Blog from ArchStyle|archstyle|Arch アーチ

2017AW Recommend Item~阿部編

2017.12.22 Friday 17:57:20| Author:admin| Categories:FRANK LEDER,Jamieson's,MOJITO,My Vintage,S.E.H KELLY,Style,THE INOUE BROTHERS,Vintage,未分類

今回、僕のRecommendでは日々愛用している『FRENCH ARMY M-47 PANTS』に合わせた Styleをご紹介させて頂きたいと思います。

DSC0421-264x400⑴FRENCH ARMY M-47 PANTS
PRICE ¥15,000~20,000+TAX

⑵S.E.H KELLY  DONKEY COAT & THE INOUE BROTHERS WAFFLE KNIT

_DSC2228

無骨なドンキージャケットを上質なファブリック、英•FOX BROTHERS社のフランネル生地で作り上げたS.E.H.KELLYのジャケット。
ウールの消耗を防ぐ為に、肩周りには強度の高いキャンバス生地を使っています。

一見カジュアルなアイテムではありますが品のある生地感が相まってクラシックな一着。

_DSC2231

合わせるワッフルも上質なINOUE BROTHERSのBABY ALPACAを使ったニットで。

フォルムや色味はもちろんですが、素材感の合わせもすごく大切にしています。

⑶FRANK LERDER LODEN CLOTH JACKET&JAMIESON’S KNIT

_DSC2243

ローデンクロスとはオーストリアのチロル地方に産する厚地の紡毛織物で油脂分の残った糸を使うのでかなり撥水性があり、外のコンディションに関わらずタフに愛用出来る汎用性もある一枚。

そんなジャケットのインナーにはJAMIESON’S の3PLYのニット。

M−47 PANTSと1トーンでコーディネートするのも僕は好きです。 

⑷MOJITO 別注AL’S COAT&SHETLAND SWEATER

_DSC2262

最後にご紹介させて頂くのは今シーズンのMOJITOに別注で製作して頂いた”AL’S COAT”。

_DSC2265

今回のAL’S COATは、CRAZY PATTERN HARRIS TWEEDのLININGを装備した寒い北海道の地で理に適った別注アウター。

ピーチフェイスで撥水性もあり、この冬活躍しています。

前を閉めるとかなりシックな印象ですが、前を開けROSE BUDの綺麗な色味のシェットランドセーターで抜け感を出してあげるのが今のオススメです。

 

Arch阿部

 

2017AW Recommend Item~近谷編 

2017.12.20 Wednesday 15:15:49| Author:admin| Categories:BONCOURA,MOJITO,S.E.H KELLY,Style,Vintage

先日の宅見オススメアイテムに続き、本日は僕近谷が選んだ17AW商品をご紹介致します。

(1)BONCOURA DUFFLE COAT&3B Tairoled JACKET
2017-12-10 13.44.39

僕のまだまだ浅い経験上ですが色々とジャケットを着用して来て、ここまで自分の体格にフィットするものは出会わなかった気がします。

BLOGや店頭ではしつこいくらいにご紹介させて頂きましたが、芯から体に馴染む感覚は唯一無二。

本来少し背筋を伸ばす際に着用するアイテムでありながら日常的に手が伸びるのは嬉しい所ではないでしょうか?

宅見が紹介したKENNETH FIELDも勿論オススメですが、BONCOURAのテーラードジャケットも非常にプッシュしたいアイテムです。

BONCOURAのダッフルコートは1枚地で中に着込む事が出来、加えてアメリカものからインスパイアされたこのコートは男心をくすぐります。
カシミア混のウール素材はハリコシが有り、やや上品な印象に映るので無骨なコーディネートにもオススメです。

(2)FRENCH MOLSKIN WORK JACKET
2017-12-19 16.40.15

やはり日々コーディネートを組む中で欠かせないのがVINTAGEアイテムです。

古着にしかないスパイス、雰囲気、時代背景、ヨーロッパものは特にそうですが当時ならではの物作りの緻密さで、コーディネートに1点は取り入れたい存在です。

見た目のインパクトも勿論惹かれる所ではありますが、これが作業着だったという背景や何十年も前の洋服が形を残して現世に残っているという所にも価値を見出してしまいます。

僕らにとってFRENCH VINTAGEは切っても切り離せない存在であることは間違いありません。

(3)S.E.H KELLY TRENCH COAT (4)BONCOURA SHAUL COLLER CARDIGAN
2017-12-17 12.54.44

S.E.H KELLYのベンタイルを採用したトレンチコートは非常に汎用性の高いアイテム。

ベージュのトレンチコートはピーコート同様男の憧れ的な位置付けに値し、着ているだけで気分が上がるアイテムです。

中に着込む事を前提としたサイズ感と、S.E.H KELLY特有の仕立ての上手さが際立つ、一生モノのコートになる事間違いなしです。

BONCOURAのショールカラーカーディガンは最近ご紹介させて頂きましたがオリジナルから作り込まれた素材と、スタイルを感じるアイテムです。

アウターの中にも潜める事が出来るのでこの季節から、春先、秋にかけて活躍します。
何より永く着用していく事で、物造りの良さを体感していただける2アイテムです。

(5)MOJITO KETCHUM COAT BAR.2.0
スクリーンショット 2017-12-20 14.43.18
2017-12-17 13.18.47

MOJITOから今季リリースされているKETCHUM COATはなんとも贅沢な1枚。

[スイスローデン]を採用しているこのコートは、上品な色合いと男臭い雰囲気が漂います。

背中部分のかなり深い位置から施されたプリーツは綺麗なAラインシルエットを生み出し、可動域も大きく増大させてくれる嬉しいディテール。

襟を立てると鮮やかなNAVYが覗き、冬に色味が重たくなりがちなコーディネートに粋なエッセンスを加えてくれます。

個人的にはFRENCH ARMY M-47PANTSにサラッと合わせるのが好みです。

今季のアウター、ジャケット、ニット類はまだまだご紹介仕切れません、、、笑
実際に購入したアイテムで、ご紹介したいアイテムはまだまだ御座います。

2017年最後の買い納めをしに、是非ARCHにいらしてください。

Arch 近谷

2017AW Recommend Item~宅見編 

2017.12.18 Monday 19:36:38| Author:admin| Categories:ARC'TERYX VEILANCE,BONCOURA,forme d'expression,KENNETH FIELD,Style

本日は、僕らが今季購入したお気に入りのアイテムをご紹介します。

アウターとジャケットをメインに、ARCHスタッフそれぞれの主観から選んだアイテムです。
先ずは、僕宅見からです。

⑴ KENNETH FIELD 50′S SPORTS COAT FOX HERINNGBONE
DSC0699-400x265COLOR CHACOARL / NAVY
PRICE¥98,000+TAX

KENNETH FIELDをARCHで取り扱い始めた2012年から、ずっと憧れていた1着です。
イギリスの伝統を感じるFOX BROTHERS社のツイード生地は、ジーンズ同様に着用を重ねる事で身体に馴染んでいきます。

愛用し始めて、ようやくツイードジャケットを着る意味を理解出来たような気がします。

スクリーンショット 2017-12-18 16.44.18

DSC1183-264x400

セットアップでの着用も可能ですし、単品使いでも重宝しています。
ブログを書いていて、今年はこのジャケットばかり着ていたなぁ〜と改めて思いました。笑

⑵ARC’TERYX VEILANCE
_DSC1587COLOR BLACK
PRICE ¥165,000+TAX

KENNETH FIELDのクラシックなツイードジャケットに、ハイテク素材を合わせるのが今の気分です。
今季から新たに展開をスタートした”ARC’TERYX VEILANCE”は、どんなスタイルにもハマる汎用性の高い1着。

袖を通した時の軽い着心地と抜群の保温性に驚くはずです。
目的を持った機能的な素材は、普段使いでも効果を発揮してくれます。

⑶forme d’expression Mess Jacket
スクリーンショット 2017-12-18 16.44.39COLOR CARBON
PRICE ¥154,000+TAX

forme d’expressionの代表的なジャケット・MESS JACKET。
スタンド・ラペル両方の襟の仕様になるディテールと、19世紀イギリスの洋服を彷彿とさせるクラシックなデザインに魅了されました。

人体に直接布をかけて、人体に沿ってハンドカットしていき洋服を構成していきます。
テーラリングに近い洋服作りは、エレガントなシルエットを生み出し、独特のドレープ感を晒し出します。

高級メゾンでしか扱う事の出来ない、上質な生地を使う事でクラシックなデザインもモダンに仕上がっているのが、個人的にはとてもツボなアイテムです。

forme d’expressionの洋服は気づけば毎シーズン増えていっています。

エレガントな洋服に、無骨なミリタリーアイテムを合わせたい。

絶妙な塩梅で合わせる事の出来るforme d’expressionの洋服は、一度袖を通して欲しいです。

⑷BONCOURA DENIM COVERALL
IMG_0661-400x400COLOR INDIGO
PRICE ¥42,000+TAX

スクリーンショット 2017-12-18 18.44.56

今シーズンは、タイドアップのスタイルにミリタリージャケットやデニムジャケットの合わせが個人的に多かった気がします。
BONCOURAの新型DENIM COVERALLは、アメリカの匂いがする直球のアイテムでありながらも、どこか気品さも感じさせる作りになっています。

早く色落ちさせて、ステンカラーコート等の中に忍ばせたいと思っています。

オールシーズンに近いくらいの頻度で着用できるライトなオンスも気に入っているところです。

まだまだ紹介したいお気に入りのアイテムは沢山ありますが、そちらは店頭にて紹介させて頂きます。

ARCH 宅見

Jamieson’s

2017.12.16 Saturday 20:45:15| Author:admin| Categories:Jamieson's

シェットランド諸島・フェア島を発祥とする”フェアアイルセーター”。

独特の柄と発色の良い色味が目を引くこのセーターは、ニット産業が盛んなアイルランドにおいても伝統的なアイテムの一つです。

イギリスにおけるファッションアイコン達によって、ファッションへと昇華した事でも有名だと思います。

中でも、ビートルズのポール・マッカートニーの着方はスタイルを感じてなりません。

l_3cc9f040-fec8-11e1-beee-cba7cac00008-270x400
この柄の代名詞とも言えるメーカー”JAMIESON’S”が作り出すフェアアイルセーターは、この当時と変わる事なくリアルシェットランドウールを用いて生産されています。

様々な柄と色が存在する中でも、今回も僕達はこの柄を別注というかたちで製作して頂きました。

【FAIRISLE VEST】
_DSC1986COLOR BLUE
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥23,000+TAX

_DSC1988

_DSC1990

一見難しそうなこの柄もインナーに使う事で、重くなりがちな秋冬のスタイルにとても映えます。
シャツやハイゲージのニットなど、様々なアイテムを重ねて着用する事が出来る利便性も◎

_DSC1979SHIRT CASEY CASEY
JACKET form d’expression|
BOTTOMS BONCOURA

スカーフやネクタイ等の小物を差してもアクセントになります。

ベストという事もあり、かさ張らずに着れるのも嬉しい所ではないでしょうか。

【FAIRISLE SWEATER】
_DSC1992COLOR BLACK
SIZE 36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥24,000+TAX

_DSC1998

V-NECK のスタイルは1枚で着てもサマになる優れもの。
シックなブラックの色味はありそうでないのでは?

_DSC2003INNER JOHN SMEDLEY
BOTTOMS S.E.H KELLY

フェアアイルセーターとはまた一味違った3PLY のタートルネックも入荷してきました。

【HAND FLAME 3PLY POLO】
_DSC2019COLOR NATURAL / SHERE
SIZE 36 / 38 / 40
PRICE ¥53,000+TAX

_DSC2016

_DSC2036 JACKET FRENCH ARMY M-47
BOTTOM ANATOMICA

染色されていない自然のままの羊のウールを用いた【HAND FLAME 3PLY POLO】。
3PLYとは、3本のウールの色を1本に撚りその糸で編み込まれていきます。

通常のニットの倍の量のウールを使用した贅沢な1着です。

自然のままの油分を多く含んだウールは、保温性に優れここ北海道では頼もしい相棒になってくれるでしょう。
僕らスタッフも普段から愛用しているお気に入りのセーターです。

是非店頭にてご覧になってみてください。

ARCH 宅見

BONCOURA/SWEATER

2017.12.15 Friday 14:27:13| Author:admin| Categories:BONCOURA

ここ札幌も気温にマイナスが付く程に寒くなって参りました。
いま時期からもっと寒くなるこれからの季節に活躍するBONCOURAニット類をご紹介致します。

まずはショールカラーカーディガン。
個人的にすごくお気に入りのアイテムで、この冬重宝しているアイテムです。

2017-12-13 16.03.32

BONCOURA/SHAWL COLLER
 COLOR/BLACK,杢GREY,杢BLUE,BURGUNDY,GREEN
SIZE/36,38,40,42
PRICE/¥56,000-+tax

1920′s頃から誕生し、様々なブランドの物が多くのvintageコレクターやマニアの中で絶大な人気を誇ったショールカラーカーディガン。
古着市場でも納得の行くディテールの物も少なく枯渇状態にあるのも否めません。
オリジナルで一から制作されたBONCOURAオリジナルWOOLは、チクチクする事なく尚且つ抜群の保温性があります。

2017-12-14 13.09.08COLOR/BURGUNDY

昨年、一昨年と非常に好評頂いておりましたBONCOURAショールカラーカーディガン。
比較的上品な印象を与えてくれるショールカラーですが、上質なウール素材相まってより一層小綺麗にまとまります。

_DSC1878

細かな所ですが編み方が箇所によって理にかなった方法に切り替わっており、例えば写真の肩の部分。
この部分は日常生活においてよりテンション(負荷)が掛かり伸びやすくなってしまう為、横編みになっております。
ボディ部分とショールを繋ぎ合わせる工程は、なんと手作業で1着1着仕上げられております。

_DSC1877

加えて手を出し入れするサイドポケットの口部分、着る際に絶対に広がる手首の部分も横編みに。
非常に細かな部分ではありますが永くワードローブに残るアイテムとして、欠かせない部分だと感じます。
いつもの事ながら流石の一言です、、

2017-12-14 13.20.11

COLOR/杢GREY

スタッフ阿部はワークスタイルでシャンブレーシャツにラフに羽織りました。
さらっと男臭いアイテムに羽織るだけくらいの方が潔くアイテムが目立ち生きるので、コーディネートは選ばずに組んで頂けます。

2017-12-14 13.51.04

BONCOURA/Fisherman SWEATER
COLOR/CAFE
SIZE/36,38,40
PRICE/¥43,000-+tax

今期オススメしたいもう1枚のセーターがこちらのフィッシャーマンセーター。
非常に柔らかな色合いの[CAFE]、これからの季節にもってこいの抜群の配色です。

_DSC1902

素材には無染色、未脱脂のウールを採用。
油分を抜かずに羊毛の天然色のみで仕上げた素材は抜群の保温性を保ちます。
更にはそのウールの糸を3PLYにて撚り上げた糸を使用しているなんとも贅沢なニット。
3PLYとは3本の糸を1本に撚り合わせた糸の事を言い、その糸を使用する事でより強固で弾力のあるニットへと仕上がります。

_DSC1900

袖のつけ方はシングルラグランスリーブ(1枚袖)の仕様。
これだけ肉厚な素材に対しても肩周りがすっきりとした印象で着られるのはこの袖付けならでは。

未脱脂、無染色、3PLY、1枚袖付け。
”ニット”として贅沢すぎる程の魅力が詰まったアイテムです。
今期是非袖を通して欲しいニットなので、気になる方は是非お試し下さい。

[BONCOURA]の真骨頂とも言えるオリジナル素材の妥協のなさ、ハイクオリティさは、他にはない魅力です。
どんどん寒くなる札幌に負けないよう、この辺のアイテムも今が揃え時だと思います。

皆様のご来店、お待ちしております。

Arch 近谷

Guernsey Sweater

2017.12.13 Wednesday 17:08:35| Author:admin| Categories:Guernsey Woollens

Archの冬の定番、[Guernsey Woollens]のガンジーセーターが入荷です。

GUERNSEY1-289x400

GUERNSEY3-289x400

a0227034_1362078-300x400

イギリスのチャネル諸島の1つ、ガーンジー島において、17世紀より伝わる船乗り達の大切な”道具”、ガンジーセーター。

強い海風から身を守る為に、丈夫な羊毛をよりぎっしりと詰めて編み上げられた一枚。

前後どちらでも着衣できる仕様になっているのも、このニットの特徴の一つで

船上においてセーターの前後を見ている余裕は無く、それ故、肩周りとネック部分のディテールが前後どちらでも着れる様になっています。

2017-12-13 15.14.38COLOR GREY / RED / NAVY
SIZE  36 / 38 / 40 / 42
PRICE ¥28,000-

_DSC1815

_DSC1810

代表的なボートネックのタイプに加え、タートルネックと2種類入荷しています。

2017-12-13 14.48.56COLOR FISHERMAN’S BLUE

2017-12-13 14.38.25COLOR GREY

2017-12-13 14.42.48COLOR RED

ミリタリー・ワークといった無骨なアイテムにこのニットを挟むコーディネートも良し、トラッドにスラックス等の綺麗なアイテムに合わせてもおもしろいのではないでしょうか 

誰しもが持っている様なニットでは無いと思いますが、理に適ったディテールに加えて、コーディネートの幅広さもポイントであり、個人的にオススメしたい部分です。

海での決して着やすいアイテムではないですが、着込んで行く過程で馴染んでいき自分の体にフィットしていく、僕らにとって必需品と言っても過言ではありません。

_DSC1818

そして、、、

ガンジー諸島には、現在ニットを手作業で編み上げる日本人の女性がいます。

その方に頼み、全ての工程を手作業で編み立てたスペシャルなガンジーセーターを製作して頂いております。
1年で約4着しか生産できない、今では大変希少な生産方法で物創りをしている古き良き伝統を感じる1着です。

こちらは改めて紹介させて頂きますが、ヴィンテージを目にした時の感覚に近い手作業で作り上げた”ガンジーセーター”も合わせてご覧になってください。

ARCH 阿部

KEMPEL/DEAD STOCK ITEM

2017.12.11 Monday 17:56:44| Author:admin| Categories:Vintage

本日はここ数日に比べると暖かく過ごし易いですね。
そんな今時期から真冬にかけて活躍しそうなアイテムが入荷いたしました。

2017-12-11 16.04.14

KEMPEL DEAD STOCK B.D. JACKET made in Czech
COLOR/NAVY,BLACK
SIZE/44.46
PRICE/¥24,800-+tax

2017-12-11 16.05.29

KEMPEL DEAD STOCK MOLSKIN WORK PANTS
COLOR/BLACK
SIZE/44,46,48
PRICE/¥15,800-+tax

2017-12-11 16.02.37

KEMPEL HOODED JACKET
COLOR/BLACK
SIZE/46,48

1880年創業、ドイツ最古のワークウェアメーカー『KEMPEL』。
本国ドイツにて様々なメーカーにワークウェアを提供していた背景を持ち、今も尚質実剛健なもの作りをしているメーカーです。
創業時から変わらず実用に適したクラフトマンシップで、用途に応じた素材や仕様を提案し永く愛用する事が出来、信頼の置けるワークウェアメーカーです。
そんなKEMPELが、DEAD STOCKの状態で3型見つかりました。
生地はドイツ・キンダーマン社製で程良い肉感のコットン100%ベルベトンを採用しております。

2017-12-11 15.59.49

上質なベルベトン素材相まってB.D. JACKETとmolskin WORK PANTSとの相性も抜群なので、セットアップでの着用もオススメです。
ワークウェア×ワークウェアの組み合わせも中を上品に合わせる事で丁度良いバランスで着て頂けます。

ヨーロッパで生産されていた時代のKEMPEL。
今回デッドストックで入荷致しましたが非常に希少な90′s頃の物で、足の速そうなアイテムです。
気になる方は是非、お早めにご覧下さい。

Arch 近谷

James Charlotte / クリケットセーター

2017.12.10 Sunday 14:42:02| Author:admin| Categories:BASIC_ITEM

本日はJames Charlotte(ジェームス・シャルロット)の、クリケットセーターをご紹介致します。
1976年、アイルランドにて創業したニットメーカー。
製品のほぼ全てがハンドフレームによって制作されている今の時代類稀なメーカーで、今回は某B・B社のvintageクリケットセーターを基にArch Exclusiveモデルとして特別に制作して頂きました。

2017-12-10 13.39.15

COLOR / BARGANDY,GREEN
SIZE / S,M,L
PRICE / ¥25,000-+tax

なんとも魅力的な背景をもつスポーツ、クリケット。

当時から紳士のスポーツとして嗜まれてきたスポーツで、試合形態の中にティータイムを設けている程。
『良いクリケット選手は良い紳士』と言われた程に格式の高いスポーツだったそうです。

images

クリケット・スポーツの様子

そんなクラシックな背景を持つクリケット・セーター。
一見は特に派手では無く、手に取りづらいアイテムだと思います。

2017-12-10 13.39.34

胸元の目を引く2本のラインは1960′sに実際にB・B社が採用していたもの。
バーガンディとダークネイビーのラインは非常にバランスが良くまとまっております。

2017-12-10 13.45.16

綺麗な 胸元のVゾーンは、ネクタイを締めた時やジャケットを合わせた時にとても綺麗にハマってくれます。

直球にアイビースタイルやアメリカントラッドなスタイルに落とし込むのも勿論格好良いと思います。
ハンドフレームならではの着心地の良さと、歴史あるこのセーターはスタイルを感じる事が出来るのではないでしょうか?

2017-12-10 13.44.39

DUFFLE COAT / BONCOURA
TWEED JACKET / BONCOURA
SHIRT / KENNETH FIELD
TIE / ANATOMICA by Drakes
PANTS / ANATOMICA
SHOES / ALDEN

バーガンディ×ネイビーの配色にはトラッドなスタイルで合わせてみました。
綺麗なスラックスやアメリカンな3ボタンジャケット、レジメンタルのタイという普遍的なスタイルにもオリジナリティを追加してくれます。
アイビールックに着こなす日や、ラフにヘンリーネックに合わせる日もあっていい、僕自身無くてはならないアイテムです。

2017-12-10 14.08.13

COAT / MOJITO × ARCH
PANTS / KENNETH FIELD
SHOES / PARABOOT
HAT / JAMES LOCK

GREENの配色も非常に綺麗で、チノパンやジーンズにも良く映える印象です。
ラフに着こなすのも大いにアリで、ヘンリーネックにステンカラー、チノパンという普遍的なスタイルにもすんなり馴染む汎用性の高さ。
2色とも袖を通してみればコーディネートは選ばずに着ることが出来るアイテムなので、個人的に是非お試し頂きたいアイテムです。

歴史、背景がしっかりあり、流行りすたり無く半永久的にクローゼットに残るであろうアイテム。
この手のアイテムをしっかりと提案するのが僕たちのスタイルであり、男服の面白みだと思います。

今回別注制作したJames Charlotte・クリケットセーター。
クラシックなスタイリングは勿論、お手持ちのアイテムとミックスさせる楽しさも是非体感頂きたいです。

2017-12-10 14.17.33-2

因みに今回のコーディネートに使用したBONCOURA テーラード3B JACKET
こちらのアイテムもやはり汎用性が高く自分にとっても欠かせない存在で、今季オススメしたいジャケットです。
残りわずかですが、是非店頭にてご覧になって下さい。

Arch 近谷