Blog from ArchStyle|archstyle|Arch アーチ

OUTIL 〜 FABRIQUE EN FRANCE ET AU JAPON

2016.09.9 Friday 22:00:13| Author:admin| Categories:News!!

今秋冬から幾つかの新たなブランドがARCHのラインナップに加わります。

BDL_023

その1つが、フランス語で”道具”と意味する【OUTIL】。

”道具としての洋服”をコンセプトに、ヨーロッパのワーク・ミリタリー、ユニフォームにフォーカスを当てた洋服作りを、”フランス”で行っています。
染色から縫製、生地に至る全ての工程が主にフランスメイドによるモノです。

1900年代初頭、フランスでワーク・ミリタリーで使われていた生地や染色方法、
インディゴ・ブラックリネン、モールスキン、ブラックシャンブレー、パステル染め…など

当時の織り機や生地でないと表現出来ないモノを、フランスと日本の技術を存分に活かし再構築した洋服がOUTILの魅力です。

FullSizeRender

現在、フランスでワークウェアーを作れる工場は少なくなってきており、限られた場所でしか生産が出来ない状況です。

フランスメイドに拘り洋服を作るのは容易な事ではありません。
そこまでしてフランス製に拘るのは、やはりその土地でしか表現出来ない空気感だと思います。

長年ヨーロッパヴィンテージを見続けてきた、デザイナー宇多氏が培った全てが詰まった洋服を9/17からのイベントでお披露目します。

BDL_021
《OUTIL FIRST COLLECTION FAIR》
9/17(SAT)~9/19(MON)
@ARCH PREMIER ETAGE

今シーズンからが初のコレクション展開となるOUTIL。
2016秋冬の新作をほぼフルラインナップで店頭に並べます。

そして、現在パリにて買い付け中のフレンチヴィンテージが9/17に店頭に届きます。
フランスモノだけで店内を埋め尽くした空間を期間中は楽しんで下さい。

アイテムやイベントの詳細は追ってご紹介します。

ARCH  宅見

SAINT JAMES / OUESSANT

2016.09.8 Thursday 10:00:56| Author:admin| Categories:SAINT JAMES

_DSC3526
この手のカットソーが活躍する季節になってきました。

今シーズンも【SAINT JAMES(セント・ジェームス)】定番のウエッソンが続々と入荷しております。
シーズンの立ち上がりに揃えておくべき定番アイテムです。

_DSC0129Color NOIR×ECRU(黒×キナリ)
Size T3 / T4 / T5 / T6
Price ¥10,000-+tax
※着用モデル : 身長 181cm・体重 65kg / 着用サイズ : T5

_DSC0130Bottoms : MOJITO
Shoes : MaTeS

定番として昔から変わらない良さが備わったアイテムです。
それ故のアナログ感(=お洗濯での収縮)も否めません。
サイズ選びに悩まれる方も多いと思います・・・。

サイズはお洗濯で、おおよそ1サイズ程縮むと考えてもらえれば良いと思います。

_DSC0098(上)私物(下)未着用

洗った状態で例えるならば、手首が少し見えるぐらいがジャストサイズでしょうか。

未洗いの状態で例えるならば、全体に少し揺ったりしているサイズ感が適当です。

_DSC0146Color NAVY
Size T3 / T4 / T5 / T6
Price ¥10,000-+tax
※着用モデル : 身長 181cm・体重 65kg / 着用サイズ : T6

敢えて1サイズUPしてゆったり着て頂くと、印象がガラリと変わります。
既に何枚かお持ちの方でしたら、是非試して頂きたい着方です。

_DSC0152Bottoms : rdv o globe
Shoes : MaTeS

素材はやや肉厚のコットン100%生地。
この生地が馴染む感覚が堪らないと言う方も少なくはないはず・・・着用を重ねる事で色落ちや風合いが増し、自分だけの愛着と雰囲気が出てきます。

_DSC0107

ボーダーのカットソーをお持ちの方は沢山いらっしゃると思います。
そんな定番アイテムだからこそ、その中で自分だけの風合いやサイジングの変化で楽しんでみてはいかがでしょうか。

Arch 松本

KENNETH FIELD / WORK SHIRT

2016.09.6 Tuesday 19:45:55| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD

【KENNETH FIELD(ケネス・フィールド)】がブランドスタート時より展開している定番アイテムのシャンブレーワークシャツ。
Archではここ数シーズンじわじわと人気のアイテムです。

_DSC0060Color CHAMBRAY BLUE
Size XS / S / M / L / XL
Price ¥22,000-+tax

“シャンブレー素材=ワークシャツ”と言う部分をストレートに表現した1枚。

実際に、この手のヴィンテージを探すにも(状態・サイズ・ディテールなど)簡単ではないし、意外と理想の1枚に巡り合わない類なんじゃないでしょうか。

_DSC0127
少し粗っぽくてコシのある素材感は、”いかにも”。
当然、着る程に馴染んで雰囲気が増して行きます。

襟裏のダイヤモンドステッチやガセットのミミなど、随所に直球のディテールが盛り込まれている点も、当然欠かす事の出来ない部分。

猫目のボタンなんかもまさにワークシャツ…なんですが、実はこれ、シェルボタンを用いるあたりがツウだと思います。

_DSC0122
ボタン同様に着目して頂きたいのは、襟型。
タイを締めても収まりの良いサイズ感は、コーディネートのバリエーションを一気に広げてくれるはずです。

_DSC0086
ワークシャツに敢えてのタイドアップなんてのもお勧めです。
自然とこう言ったスタイルが出来るのは【KENNETH FIELD】の魅力であり、ちょっとした奥行き、大人っぽさなんじゃないかと思います。

_DSC0096Cardigan : JOHN SMEDLEY
Tie : KENNETH FIELD
Belt : Le Sellier
Bottoms : BONCOURA

今季【KENNETH FIELD】からリリースされている定番のタイは、シンプルながらも素材に特化した物が多いです。
既に完売しているものも御座いますので、気にされていた方は是非お早めにご覧下さい!

Arch 吉田

MOJITO / SILVER CREEK CHAMBRAY SHIRT

2016.09.5 Monday 09:30:20| Author:admin| Categories:MOJITO

定番的な素材の1つとして認知されている”シャンブレー素材”。
やはりワークシャツがピッタリはまるアイテムだと思います。

そんなワークシャツの基本的なディテールを凝縮しつつも、ツウ好みな1枚が【MOJITO(モヒート)】からリリースされました。

_DSC1925Color BLUE
Material BURKINA FASO COTTON
Size S / M / L / XL
Price ¥26,000-+tax

1番の特徴は、ジッパーフロント。
珍しいディテールだと思いますが、フルジップ+裾口の1ボタンにより着脱は非常に楽で、着こなしも広がります。

_DSC1929
ちょっとしたパーツにも気が利いた印象。
さり気ないですが、大事な要素では?

_DSC0048
ボタンはプラスチック製の猫目ボタン、サイドピースと背中のハンガーループにはミミを用いて、しっかりと”ソレ”らしさが表現されています。

_DSC0058
着丈の長さは、元来のタックインを前提とした”まんま”というべきか、この潔さも魅力的。

勿論タックインでの着用も可◎ですが、個人的にはタックアウト派です(笑)。

_DSC1945
敢えて崩した着方をするのならば、スカーフやボーダーシャツを用いてフレンチな装いもお勧め。
少し大振りな襟がまた映えるはずです。

_DSC1955
以前この様なシャツがリリースされましたが、リンクする部分があると思います。
それもそのはず、どちらも同一人物によってデザインされているからです。

01-20141010153554

Arch 吉田

S.E.H KELLY / MOLESKIN WORK JACKET

2016.09.3 Saturday 20:40:40| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

先日お伝えしたケリーカラーシャツに引き続き、【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】の新作が入荷しております。

中でもモールスキン素材のアイテムは、昨年に引き続きお勧めの1つ。

LANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN(ランカストリアン・ヘビーモールスキン)は、その名の通りランカシャー地方で織られたもの。
いわゆる「イングリッシュ・モールスキン」です。

_DSC1903Color CLAY
Material LANCASTRIAN HEAVY MOLESKIN
Size XS / S / M
Price ¥88,000-+tax

「ワークジャケット」のリリースは、【S.E.H KELLY】としては珍しいかも知れませんが、決して野暮ったさはありません。

(実は春に初めてリリースされたものの、このブログでご紹介する前に完売してしまいました。)
2回目のリリースとなる今回も、型・素材・ディテールと、【S.E.H KELLY】のエッセンスがふんだんに含まれた1着に仕上っています。

_DSC1906
スタンドカラーと呼ぶべきか、細かくステッチが施された小ぶりの襟が特徴的。

同じくカフスの形状も含めて、シンプルなデザインの中にもしっかりとアイデンティティが詰まっているのが【S.E.H KELLY】の魅力です。

_DSC1907
腰部分を覆う様に施されたポケットは容量が大きく、収納力があります。

前面には胸ポケが1つ、内ポケットは左右に2つと、シンプルな見た目の中にも機能性を充たしたジャケットなので、財布や携帯、鍵くらいの荷物なら手ぶらで十分だと思います。

_DSC1914
どのアイテムにも共通しているパーツですが、オリジナルのホーンボタンはいつも魅力を感じます。
このジャケットに関しては、力ボタンまでもがホーンボタンです。

_DSC1916

肩周りに施された裏地には、メリノウールを使用したフレークドウールを用いています。

正直なところ着用時には見えない部分なんですが、この素材の組み合わせもまた、非常に魅力的ではないでしょうか?

今シーズンの【S.E.H KELLY】は、全アイテムが出揃いました。
是非、お早めにご覧下さい!

Arch 吉田

50′s British Army Bush Jacket

2016.09.2 Friday 07:41:55| Author:admin| Categories:Vintage

1472734159314
イギリス軍で1950年代に支給されていたブッシュジャケットがデッドストックで入荷しました。

素材、形ともにとても素晴らしい1着です。

_DSC1906Size 4(S相当)
※個体差あり。収縮を考慮して全てワンウォッシュ済み。
Price ¥28,000-+tax

特徴的な生地の凹凸感とサラッとした肌触りは、いわゆる”AERTEX(エアテックス)”素材によるもの。

軍モノ故の無骨な見た目に相反して、軽量且つ清涼感のある素材だと思います。

_DSC1932
ご覧頂いての通り、1950年代に製造・支給(こちらも個体差あり)。
正直なところ、「ブロードアロー」のマークはズルいです(笑)。

_DSC1912
前面のポケットは、形状、大きさと、いかにもミリタリーアイテムらしいディテール。
ちょっとした荷物なら十分手ぶらで外出出来るはず。

_DSC1917
若干の絞りが効いたウエスト部分には、アジャスターベルトが付属しており、サイドベンツのディテールも含めて独特なラインが出るのも特徴です。

_DSC1935
そのベルト自体には(恐らく後付けの)バックルが付属していません。

しかしながらボタンで留める事が出来るので、問題は無いと思います。
※画像は背面で留めた状態

_DSC1897
比較的ゆとりを持たせてあるアーム部分は、腕を捲るのにも十分。
元々の役割も考えると、今の時期もとても活躍する1着です。

数量・サイズは限られますが、決して悪いサイズではありません。
その分、是非お早めにご覧下さい!

Arch 吉田

CHARLIE BORROW

2016.08.31 Wednesday 20:48:24| Author:admin| Categories:CHARLIE BORROW

1471561065487
今季より初展開となる【CHARLIE BORROW(チャーリー・ボロウ)】のキャンバストートバッグが入荷しました。

_DSC1928Color MOSS
Material 24oz SCOTTISH COTTON CANVAS
Price ¥48,000-+tax

見ての通り、一切媚びを売った感じの無い無骨さが魅力のトートバッグ。

ポケットは外側に1つ、内側に2つ(2層)とシンプルなので、より一層素材の雰囲気が際立つ印象です。

_DSC1932
メインで用いられているキャンバスは、24オンスと非常に厚地。
スコットランド製で予め染めと防水加工が施されています。

_DSC1897
取っ手に続くテープ部分は、ワンピースなのが特徴的だと思います。
このキャンバスに関しては、北イングランドで織られた素材を使用しています。

何より斜めに付けられたこの形状もポイントです。

_DSC1900
そう簡単には”ヤレ”ないとは思いますが、そんな強靭さも【CHARLIE BORROW】の魅力です。

_DSC1925Color NATURAL
Material 24oz SCOTISH COTTON CANVAS
Price ¥48,000-+tax

ハンドキャスト(鋳造)による真鍮のフックは、さり気なくもこのバッグのアイコン的なディテールかも知れません。

_DSC1908
ジッパーはスイス製のriri社によるもの。
滑りがよく、程よい重厚さも持ち合わせている印象です。

ジッパーの付いたトートバッグを求める声って意外と多く、大きなポイントとなるはず…。

_DSC1905
全行程を一貫して生産し続けるチャーリー・ボロウのやり方は決して効率的では無いかも知れませんが、その分、長く愛用する事の出来るアイテムを作り上げる事が、このブランドが目指すところでもあります。

スクリーンショット 2016-08-31 18.28.06
アナログな部分での”柔”と、素材使いの”剛”な部分がバランスの良いブランド…と言った印象。
2013年設立とまだ日は浅いものの、アイデンティティを感じるブランドです。

Arch 吉田

S.E.H KELLY / KELLY-COLLAR SHIRT

2016.08.29 Monday 19:59:36| Author:admin| Categories:S.E.H KELLY

_DSC3560
【S.E.H KELLY(エス・イー・エイチ・ケリー)】のアイコンとも言うべきアイテムの1つ、KELLY-COLLAR SHIRT(ケリーカラーシャツ)が入荷しました。

_DSC3597
小ぶりなタブカラーが特徴のKELLY-COLLAR SHIRT。

シーズン毎に様々なタイプがリリースされていますが、ここ数シーズン、季節を問わずリリースされている”デザートコットン”は、1950年代の英国軍部隊・デザートラッツ(通称:砂漠のネズミ部隊)で用いられていた素材がベース。

コットン・リネンによるドライな質感こそ”デザートコットン”と呼ばれる由来です。

_DSC3546Color ECRU
Material  LANCASTRIAN DESERT COTTON
Size XS / S / M / L
Price ¥39,000-+tax

素材の由来から無骨な印象も受けますが、比較的すぐに馴染みます。

なにより生地の表面に凹凸が出て表情が豊かになる1枚です。

_DSC3554
全体的に程よいシルエットに定評のある【S.E.H KELLY】のシャツ。

背面をよく見ると、ボディにダーツが入っているのも特徴の1つ。
同じく肘部分にもダーツを入れる事で、着心地の良さを意識した作りになっています。

_DSC3550
実は前回から微妙なアップデートを加わっていたのに皆さんお気付きでしたでしょうか?

少し長くなった着丈の長さは、タックインでの着用も考慮して。
とは言え、相変わらずタックアウトでの着方を容易にしてくれる設計は、このシャツが人気の理由の1つです。

ベースとなる部分の軸はぶらさずに少しづつアップデートする姿勢は評価に値すると思います。
今回もまた微妙な変化が起きていますので、是非見つけてみて下さい(笑)。

_DSC3592
季節柄、そして何よりディテールを楽しむ意味でも、今季はタイドアップでの着こなしもオススメです。

Arch 吉田