Blog from ArchStyle|archstyle|Arch アーチ

ALDEN Modified Last

2017.11.4 Saturday 21:57:27| Author:admin| Categories:ALDEN

本日で2日目が終了した[ALDEN TRUNK SHOW]。
沢山のお客様にご来店頂き誠に有難う御座います。

本日は何故僕達が『モディファイドラスト』に拘り、わざわざその木型に別注をかけるか。
又、その木型を履く事の最大の利点、信念をお伝えしたいと思います。

_DSC1102 (1)

この図は、ANATOMICA代表のピエール・フルニエ氏がフットプリントに対して書き加えた図。

図の左側の足が『モディファイドラスト』に足を通した際の足型で、靴に対し無理なく足が入れられている事が見て取れ、よって足が本来の形状を保っております。

それに対し右側の足は、人間の足に対して合っていない木型の靴に対して足を入れている様子を指していて、親指が内側に曲がり、小指側も靴に合わせる様内側に入り込んでいます。
これにより数々の足の問題(外反母趾や扁平足)が発生し、靴1足のせいで健康を保てなくなってしまう事態も否めません。

_DSC1106

この図は著書『みっともない人体』を書いたバーナード・ルドルフスキー氏が書いた絵です。

なにを訴えているかというと、一般的に流通している先細りの靴を履く事が可能な足は図の様な足でしか履けないという事です。
本来、端に位置する筈の親指が真ん中に配置され、他の指が沿う様に短くなっております。

この図には凄くメッセージ性があります。

ファッションを優先して作られた靴を履いて暮らした場合、足に負担がかかり身体が変化していくという事です。

ファッションがどう、見た目がどうと気にする事よりも、自分の身体を守る為の靴選びが何よりも大事な事なんだと感じさせられました。

オーナーの山内がある日パリから帰国した際に話してくれた事が凄く衝撃的で、今でも頭に強く染み込んでおり納得しています。
その内容は、ピエール・フルニエ氏が靴を販売する際、米・ブラナックデバイスで足を計測し、サイズを申告。
『あなたの足を壊したくない』、『あなたの健康を害する事に責任を持てない』と言い、そのサイズ以外の靴は販売しないという内容です。

僕達が何故ここまで強くモディファイドラストや靴のフィッティングに対して考えているかというと、整形外科的アプローチから見たこの木型の意図や、自分の履く靴に対して気持ち良く、快適に長く付き合って頂きたいからです。

ALDENのモディファイドラストはエレガントな雰囲気でも履けますし、見た目もシャープで非常に魅力的です。
その魅力ももちろん大事ですが、先ずは人体解剖学的に理にかなったこの木型をしっかりとしたサイズフィッティングで履く事が何より大事だと思います。

 

_DSC0600

ALDEN TRUNK SHOW
2017 11/3(FRI), 11/4(SAT),11/5(SUN)

ALDEN TRUNK SHOWは明日も開催しております。
期間中はラコタハウス代表取締役、血脇 弾氏も店頭にてアドバイスして下さいますので、お気軽にご相談下さい。

このモディファイドラストを採用した別注のLONG WING TIPも残り僅かですが在庫が御座いますので、気なっている方は明日、ご来店下さいませ。
その他ALDENを履いてみたいという方や、自分にあった靴を探しているというお客様も是非、この機会にご来店くださいませ。

Arch 近谷

 

ALDEN TRUNK SHOW

2017.11.2 Thursday 21:02:40| Author:admin| Categories:ALDEN

いよいよ明日より開催します【ALDEN TRUNK SHOW】

_DSC0600 ALDEN TRUNK SHOW
2017 11/3(FRI), 11/4(SAT), 11/5(SUN)
@ ARCH

ALDEN正規輸入代理店・LAKOTAの協力の元、約30種類のALDENをこのイベントの為に用意して頂きました。

ARCHの現在のラインナップと加えるとその数は50種類にもなります。
ここまでのALDENが揃う事は滅多になく、ARCHでも初めての事です。

そのラインナップをピックアップして紹介してきます。

_DSC1143
_DSC0565

_DSC0988

_DSC0983

_DSC0997

_DSC1010
_DSC0999
_DSC1126
_DSC1128
_DSC0993
_DSC1006
_DSC1012

_DSC1008

_DSC1133

_DSC1132

_DSC1013
_DSC1015
_DSC0980
_DSC1125

ここまでのモデルとサイズが揃ってご覧になれる機会は中々ないかと思います。
加えて、コードヴァンレザーを筆頭に現在枯渇状態にある素材も揃っています。

歩行に適したフィッティングを生み出す機能美を持ったALDEN。
その履き心地の良さは、一度履いてしまったらやみつきになってしまう程の楽な歩行を生み出します。

10年、20年と長く付き合っていけるデザイン・作りであり、様々なシーンで活躍できる汎用性の高さが何よりも魅力だと思います。

自分のライフスタイル・履く場面に適した1足を是非見つけにいらしてください。

ARCHにて別注でオーダーしました”LONG WING-TIP MODIFIED LAST”は、明日より発売致します。
既に多くのお問い合わせを頂いておりますので、お早めにご覧になってみてください。

_DSC0550

ARCH 宅見

ALDEN / CORDOVAN LEATHER COLLECTION

2017.11.2 Thursday 20:00:52| Author:admin| Categories:ALDEN

いよいよ明日より開催します”ALDEN TRUNK SHOW”。

IMG_1531

昨日紹介させて頂きました、ALDEN 別注のLONG WING-TIP MODIFIED LASTの1足は、イベントからの発売となります。
ご予約も承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

イベント時には、約30種類のALDENが届きますので、様々なモデルを一挙にご覧に頂けます。

そして、現在枯渇状態となっているコードヴァンレザーを用いたモデルも3型のみ入荷しました。

_DSC0974

【CAP TOE OX 】
_DSC0975LEATHER  : CORDOVAN
COLOR : #8
SOLE : LEATHER
LAST : MODIFIED
WIDTH : D
SIZE :  7 / 8H / 10H  SOLD OUT
PRICE  124,000yen + TAX

_DSC0979
_DSC0980

前回入荷時に瞬く間に姿を消してしまったCAP-TOE OX。
ダークバーガンディー・通称#8のコードヴァンレザーは独特で、ALDENを代表する素材と言えると思います。

【PLAIN TOE BOOT】
_DSC0982LEATHER  : CORDOVAN
COLOR : BLACK
SOLE : LEATHER
LAST : MODIFIED
WIDTH : D
SIZE : 7 / 7H / 8
PRICE  132,000yen + TAX

_DSC0983
_DSC0990

無骨な印象のブーツタイプですが、美しくカーブしたモディファイドラストになる事で、エレガントな印象に映ります。
僕も個人的にずっと探していたモデルだっただけに…履ける方がとても羨ましいです笑

【LONG WING-TIP】
_DSC0955LEATHER  :CORDOVAN
COLOR : BLACK
SOLE : LEATHER
LAST : BARRIE
WIDTH : D
SIZE : 7 / 7H / 8
PRICE  128,000yen + TAX

_DSC0956
_DSC0958

こちらは、アメリカALDENの代表作とも言えるバリーラストの1足。
ARCH別注のモディファイドラストのモデルともまた違った印象があります。

生産背景と需要と供給のバランスが取れていない為に、コードヴァンレザーを用いたモデルの入荷が遅れている状態です。
そん中、偶然にも入荷した3型は、ALDENでも絶対的な定番靴として愛されているモデルです。

素材の希少性もそうですが、何よりもALDENの履き心地の良さを体感して頂きたいです。

明日のブログでは約30種類のALDENの詳細を紹介させて頂きますので楽しみにしていてください。

_DSC0600

ALDEN TRUNK SHOW
2017 11/3(FRI), 11/4(SAT), 11/5(SUN)
@ ARCH

ARCH 宅見

ALDEN / ARCH EXCLUSIVE MODEL

2017.10.31 Tuesday 22:31:40| Author:admin| Categories:ALDEN

_DSC0561

ARCHとしては、約3年振りの入荷となる今回の別注ALDEN。

アメリカ的な”LONG WING-TIP “をモディファイドラストの木型を採用して制作した1足は、とてもARCHらしい仕様に仕上がりました。

ALDEN社が、モディファイドラストを誕生させたのが1963年の事。

整形外科的なアプローチからハンディキャッパー用に作られた木型にさらに改良(MODIFIED)を重ね完成されたこの木型(LAST)は、まさにスニーカーよりも履きやすい革靴、あるいは走れる革靴とも言われ、一度足を通すとそのはき心地の良さに魅了され、病みつきになります。

_DSC0550LEATHER  : CHROMEXCEL
COLOR : BLACK
SOLE : WATER LOCK
LAST : MODIFIED
WIDTH : D
SIZE : 5h / 6 / 6h / 7 / 7h / 8 / 8h / 9 /9h / 10 / 10h / 11
PRICE  96,000yen + TAX

_DSC0570

_DSC0567
_DSC0562

_DSC0557

アッパーにはホーウィン社のクロムエクセルレザーブラックを採用、オイルをたっぷりと含んでおり、雨や雪にこそ、その真価を発揮する素材です。

また磨き上げる事により、コードヴァンにも引けをとらない輝きを放ちます。

ソールにはウォーターロックソールを装着。通常のレザーソールと比べ、こちらもオイルが含まれた素材であるため、濡れた路面に最適な素材と言えます。

ブラックレザーのロングウィングチップにモディファイドラストという組み合わせは、ARCHがイメージするALDENの中でも特に実現したかった一足。

11月3日(金)4日(土)5日(日)の3日間に渡って開催するALDEN TRUNK SHOW で限定発売しますので、是非店頭にてご覧ください。

 

IMG_1531

先日発売の雑誌2ndにも1ページ紹介されております。

こちらも是非お近くの書店でご覧ください。

 

ARCH 山内

 

ALDEN TRUNK SHOW

2017.10.29 Sunday 20:36:27| Author:admin| Categories:ALDEN

アメリカ靴の象徴と言えるALDEN。

ARCHでは絶対的な定番靴として提案している靴の1つです。
トラディショナルな靴の中でも、僕らが特にお勧めしたいのが矯正靴の木型であるModified Lastのモデル。

1952年に、ALDEN社が整形外科的なアプローチから木型の開発・改良を始めModified lastが生まれました。

足に問題を抱えた人たちに向けて作られた木型は、実用性の高い『履き心地』の良さとモディファイドラスト特有の『フォルムの美しさ』が魅力です。

現在では、需要と供給のバランスが取れていないALDENの靴は、まとまった数が入荷してこないのが現状です。

そんな中、ARCHでオーダーしていたモディファイドラストを用いたモデルが数型入荷します。

IMG_1531※ 雑誌2ND 12月号で紹介して頂いたページを抜粋。

数年前にARCHの別注品としてオーダーしていたモデルであり、モディファイドラストが生まれた1960年代の一時のみ生産されていたモデルでもあります。

そんな特別な1足を、今週末から開催します”ALDEN TRUNK SHOW”にて発売します。

ALDEN正規輸入代理店・LAKOTAの協力の元、約30種類のALDENを集め同時に販売いたします。
イベント期間中は、(株)LAKOTA・血脇 弾氏も店頭に立って頂きシューフィッティングを行って頂きます。

枯渇状態となっている素材やモデルも入荷する予定ですので、楽しみにしていてください。

イベントと別注品の詳細はこちらのブログにて紹介します。

_DSC0600ALDEN TRUNK SHOW
2017 11/3(FRI), 11/4(SAT), 11/5(SUN)
@ ARCH

ARCH 宅見

Paraboot / CHAMBROD

2017.10.27 Friday 20:30:06| Author:admin| Categories:Brady,paraboot

IMG_6922
IMG_6951
ヨーロッパヴィンテージから始まったARCHが、初めて新品の商品でラインナップに加えたのがこのPARABOOTです。

冒頭の写真は、ARCHオーナー山内が約20年前に購入したParaboot ”CHAMBORD”。
その当時は、履いている人も殆どいなく、初めて仕入れた数足を完売させるのに数年かかったとよく聞かされていました。

それでもARCHのラインナップに在り続けており、今では多くのお客様に支持され愛用して頂いております。

フランス・グルノーブルで誕生したPARABOOTは、氷上を歩く為の防寒ブーツから登山靴まで、その環境に適した靴作りを行っています。
ここ北海道という土地柄と非常にリンクする部分があり、PRABOOTを北海道で履く事にとても意味があると感じています。

ARCHの定番品であり、ここ北海道でも欠かせないギアです。

_DSC0727COLOR GRINGO / NOIR / CAFE
SIZE 6.5 ~9.5
PRICE ¥65,000+TAX

ワークブーツの機能を持ち合わせながらも、見た目のエレガントさが際立つPARABOOT。
ワークブーツ特有のゴツさがなく、フランスのエスプリを感じるファルムが最大の魅力だと思います。

【CHAMBORD “NOIR”】
_DSC0725
_DSC0729

自社生産のラバーソールは、クッション性に富んだ歩行に適した作りになってる且つ、グリップ力に長けているので雪道でも滑りずらいのが特徴です。

【CHAMBORD “CAFE”】
_DSC0718
_DSC0722
【CHAMBORD “GRINGO”】
_DSC0716
_DSC0721

リスレザーと呼ばれるオイルをたっぷりと含ませたレザーをアッパーに採用しております。
雨や雪に強いこのレザーは、悪天候の時にも気兼ねなく履けます。
何よりも、アッパーとアウトソールを縫い合わせている・ノルウェイジャン製法が水の浸入を防いでくれます。

様々な場面に適応してくれる素材・デザインなので、間違いなく1足は持っておいた方が良いと自信を持ってお勧めできます。

_DSC0731

ARCHの変わらない定番アイテムとして提案しているPARABOOT、VINTAGE BARBOUR、BRADYのバック。

この3点を組み合わせているスタイルが、僕がお客さんだった時からイメージだったARCHのスタイルです。
このスタイルに憧れて入社したあの頃を思い出しながらブログを書いていました笑

_DSC0742
PARABOOT はARCHにも豊富なラインナップが揃っていますが、PARABOOT SAPPOROにも様々な種類が揃っていますので、そちらもご覧になってみてください。
BRADYは、隣接するANATOMICA SAPPOROと系列店ARCH STELLAR PLACEにてご覧に頂けます。

週末は系列店を回って是非遊びにいらしてください。

ARCH 宅見

BONCOURA / Tailored Jacket British Tweed

2017.10.25 Wednesday 22:43:01| Author:admin| Categories:BONCOURA

昨年リリースされたBONCOURAのテーラードジャケット。

今までのコレクションとはまた違ったアプローチのアイテムは、生産工程とファブリックへの並ならぬ拘りを感じます。

IMG_0128
デッドストックの生地やオリジナルファブリックがBONCOURAの代名詞であり、イメージでもあると思います。

今回使っているファブリックもBONCOURAの完全オリジナル。

今までと1つ違う点は、MEDE IN ENGLANDという点です。

BONCOURA森島氏が自らの足で何件もの機屋を探し回り見つけたイギリスの場所で、BONCOURAらしいファブリックを糸から指定して制作したものになります。

油分がしかっりと乗ったツイード生地は、肉厚でいてしなやか。
ダークネイビーの色味がBONCOURAらしく、何年もかけて着倒したい…そんな妄想が膨らむ渾身の1着です。

_DSC0650 COLOR DARK NAVY
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE 120,000+TAX

_DSC0651
IMG_0130
オリジナルのレザーボタンも特徴的であり、使い込んだ経年変化が期待できるパーツです。
何よりもこのイギリス製ファブリックに、間違いなく息をのむはずです。

_DSC0599
_DSC0605

テーラードジャケットの名の通り、仕立てで作られたこのジャケットは、通常200程とされる制作工程の倍、400もの工程を要して作られています。

全体的に丸みを帯びたシルエットになっており、より体にフィットしているのがよく分かります。

ジャケットの骨組みとなる毛芯を立体的に形成する事によって、このシルエットを生み出しています。
まさに職人技と呼べる技術は、森島氏が1番に拘った部分だそうです。

この拘りと技術の高さは、着用してみて初めて理解できます。

_DSC0640

腕を上げた際に、首元が浮かずにしかっりと身体にフィットしています。

中々気づかない部分だとは思いますが、こういった細かい部分にこそ拘りが隠されています。

_DSC0579

そして何よりも大事なのは普段のスタイルに落とし込めるかだと思います。
様々な着方を可能にする為に、着丈を少しだけ短くしバランスを取っています。

_DSC0588
5ポケットジーンズやミリタリーパンツといったアイテムにも嫌味なく着れます。

勿論、タイドアップやドレスのスタイルでも問題なく着れる汎用性の高い1着です。

_DSC0619COAT ANATOMICA
SHIRT KENNETH FIELD
TROUSERS KENNETH FIELD

ARCHオーナー山内が以前書いていたブログ”TWEEDについて”で、
5ポケットジーンズと同じ位、自分にはなくてはならない当たり前のものが”TWEED”と話していました。

初めは、イギリスの伝統的な生地”TWEED”を纏うのは、少し自分には背伸びをしているかな?なんて思っていましたが、愛用していくうちに山内の話していたその意味を理解出来てきた気がします。

着込んでクタクタになってきた位が格好良い。

まさにBONCOURAのTAILORD JACKETは、自分の鎧の様になくてはならない愛用品となるはずです。

ARCH 宅見

Norwegian Rain / MOSCOW&RIVE GAUCHE

2017.10.23 Monday 21:22:41| Author:admin| Categories:NORWEGIAN RAIN

雨の都市と呼ばれるノルウェー・ベルゲン、1日の2/3は雨が降るという環境化において身を守る為の道具は必要不可欠と言えます。
ベルゲンで育ったデザイナーAlexander Helleの思いから生まれた”NORWEGIAN RAIN”。

ファッションという観点だけではなく、日々の日常生活を豊かに快適に暮らす為に生まれた洋服と呼べると思います。

雨や風、雪などの悪天候から身を守る機能を持ちながらも、それだけではなくファッションを楽しめるデザインやディテールが備わっているのがNORWEGIAN RAINの魅力です。

IMG_0123
今回紹介します”MOSCOW”は、コレクションの中でも特に機能に特化したモデルです。

氷点下-25℃の中でも、5時間体を動かずにいても保温性を持続する事が出来きる頼もしい1着。

天然のウールと天然ポリエステルを混合させた中綿キルティングライナーが装備されているので、この寒さに耐えれる作りになっています。

【MOSCOW】
_DSC0518COLOR OLIVE
SIZE S / M / L
PRICE ¥145,000+TAX

_DSC0526

最も特徴的なのは、襟周りのディテール。
アイスランド製のシェアードウールボアは、首回りにフィットしてマフラーの様な役割も担います。

加えてボア・フードと各パーツを取り外す事が出来るので、様々な着方を可能にしてくれます。

_DSC0535
_DSC0524

上2枚ボア装着時

_DSC0528

_DSC0529

フードを取り外すとステンカラーコートの様にサマ変わり。

着方によっては、オン・オフ使い分ける事が出来る汎用性に非常に富んだコートと言えるでしょう。

IMG_0125
_DSC0582

ダウンジャケットの様に軽くて機能的なインナーに対して、見た目はシャープな印象もこのコートの特徴の1つ。

テーラリングで立体的に仕立てたシルエットは、ストレスのない気心地に加えて上品な印象を与えてくれます。

_DSC0531

ミリタリーパーカーを彷彿とさせる無骨さとシンプルなステンカラーコートの2つの顔を持った万能な1着です。

【RIVE GAUCHE】
_DSC0546COLOR BLACK
SIZE S / M /L
PRICE 125,000+TAX

_DSC0568

ドレープ感のあるシルエットが特徴的な”RIVE GAUCHE”。

トレンチコートの様な雰囲気もありながらフードが装備されたバランスの良い1着です。

_DSC0549
_DSC0579

ウエストのベルトを絞るとまた印象が大きく変わります。
ベルトは抜いてしまっても良いと思いますし、気分によって変えてみてはいかがでしょうか。

_DSC0561
_DSC0577
日本の和服にも似た袖付けや仕立て屋からヒントを得て生まれたバレル袖も面白いディテールです。

着用してみて感じる事は、見た目はシャープで綺麗なシルエットなのに、着ていてとても楽でストレスがない事です。
ジャケット等を中に着込んでもかさばらずに着れてしまえるので、真冬のコートとしても勿論重宝します。

前回紹介した”RAINCHO”も含めて、個人的にどのでモデルを買おうか悩む位どれも魅力的です…

先ずは、店頭にて実際に紹介させて頂きたいアイテムです。

是非ご覧になってみてください。

ARCH 宅見