

CIRCA JACKETの、”GREY”LEATHER 別注。

日本国内の原皮を使用し、滑らか且つ深みのある仕上げになっております。

僕自身もこのジャケットを所有しており、入荷が非常に楽しみな1枚でした。

ドイツ、イタリア、日本のワックスオイルを配合し、クロームタンニンのMIXで鞣された皮は、GREYの色味を上品に映してくれます。

L1003322

L1003328

仕様は通常の”CIRCA”と同じですが、素材が変わるだけでこうも印象が変わるのだと僕たちも驚いています。

以前、BLACK LEATHERでリリースされたことがあり、即完売してしまったので記憶に新しい方も多いのではないでしょうか?

IMG_3309

ボタンホールは、両玉縁で重厚な仕上がりに。

最初は指が痛くなるほどにボタンの開閉が困難ですが、それもご愛嬌。

使い込んでいただくと、全く気にならなく、マイルドになります。

IMG_3311

IMG_3313

ステッチワークも、通常のCIRCA JACKET同様非常に細かな仕様に。

この厚さのレザーに針を通し続けることも非常に困難を極めるようです。

KLASICA 河村さんの職人気質が垣間見えます。

L1003305

左 / 近谷 1年間着用
右 / 新品

1年間使い込むと、非常に柔らかく、油分が滲み出ていい雰囲気に。

今では袖を通してもストレスなく着用しています。

IMG_3301

ボタンホールも、ストレスなく使用できる様になってきます。

長く付き合って頂く、という点を加味して”育てる”感覚で着て頂きたい1枚です。

IMG_3295

IMG_3294

IMG_3293

着込まれた風合いは、VINTAGE顔負けの雰囲気に。

まだまだ着用1年間なので、これからが楽しみな1枚です。

L1003288

JACKET / KLASICA
SHIRT / OLDMAN’S TAILOR
BOTTOM / FRENCH ARMY

フレンチな姿をしたジャケットに品ある際どいグレーのレザーを乗せた、非常にARCHらしい1枚だと思います。

ダブルのライダースや、アメリカ顔のレザージャケットには少し抵抗がある方こそ、おすすめしたい1枚です。

1900年代初頭のフランスの匂いを強く感じ、同時に少しの無骨さも感じることのできるレザージャケットは、唯一無二ではないでしょうか?

数量限定、もちろんARCH限定での販売となります。(※ARCH東京店でも販売いたします)

INSTAGRAMでは、このジャケットを使用したフレンチなコーディネートをご紹介させていただこうと思いますので、お付き合いいただけますと幸いです。

ARCH 近谷

CASEY CASEY / SAWYER JACKET -ENNY

2019.08.12 Monday 21:26:30| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

先日入荷したばかりのCASEY CASEY。

その中から、”フランス”らしい素材を用いたジャケットを紹介します。

L1003058

“MOLESKIN”

ヨーロッパのワークウェアと言えばこの素材です。
代表的なのは”フレンチモールスキン”と”イングリッシュモールスキン”が上ります。

僕は、この素材が大好物です。

何故かと聞かれると、明確な答えを出しづらいのですが…

例えるなら、アメリカのワークウェアの生地、”デニム”が好きな感覚と同じ。

ファッションではなく、道具として生まれた生地にこそ、男服のルーツがあると思います。

L1003231

L1003228

L1003246

CASEY CASEYの洋服は、PARISのアトリエで一点一点、手作業で手を加えれて出来あがります。
ウォッシュ、染色、ツイスティング、ヨーロッパ各地で見つけた極上の生地を、丁寧に時には大胆に手を加える事で、他にはない唯一無二の素材に。

このモールスキンも同じ工程を踏んでいます。

フレンチモールスキンがベースにありながら、それともまた違うオーラを放っている独特の素材感。

インディゴがフェードしたようなムラ感。

インクブルーではない、ブラックに近い”ネイビー”の色味。

CASEY CASEYだからこそのモールスキンの色気が、このジャケットに凝縮されています。

L1003238
COLOR NAVY
SIZE  XS / S / M
PRICE ¥88,000+TAX

2つボタンのラペルドのワークジャケットは、極めてベーシック一着です。

イギリスのHOSPITAL JACKETや、ワークジャケットを彷彿とさせるデザイン+既に使い込まれたかのうような素材感。

それはまるでヴィンテージが纏うオーラにも似た空気を感じます。

L1003242

L1003248

襟を立てるとスタンドカラーの仕様に。
このディテールも惹かれるポイントです。

写真でも分かる様に、独特のムラ感が堪りません。
何年も着込み続け、気付いた時には自分だけの一着に仕上がっている。

経年変化が期待出来る生地なのは間違いありません。

L1003263

L1003260

L1003252

既にリジットな質感や堅さ等の真新しい状態から、手間をかけて創り上げられた洋服は、すぐに愛着を感じて着る事が出来る、真のready-to wear (本来の意味は、既製服である)であるといえるでしょう。』

By CASEY CASEY

この言葉がまさに当てはまる、今回の”モールスキン”ジャケット。

無骨な素材であるこの素材を、手作業で手を加える事で、エレガントに仕上げた抜群の一着です。

既にCASEY CASEYの洋服は、完売してしまったアイテムもありますが、是非一度袖を通して欲しい洋服です。

ARCH 宅見

CASEY CASEY 2019 AW START.

2019.08.9 Friday 18:55:08| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

image

image-400x157

待ちに待った「CASEY CASEY」が待望の入荷です。

今年は春夏商品が諸事情で未入荷だった為、心待ちにされていたお客様も多くいらっしゃいます。

毎シーズンBLOGで紹介する前に姿を消してしまいます。

このBLOGを見て、躊躇せずにお店にいらしてください!笑

CASEY CASEYの洋服は、デザイナーのギャレス・ケイシーが世界各地から、自身の足を使って見つけ出したファブリックに、パリのアトリエで手間をかけた行程(縫製、洗い、染色)を経てからお店に届きます。

よって少量生産を基本とした、現代では大変希有なブランドです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ボロボロに擦り切れるまで着倒してもまだ捨てる事を躊躇(ちゅうちょ)してしまうような愛着のある古い洋服。

私達のパリのアトリエで創られる洋服は、洗い、染め、ハンドステッチ、ツイスティング等の手作業の行程を行わずにお店に届く事はありません。

そうやって、愛情を込めて(たまに小さい虐待も)手作業を加えた洋服はヴィンテージのような風合いになります。

流行とは無関係で、快適であり、リラックス出来て、機能的である。

既にリジットな質感や堅さ等の真新しい状態から、手間をかけて創り上げられた洋服は、すぐに愛着を感じて着る事が出来る、真のready-to wear (本来の意味は、既製服である)であるといえるでしょう。

By CASEY CASEY

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

L1003100

L1003101

L1003053

L1003058

IMG_3090

L1003060

L1003067

L1003075

L1003078

IMG_3084

今年の1月に、初めてPARISにあるCASEY CASEYの展示会を訪れた際、本当に度肝を抜かれる格好よさでした。

ヨーロッパVINTAGEを長く取り扱う僕たちにとって、CASEY CASEYの洋服創りのコンセプトには凄く精通する部分があります。

モダン・クラシックな洋服作りと、VINTAGEには無い小綺麗さの塩梅が絶妙且つ唯一無二な雰囲気を醸し出していることを、袖を通して頂きますと分けって頂ける筈です。

洋服1枚1枚に宿るオーラが圧倒的で、でも日々のコーディネートにすんなりと溶け込むアイテムは、ワードローブにあると頼もしい1枚となるはずです。

この機会に、是非見にいらしてください!

ARCH 近谷

 

sus-sous / 2019AW NEW COLLECTION

2019.08.8 Thursday 21:23:01| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

 

先日ご紹介しました、sus-sousのヴィンテージファブリックを用いて制作された”Sleeping Shirt”

大変好評を頂き、瞬く間に完売してしまいました。
想像以上の速さに僕達も驚いてます。

多くの追加生産の要望があり、デザイナー西谷氏に相談し無理を言って、再度生産して頂く事になりました。

少量生産の為数量に限りがありますので、受注での対応となります。

L1002582
COLOR NATURAL
MATERIAL DEAD STOCK FRENCH MILITARY
SIZE 5 / 7 / 9
PRICE ¥38,000+TAX

L1002588

フレンチミリタリーの極上のヴィンテージファブリックを用いて生まれるこのシャツ。

目に入ると不思議と手に取りたくなってしまう…男を魅了し惹きつけるオーラを放っています。
袖を通せば最後、必ず虜になっているはずです。

店頭には、サイズサンプルを用意しておりますので、気になっていた方は是非お試しください。

ARCHでの展開が始まり、3シーズン目となるsus-sous。

既に根強いファンがARCHにも徐々に増えてきたように感じます。
僕もその一人です。

sus-sousにのめり込んでいく事になる、きっかけとなったアイテム”MK1-TROUSERS”

秋冬の新作第一便で入荷しました。

L1002978

ROYAL NAVYを彷彿とさせるこのデザイン。

sus-sousのブランドが立ち上がる以前から、デザイナー西谷氏が制作し愛用していたものだそうです。
故に、ファーストシーズンから、絶対的な定番として存在するのがこのMK-1 TROUSERS。

ミリタリーウェアであれば、オリーブやカモフラージュの柄が鉄板でしょう。

それを、アメリカ色が強いデニム生地で表現している一本です。

IMG_2993

IMG_2990

IMG_2989

オリジナルでは、カモフラージュのタイプも存在します。
まさに裏地で使われている様な柄です。

スレーキ部分にカモ柄をあしらう事で、アクセントになりオリジナルの影も残した様な…

こういった細部にヴィンテージへの深い造形を感じます。

L1002173

L1002172
COLOR INDIGO
SIZE 5 / 7 / 9
PRICE 36,000+TAX

デニムの重さとは裏腹に、ゆったりとしたシルエットとドローコードのディテールが相まり、楽に履ける一本です。

このパンツを日々愛用するようになってからというもの…段々とsus-sous沼にハマっていく事になるのです。

履けば分かってもらえると思います。

L1002985
COLOR NATURAL / OLIVE
SIZE  7 / 9
PRICE ¥27,000+TAX

L1002984

続いては、ROYAL NAVYに支給されていたシーマンズセーターをベースとした一着。

sus-sousのWIDE NECKは、ウールではなくサーマルで表現しています。

IMG_3008

IMG_3000

IMG_3001

ボートネックのようなワイドな首元、セーターのディテールにはない仕様が随所に施されています。

無骨なイメージのあるサーマルというアイテムが、何故か品良く見えてしまう。

この感覚こそが、sus-sousの魅力だと感じます。

L1003011

L1003025

一枚でもよし、勿論インナー使いとしても汎用の高い一着です。

秋冬はセーターの中に忍ばせても良さそうですね。
バスクシャツほどカジュアルにならず、サーマル程ラフではない、丁度良い塩梅の一枚が完成していると思います。

sus-sousの他にも、rdv o globe、MOJITO、KLASICA、OLDMAN’S TAILOR など新作の商品が徐々に店頭に到着しています。

そして、フランスから遂にあのブランドも届きました。

週末を楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

VINTAGE BARBOUR

2019.08.6 Tuesday 20:11:25| Author:admin| Categories:Vintage

L1002948

BARBOUR のオイルドジャケットが、久々の入荷となりました。

ハイテク素材が進化する世の中に対して、逆行しているであろう素材”WAX COTTON”

手に取ると、ワックス特有のベタッとした感触が手に残る…
その直後にくるオイルの匂い…

この感覚が何故かBARBOURってやっぱり良いなと思わせてくれます。

普通ならば少し嫌になってしまう素材かもしれませんが、そこにこそ魅力を感じますし、クラシックな英国のスタイルを身に纏えている気がして、気分が高揚します。

やはり男は変態なのかもしれません。苦笑

只今、検品と値付けをしておりますので、入荷した中からピックして紹介します。

【BEDALE】
L1002962
COLOR SEGE / NAVY
SIZE 36 ~40

L1002950

L1002965

BEDAILE は、80年代まで製作されているモデルの4つポケットのタイプ。

この時代のこの仕様のBEDALEが好きなんだよ!という方も多いと思います。

【SOLWAY ZIPPER】
L1002961
COLOR SAGE
SIZE 40~42

L1002971

SOLWAT ZIPPERは、全て1クラウンのモデルになります。
コンディションも良好です。

着丈の長さが特徴的なモデルですので、ジャケットの上から羽織れるサイズ感を選ばれるのがお勧めです。

L1002966

L1002953

L1002967

その他にも、INTERNATIONAL、BORDER、TRENCH COATなどが揃っています。
どれもここ最近入荷のなかったモデルですので、サイズの合う方はお早めにご覧になってください。

値段が決まり次第、また改めて紹介しますので楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

rdv o lobe / FIELD CH.

2019.08.3 Saturday 17:23:35| Author:admin| Categories:rdv o globe

続々と入荷している2019AW商品。

INSTAGRAMでは徐々にご紹介させて頂いておりますが、「rdv o globe」からもAW商品が到着致しました。

本日はその中から「FIELD CH.」をご紹介いたします。

IMG_2836

rdv o globe / FIELD CH.
FABRIC / COTTON53% × WOOL47%
COLOR / INDIGO
PRICE / ¥27,000-+TAX

極めてベーシックな形をした「FIELD CH.」。

アメリカらしい素材、形ではあるものの着てみると野暮ったさは感じません。

L1001964

L1001967

ざっくりとしたボックスシルエットの為、中にバスクシャツなんかを合わせてヨーロッパテイストに合わせても格好いい1枚。

秋冬シーズンにはややローゲージのショールカラーカーディガンなんかと合わせても格好いいのではないでしょうか??

IMG_2838

8オンスのデニム素材にウールを混紡させた生地は、独特の経年変化を見せてくれます。

左右対称位置に付属する大きなポケットは、収納性能も高く非常に重宝するディテール。

IMG_2839

袖、襟には芯を使用していない為滑らかな着心地でストレスなく着用して頂けます。

芯がなくとも綺麗なドレープや着用感を生み出すのは、rdv o globe独自のパターンカッティングにあるのではないでしょうか??

IMG_2841

第一ボタンと第二ボタンの間隔がやや遠い為、オープンカラーの雰囲気で着用することも可能です。

余談にはなりますが、襟の形状は袋縫いのレギュラーカラーで、男性なら心打たれるディテールなのでは??

L1002847

CAP / JAMES LOCK
SHIRT / rdv o globe
SCARF / FRANK LEDER
PANTS / ANATOMICA

僕近谷はコンチネンタルなコーディネートを意識してみました。

シャツとしても機能し、軽い羽織りとしても機能するこのアイテムは、ワードローブにあると重宝する1枚になるかと思います。

L1001981

L1002807

L1002811

L1001979

L1002819

rdv o globeの世界観は、VINTAGEにも他のブランドにも無い唯一無二の魅力が詰まっています。

もう既に売れてしまっている商品もありますが、今季のrdv o globeも、非常に格好いいです。
是非お早めにご覧になってください。

ARCH 近谷

ALDEN 53719 MILITARY LAST

2019.08.1 Thursday 20:57:01| Author:admin| Categories:ALDEN

IMG_2689

”379X LAST” 通称MILITARY LAST。

1940年代に開発され、アメリカ軍・NAVY,ARMYのドレスユニォーム用の靴として生産されていた木型です。
元を辿ると、ALDENのモディファイドラストの原型であるマンソンラストから始まっています。

足に問題を抱えた兵士の為に考案された、オーソディペック(矯正靴)の要素を持つ木型です。

海軍の式典等に履かれていた当時のサービスシューズは、シルエットが非常にエレガント。
男ならば一足を所有しておきたい欲に掻き立てられるものがあります。

ミリタリーのルーツがある木型を、90年代にLAKOTAが復活させリリースしたのが”379X LAST”です。
今では、この木型は日本でしか流通していない唯一のラストです。

IMG_2667

ミリタリーにルーツのある、木型379X LASTを用いて制作されたのが、今回入荷した”P-TOE OX “です。

ここ数年では、珍しくサイズが揃っての入荷となります。

IMG_2703

IMG_2665

IMG_2693

IMG_2701

IMG_2675

アッパーには、上質な”KID SKIN LEATHER”を採用しています。

生後6ヶ月未満の生まれたての柔らかなレザーを鞣す事によって、細かなシボ感が生まれるのが特徴的です。

アウトソールは、ウォーターロック仕様で仕上げています。
オイルがたっぷりと染み込まれているので、水に強く雨の日でも心強いです。

IMG_2678

IMG_2685

黒の革靴ほど、汎用性の高い一足はありません。

昔、ある人が黒の革靴に軍パンを履いていてそのスタイルに憧れ、ALDENのオックスフォードシューズを探していた時期があります。
自分のサイズが中々入荷しないので、未だに買えていませんが….苦笑

当時は、軍パンにALDENという組み合わせが衝撃だったのと、絶妙なフォルムに一目惚れでしたね。

程よいボリューム感がありながらも、綺麗にシェイプした曲線。

人間の足の形状に沿うように設計された美しい木型は、魅せる為の靴ではなく機能美である。

IMG_2705

 COLOR BLACK
MATERIAL KID SKIN
SIZE 7H / 8 / 8H / 9 / 9H / 10
PRICE ¥95,000+TAX

需要と供給のバランスが取れていないALDEN。

ARCHでも、ここまでサイズが揃って入荷する事はほぼない状態です。
数年振りのまとまった数の入荷に、僕達スタッフが一番驚いています。

既に、完売してしまったサイズもありますので、お早めにご覧になってみてください。

ARCH 宅見

Vintage French Military Bed Sheet by sus-sous

2019.07.30 Tuesday 21:52:07| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

DSC0547-400x264

1900年代前半にヨーロッパで流通していた肉厚なリネンファブリック。

ウェアやシーツなど様々な用途で重宝されていた代表的な素材です。
ヨーロッパでは、季節の素材という言葉はこのリネンには通用しない。

なぜならば、リネンは夏用の素材ではなく、通年使えるファブリックとして愛されていたからだ。

当時のミリタリーウェア、フランス軍のウェアを見ても分かるように、多くの軍服にリネン素材が採用されている。

過酷な環境下でも対応出来るスペックが必要なミリタリーウェア。

摩擦に強く耐久性に優れたリネン素材が採用されていたのも、当時の肉厚なリネンを見れば納得がいきます。

IMG_2593

写真の生地は、1940年〜50年代にかけて生産され、フランス軍で使われていたベッドシーツの生地です。

織り目がはっきりと分かる、独特のザラ感とネップ感。

リネンとは思えない、厚さと重力感。

ヴィンテージファブリックが持つ圧倒的な存在感は、言葉では言い表せない何かがあります。

このフランス軍のベッドシーツを裁断して、今回スペシャルアイテムを【sus-sous】に制作して頂きました。

L1002586

L1002588

L1002587

落とし込んだのは、sus-sousの定番シャツ”SLEEPING SHIRT”。

ボートネックの様な襟の仕様にも関わらず、袖と裾は完全にシャツの仕様。

SLEEPING SHIRT=就寝用のミリタリーシャツ

ですが、sus-sousのこのシャツは少し違う意味合いがあります。

デザイナー西谷氏は、夏場カットソーではなくシャツしか着ないそうです。
カットソーと同様に楽に着れるシャツとして制作したのが、この”SLEEPING SHIRT”

カットソーを着る感覚でラフに着れるフィッティング+随所にシャツのディテールが施されているので、だらしなくも見えないです。

IMG_2599

裾後ろ部分には、敢えて生地のミミが来るように設計しています。
こういった部分にも、西谷氏の拘りを感じます。

L1002582
COLOR NATURAL
SIZE 5 / 7 / 9  SOLD OUT!!
PRICE ¥38,000+TAX

西谷氏からデッドストックのヴィンテージ生地で、凄い良い生地があるよ!と聞かされてから数ヶ月後…

まさかフランス軍の極上のリネンファブリックを拝めるとは思ってもみませんでした。

出来上がったsus-sousの洋服は、僕らの想像以上の仕上がりです。

ヴィンテージのシャツをデッドストックから着れる感覚と一緒だと思います。

L1002478

L1002616

L1002620

L1002601

L1002608

コーディネートは特に考えず、ラフに着れる一枚です。

まさにカットソーと同じ感覚で。

フランス軍のM-47 にビルケン等のサンダルに、このカットソーという名のシャツを身に纏う。

気張りすぎずヌケすぎず。

先ずは、この極上のファブリックに触れてみて欲しいです。

ARCH 宅見