Blog from ArchStyle » News!!|archstyle|Arch アーチ

SOUNDMAN POP UP STORE&BRITISH VINTAGA FAIR IN ARCH HERITAGE

2017.11.10 Friday 21:23:29| Author:admin| Categories:News!!

系列店ARCH HERITAGE にて明日よりスペシャルイベントを開催します。

11-5-pop-up SOUNDOMAN POP UP STORE&ARCH BRITISH VINTAGE FAIR
2017 11/11(SAT),11/12(SUN)
@ARCH HERITAGE

アメリカンカジュアルをベースに、イギリス物を取り入れた独自のスタイルを表現しているARCH HERITAGE。
中でも、イギリスのワーク・ミリタリーに精通した”SOUNDMAN”のアイテムは、無くてはならない存在です。

今回、注目したいのが英・BRITISH MILLEAIN 社が開発したワックスコットン素材 “Driden”。
合成ワックスによる特殊な撥水加工を施したコットン生地を、SOUNDMANのアウター2型に用いています。

BRITISH MILLERAIN と言えば、BARBOURのオイルドコットンを製作していた背景を持つ老舗生地メーカーでも知られます。

クラシックなイギリスらしい素材を贅沢に使用して作られたアウターは、男心をくすぐります。

_DSC1057Color : Olive
Size : 36(S) / 38(M) / 40(L)
Price : ¥83,000+tax

_DSC1060

_DSC1067
_DSC1074

RAF(ロイヤルエアフォース = イギリス空軍)の “コールドウェザーパーカー” をモチーフとしたフーデットコート。

オリジナルを忠実に再現しながらも、現在の洋服には必要のない要素を削ぎ落としたシックなデザインがとても着易い印象です。

_DSC1081Color : Olive
Size : 36(S) / 38(M) / 40(L)
Price : ¥83,000+tax

_DSC1084

1930-40年代の米国メンズファッション誌 ”APPAREL ARTS(Esquire 別冊)” に掲載されていたファッションイラストからインスパイアされ製作された、ベルテッド・ステンカラーコート。

取り外し可能なラインにングがある事で、3シーズン着回せる汎用性の高い1着です。

デザインは、イギリスの紳士が着用していそうな上品な佇まい、その中にも無骨なワックスコットン生地がなんともニクいです。

_DSC1118
_DSC1040
スラックス等のアイテムにも相性が良いですし、5ポケットジーンズでも文句なしです。
お仕事でも羽織れてしまうので、本当に使い勝手ご良いと思います。

この2型のアウターは、明日のイベントよりARCH HERITAGEで発売します。

そして、普段ARCHにて展開しているブリティッシュヴィンテージ。
6月にイギリスで買い付けてきたばかりの、新鮮なヴィンテージウェアーを期間中限定でARCH HERITAEにてお披露目します。

僕宅見も明日11/11のみARCH HERITAGEの店頭に立ち皆様をお迎えします。

是非この機会にご来店くださいませ。

DSC0540-400x264

ARCH 宅見

Paraboot SAPPORO 2017/8/18 OPEN

2017.08.17 Thursday 23:51:22| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

ご無沙汰しております、吉田です。

先日こちらのブログで告知があった通り、明日8月18日(金)にオープン致しますParaboot札幌店にて店長を務めさせて頂く事になりました。

Archでオープン当初から取り扱い続けてきているParaboot、当然の事ながら僕も長年にわたってその魅力をお客様にお伝えさせて頂きましたが、この度『直営店』と言うステージに場所を移して、新たに皆様とお会い出来る機会が出来ました。

今回のParaboot札幌店オープンにあたっては、本当に沢山の方々にご協力、叱咤激励頂き、こうして今、形になろうとしています。
月並みではございますが、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

DSC_3125Paraboot札幌店
札幌市中央区南2条西3丁目12-2トミイビルNo.37 1F
011-219-0451
11:00~20:00
水曜日定休

歴史背景に裏打ちされた実用性は、特にここ北海道において理に適ったもの。
まさに『衣食住』で言うところの『衣』である事には間違いありません。

また、1つの文化をも感じられるその佇まいや雰囲気は随一のもの。
大袈裟かも知れませんが、1つの『革靴』を通してこれほどのものが得られる事は無いと思います。

記念すべき明日のオープン日は19時より開店記念パーティーを開催致します。
是非、皆様のご来店をお待ちしております!

Paraboot札幌 吉田 創

Paraboot 札幌店 開店のお知らせ

2017.08.15 Tuesday 21:44:11| Author:admin| Categories:News!!,paraboot

main_paraboot

この度 8月18日(金)札幌市中央区に 東京青山 大阪心斎橋 東京GINZA SIX に続く国内4店舗目となる直営店舗 Paraboot 札幌店が開店致します。

ARCHでは2004年のオープン当初から取扱いをしており、この度日本総代理店の㈱RPJ様とのパートナーシップにより、私達(有)ミサンガインターナショナルは新法人MSG & Sons ㈱ を設立しParaboot 札幌店を運営することとなりました。

冬の圧雪された路面や凍り付いた路面に特に威力を発揮する靴として、これまで多くのお客様にご愛用頂いておりました。

これからは、15年間Parabootを販売し培ってきた経験を元に、Parabootの直営店舗として北海道の皆様に愛されるお店作りを目指し、より多くの方々にParabootの良さを伝えていけるよう日々精進する所存でございます。

もちろんここARCHでも、ParabootはARCHのフィルターを通したラインナップで今まで通り展開致しますので、今後とも宜しくお願い致します。

Paraboot 札幌店

札幌市中央区南2条西3丁目12-2 トミイビルNo.37 1F
TEL 011-219-0451

 

ARCH 代表 山内 公史

BONCOURA 祭

2017.07.17 Monday 17:40:32| Author:admin| Categories:BONCOURA,News!!

DSC_8703 2

DSC_8785 2

昨年からBONOCURAデザイナー森島氏と共に考案していた別注アイテムを遂にお披露目する時がやってきました。

今週末7月22日から2日間、毎年恒例のBONCOURA祭で解禁します。

img034 BONCOURA 祭
2017 7/22(SAT), 7/23(SUN)
@ ARCH & ARCH STELLAR PLACE

今回は、ARCH STELLAR PLACEとの合同開催する運びとなりました。

イベント期間中は、BONCOURA森島氏もARCHの店頭に立って頂きます。
7/22(SAT)はARCHにて、7/23(SUN)はARCH STELLAR PLACEにて皆様をお迎えします。

イベントの詳細や別注誕生秘話については、ブログにて紹介していきますので楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

French Vintage 入荷速報

2017.06.10 Saturday 14:56:41| Author:admin| Categories:News!!,Vintage

3月にPARISにて買い付けていたフレンチヴィンテージがようやく入荷しました。

今回の買い付けでは、今までにも増して希少なアイテムが揃っています。

30年代のウールジャケットやインディゴストライプ、リネン素材からフレンチワークを代表するモールスキンやブラックシャンブレーなど…

初めて目にするヴィンテージが多くあり、僕らも検品しながら興奮しっぱなしです。

1900年年代初頭〜50年代のフレンチヴィンテージを中心に、ヴィンテージ好きなら間違い無く唸るアイテムばかりです。

_DSC0863
_DSC0776
_DSC0793
_DSC0828
_DSC0820
_DSC0799
_DSC0802
_DSC0842
_DSC0806
_DSC0878
_DSC0873
_DSC0872
_DSC0855
_DSC0836
_DSC0783
_DSC0781

1900年代〜40年代にかけて作られたヴィンテージは、人の手が加わって作られた物が多く、手作業でしか出来ない縫製やいびつな襟の形など、ハンドクラフト感ある洋服に魅了されます。

パッチワークになっている物や当て布で補強されたリペア跡が残る物もまた、その時代背景を色濃く映し出しています。

古い洋服を買うという行為は、単に洋服を買うという事ではないような気もします…
その生産背景や時代をも同時に自分の物にしている様な…そんな気さえしてくる程、ヴィンテージには言葉では言い表せない何かがあります。

本日より店頭に並びますので、是非ご覧になってください。

ARCH 宅見

IKE BEHAR / B.D SHIRT

2017.05.25 Thursday 20:59:33| Author:admin| Categories:IKE BEHAR,News!!

IKE BEHARのBD.SHIRTが入荷しました。

Archでは久しぶりの展開となるIKE BEHARは、アメリカを代表するシャツメーカーの一つですが、元々はアメリカの某有名ブランドR社のシャツを手掛けていた事でも有名です。

IMG_0085
IKE BEHARと言えば襟元のダイヤモンドステッチが専売特許とも言うべく特徴的なディテール。
これは襟を綺麗な形に保ち型崩れを防止する役割を持ちます。

_DSC0451

IMG_0088

身頃脇部分はシングルニードル。これは高級シャツの代名詞とも言えるディテールだと思います。

_DSC0424color / White
material / Oxford
size / S / M / L / XL
price / ¥16,000+tax

_DSC0358color / CANDY STRIPE
material / Oxford
size / S / M / L / XL
price / ¥16,000+tax

_DSC0441color / BLACK WATCH
material / Oxford
size / S / M / L / XL
price / ¥16,000+tax

_DSC0447color / BLUE
material / CHAMBRAY
size / S / M / L / XL
price / ¥18,000+tax

今回、入荷した4種類全てワードローブには持っておきたいカラーではないでしょうか。

made in USAでここまでのクォリティーの物を、¥16,000〜¥18,000で販売出来るシャツメーカーはそうそう無いと思います。

_DSC0437

_DSC0420

_DSC0317

_DSC0472

今も尚、この様なアメリカ製の普遍的なシャツは男のワードローブでは欠かせないアイテムではないでしょうか?

系列店、ARCH HERITAGEでは明日より毎年恒例の「INDIVIDUALIZED SHIRTS TRUNK SHOW」を開催します。

5-19-006「INDIVIDUALIZED SHIRT TRUNK SHOW」
2017.5.26(金)〜6.4(日)
@ARCH HERITAGE

着丈、袖、肩、首回り、各箇所を細かく採寸し、お客様それぞれの体型に合わせたサイズのシャツをお仕立てします。

ずっと気になっていたけれど、サイズが合わないという方には特におすすめのイベントとなります。

是非、自分だけの一枚を作ってみてはいかがでしょうか。

Arch 松本

British Army Rover Chair 入荷速報

2017.05.3 Wednesday 20:17:07| Author:admin| Categories:News!!,Vintage

IMG_1316

IMG_1320

先日の英国買い付けで久しぶりにイギリス軍のローバーチェアを大量に発掘してきました。

ここ最近オリジナルを見かけることは滅多に無くなってしまい、安価な価格で市場に出回っているほとんどのものが中国生産の粗悪なレプリカだったりします、、、

ARCHでもオリジナルを見つけたのは実に7年ぶりくらいだと思います。

もともとは英軍のランドローバー社製の軍用トラックのモバイル用パッセンジャーシートに使用されていたことから通称ローバーチェアと呼ばれているそう。

折りたたみも簡単で、畳んだ状態で約12センチになるため、持ち運びも容易な上、重さは約3キロ未満と、まさにミリタリースペックが生み出した機能美が集約されたフォールディングチェアの最高傑作といっても過言ではないと思います。

オリジナルならではのこの存在感はキャンプサイトや釣りなどのシチュエーションでも注目を浴びること間違いなしです。笑

メンテナンスも終わり、明日より販売スタートです。

コンディションにより、価格は18,000円〜28,000円になります。

昨日のCLARKS然り、良き時代の英国製品がお好きな方は是非店頭にてご覧ください。

 

ARCH 山内

 

 

 

FANNI LEMMERMAYER / CUSTOM ORDER

2017.05.2 Tuesday 20:54:42| Author:admin| Categories:FANNI LEMMERMAYER,News!!

IMG_1275

1877年、オーストリアのウィーンにて創業したFANNI LEMMERMAYER(ファンニレマメイヤー)はアンデス高地に生息する極上のアルパカの毛を100%使用しています。

パール編みのニットといえば、この当時は他にもメーカーが沢山存在していたと思いますが、FANNI LEMMERMAYERは、某有名ブランドH社によって別注されたことにより世の中に広まったと聞いた事があります。

アンデス高地では雲が少ないため、昼間は直射日光を地面が浴びて急激に温度が上がり、夜に成ると地球では高い場所は高くなるほど大気の温度が低いので昼間の気温は逃げ出し、冷たい大気に入れ替わってしまいます。

つまり、アンデス高地に生息するアルパカから取れる「アルパカウール」は過酷な気温差の中でも対応することが出来るサーマル機能を持っています。

そんな「アルパカウール」は、ここ北海道でも活躍する事は言うまでもありません。
IMG_1291

特徴的な「パール編み」は伸縮性があり、着心地が良く一度着るとと病みつきになってしまうほどです。

_DSC1353

_DSC1358

FANNI LEMMERMAYERの代名詞といえば、10色以上のカラーによるストライプパターン。

今回、当店で開催している受注会では膨大な数のカラースワッチからカーディガンやセーターベスト等、6種類から選ぶ事が出来ます。

また、既にストライプパターンをお持ちという方には無地もオススメです。

_DSC1364

アルパカニットは、ワードローブに一つは持っておきたいアイテムではないでしょうか。
現在、当店では膨大な生地スワッチとサンプルアイテムが並んでおりますので、是非一度手に取ってご覧くださいませ。
オーダー会は5月7日まで開催しておりますので、ゴールデンウィークの連休中にお時間があればご来店ください。

Arch 松本