Blog from ArchStyle » 2020 » October|archstyle|Arch アーチ

OUTIL / MANTEAU UZES

2020.10.31 Saturday 11:53:36| Author:admin| Categories:OUTIL

122496413_2874110792875951_363983441136871680_n

古いフランスの絵葉書に描かれていた羊飼いが羽織っていたコートから着想を得てデザインされたベルテッドコート。

そんな素敵なストーリーを持つ1着がOUTIL(ウティ)より待望の入荷です。

【MANTEAU UZES】
IMG_6321
Color / Willow
Size / 2, 3, 4
Price / ¥68,000+tax

ふわっと空気を孕むようなボリューム感と、綺麗なAラインシルエット。

迫力がありながらも、どこか温かみのある柔らかな雰囲気を醸し出すコートです。

IMG_6304

素材は、OUTILオリジナルのモールスキン。

長超綿を使用し極限まで打ち込みを強く織り上げられた生地は、1940~50年代のフレンチモールスキンを彷彿とさせる美しい光沢を放ちます。

ワークウェアらしいタフさを持ちながら、上品な雰囲気も漂わせる生地です。

IMG_6307

IMG_6308

光沢感に加えて魅力的なのは、モールスキンでは珍しい色使い。

倉敷美観地区で剪定された柳の木を中心に、桑の葉やクチナシを用いて染めることで、深みのあるオリーブカラーを表現しています。

モールスキンはブルーやブラックのイメージが強いので、とても新鮮に映るカラーリングではないでしょうか。

IMG_6303

袖口にはフランス軍のモーターサイクルコートを彷彿とさせるストラップが付属。

柔らかな雰囲気の中に無骨なディテールが効いています。

L1005888

122411344_5365242386835078_1634636377227578164_n

ベルトをぎゅっと絞ってドレープ感を強調するのも良いですし、バサッと空気を纏うようにラフに羽織るのも良いですね。

ヴィンテージのようにボロボロに擦り切れるまで着倒して、それでもリペアして着続けたい、、、絵葉書の中の羊飼いもきっとそうするはず。

そんな想像を掻き立ててくれる魅力溢れるコートです。

ARCH  川上

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。
ARCH ONLINE STORE

sus-sous お楽しみ会 in SAPPORO

2020.10.29 Thursday 16:56:18| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

IMG_9072 2

IMG_9071

IMG_9075

IMG_9006

男服の背景をしっかり感じさせる無骨さを持ちながら、どこか不思議と中性的で柔らかな雰囲気も持ち合わせる洋服。

シンプルで削ぎ落されたデザインにこだわりのディテールが施された洋服。

そして、自然と着る人の人となりに馴染んでくれる洋服。

数々のヨーロッパヴィンテージを見て、実際に着てきたデザイナー西谷氏の知識と経験に裏付けされた、あるがままのもの作りから生まれる【 sus-sous(シュス)】の魂を宿した洋服は、今やARCHのラインナップに欠かすことができません。

先日、来シーズンの展示会に伺ってきたのですが、気付けば時間を忘れて何度も試着を繰り返していました。笑

来シーズンも素晴らしい洋服が揃いますので、春の入荷を楽しみにしていて下さい。

そして、

IMG_9067

展示会を見終わった後にはもう一つ重要な目的が。

沢山の生地サンプルを見せて頂きながら「この生地なら残りパンツ2着分かな」「別注でこういう生地はどうだろう?」「新しくこのアイテムも加えてみては?」とデザイナー西谷氏との打ち合わせ。

皆さん、もうお気づきかと思います。

susous-custom

sus-sous Custom Order Event(お楽しみ会)
2020.11.6(fri) - 8(sun)

今年6月にARCH東京店で開催し、大盛況で終えた「カスタムオーダーイベント」をいよいよARCH札幌にて開催致します!!

日程は来週末、11月6日(金)~8日(日)の3日間。

今回は定番アイテムに加えて、札幌用に新たなアイテムを加えたラインナップに。

生地に関しても札幌限定の別注生地をご用意して頂けましたので、初めての方にはもちろん、前回オーダー頂いた方にも楽しんで頂けるイベントになると思います。

期間中はデザイナー西谷氏も在店されます。

直接お話しを伺いながら自分だけの1着をオーダーして頂けます。

お客様、西谷氏、僕らスタッフ、皆でワクワクしながら楽しめる、そんなイベントになること間違いありません(西谷氏はこのイベントを「お楽しみ会」と呼んでいます)。

オーダーして頂けるアイテムや生地のラインナップなどは、後日ご紹介致しますのでお楽しみにしていて下さい。

image001
【インスタライブのお知らせ】

明日、10月30日(金)の21時頃~

sus-sous デザイナー西谷氏とインスタライブを配信し、今回のイベントについてご紹介させて頂きます。

お時間ある方はぜひ、ご覧になってみて下さい(コメントもお待ちしております!)。

https://www.instagram.com/archsapporo/

ARCH 川上

Arch Sapporo Made in England

2020.10.27 Tuesday 17:49:45| Author:admin| Categories:Arch Sapporo,MSG&SONS

IMG_5242

ARCHのスタイルの根幹と言っても過言ではない、”ヨーロッパヴィンテージ”

僕らが大切にしてるヴィンテージウェアーは、いつの日か失われていく日が訪れます。

古き良き生産背景やスタイル、洋服という文化を残していく為に始めたのがイギリスでのモノ作りです。

生地は勿論、カッティングから縫製、全ての生産工程をイギリスで完結させたArch Sapporoオリジナルレーベル。

当時流通していた伝統的なウェアーにフォーカスし、ARCHのフィルターを通してイギリス物の素晴らしさを伝えたいと思っています。

DSC05255
COLOR KHAKI / NAVY
MADA IN ENGLAND
SIZE S / M / L / XL
PRICE ¥78,000+TAX

前回イギリス製にて製作した”BRITISH WORK JACKET”を、さらにアップデートし再構築しました。

ROYAL NAVYに支給されていたワークジャケットをベースに、ドライバーズジャケット等の細かいディテールを融合させ完成させた一着です。

今回は、ブリティッシュカーキとネイビーの2色で制作しています。

DSC06258

前回から仕様を大きく変更した部分は、着丈の長さです。

微妙な違いですが、着丈を長くした事によって、エレガントさがプラスされました。

IMG_6239

IMG_6230

IMG_6237

襟とポケット部分のチェンジボタンを敢えて取り外し、よりシンプルな表情に。

袖口のボタンもチェンジボタンの仕様に変更しました。

IMG_6232

IMG_6233

チェンジボタンは、全て1950年代のヴィンテージ・デッドストックの物を施しています。

貴重な物が故に、いつかはこのボタン の仕様での製作も出来なくなってしまいます…

DSC06315

DSC06279

生地には、英・BRISBANE MOSSの肉厚なツイル生地を採用しています。

触るとヌメ感のある生地は、1940年代頃に流通してた”BRITISH WORK JACKET”を彷彿とさせます。

使い込むことで、経年美化するファブリックなのは間違いありません。

DSC05252

IMG_6247

DSC05248

新色となる”BRITISH KHAKI”は、僕らがイメージしていたワークジャケットに仕上がりました。

イギリスのワークウェアーの素材として”カーキのツイル生地”は外せません。

ミリタリー・ワークと様々なウェアーに使われてきた伝統的な生地だからこそ、惹かれるモノがあります。

DSC06268

2425AEAB-4272-48F8-8D68-12CF309E5C3E

このジャケット 最大の魅力は、オリジナルヴィンテージにはない綺麗なシルエットだと思っています。

当時のパターンを大事にしながらも、より綺麗なシルエットで魅せれるように、何度もパターン修正を行い完成に至りました。

僕自身、今回のワークジャケットは身体に妙にフィットする事もあり、2色買いしてしまいました…苦笑

不変的でいて、一生着たいと思えるモノに出会えたと思っています。

今週から開催します二つのイベントでも発売開始します‼︎

kyoto
Arch Pop up Store 
2020 10/29〜11/4
@ 京都 新風館

”rdv o kyoto”と題した合同イベントを京都・新風館にて開催します。

フレンチヴィンテージをメインに、ARCHオリジナルレーベルのアイテムを京都でお披露目します。

各ブランドとの別注アイテムも限定で販売致します。

期間中は、僕宅見と、東京店・原が店頭におりますので、是非お気軽にお立ち寄りくださいませ。

参加ブランド
rdv o globe
KENNETH FIELD
NORTH WORKS
AMIACALVA
VEKT
ARCH

スクリーンショット 2020-10-27 17.12.58

ARCH BRITISH VINTAGE FAIR 
IN ANATOMICA AOYAMA
2020 11/31〜11/3

移転リニューアルオープンしたばかりの、ANATOMICA 青山店にて、ARCHが持つブリティッシュヴィンテージを期間限定で展開致します。

期間中は、ARCH HERIATGE岩谷と、genre tokyo 砂原の二人が店頭にて皆様をお迎えします。

是非、近郊にお住まいの方は遊びにいらしてください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。
ARCH ONLINE STORE

Rocky Mountain Featherbed x KENNETH FIELD Expressly for Arch

2020.10.25 Sunday 22:07:43| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,Rocky Mountain Featherbed

DSC06023

前編後編と2回に分けてKENNETH FIELDデザイナー草野氏による誕生秘話をご紹介した【Rocky Mountain Featherbed x KENETH FIELD Expressly for Arch】のマウンテンパーカ。

本日は商品詳細とスタイリングをご紹介したいと思います。

IMG_6170 (2)

表地の素材は「Rocky Mountain Featherbed」を現代に復刻させた35SUMMERS代表の寺本氏が所有する、アメリカ軍のM-65に使用されていたであろうコットン×ナイロン高密度クロスのデッドストック。

ナイロンの速乾性と耐久性、綿の難燃性と吸湿性を兼ね備えたミリタリーらしい機能性と、現代のハイテク素材にはない豊かな風合いを合わせ持つ希少な生地を贅沢に使用しています。

DSC06024

Rocky Mountain Featherbedのアイコンとなっている一枚裁ちのレザーウエスタンヨークは、オリーブカラーに染めたカウレザーを採用。

とても渋い色合いはボディ生地のミリタリーオリーブグリーンと絶妙な相性を魅せています。

DSC06028

DSC06026

摩耗しやすい肩部分の耐久性を高めるレザーヨークに、防寒性に優れたスタンドカラー、胸の逆ハの字ジップポケット、ハンドウォーマー付きフラップポケット。

カウボーイたちの道具として生まれた機能美あふれるデザインはいつの時代も色褪せることはありません。

DSC06021

裏地にはKENNETH FIELDのスポーツコートに使用されている、ブランドアイコンのリーフ柄入りキュプラ素材を採用。

表地、裏地ともにこのコラボレーションでしか実現できなかったスペシャルな組み合わせとなっています。

DSC06030

DSC06043

襟裏には撥水性のあるナイロンタフタを使用した収納可能な簡易フードを搭載。

どこかM-65フィールドジャケットを彷彿とさせる仕様に男心くすぐられます。

DSC06052

ウエスト内側にはドローコードが付属。

「GLOBE」のポスターでRocky Mountain Featherbedのマウンパを着こなすピエール・フルニエ氏のように、ぎゅっと絞ってエレガントに着こなすのも良いですね。

DSC06017
182cm 75kg / サイズ42(L)着用

DSC06020
Jacket & Trouser / Kenneth Field(Fox Flannel)
Shirt / Individualized Shirt × Arch

DSC06038

DSC06034
Jacket & Trouser / Kenneth Field(Fox Tweed)
Knit / The Inoue Brothers

 『Fox FlannelやFox Tweedに合わせて着たいマウンテンパーカ』という、この企画のテーマ通り、両素材のセットアップとは抜群の相性を誇ります。

KENNETH FIELDのスポーツコート&トラウザーを愛用されている方には、ぜひ手にして頂きたい逸品です。

DSC06050
Sweat / Sanca
Bottoms / Boncoura

勿論、ジーンズと合わせたカジュアルなスタイルにもばっちり。

ミリタリージャケットを着る感覚でコーディネートできます。

IMG_6164

Fabric / Us Military Dead Stock
Color / Olive
Size / 38(S), 40(M), 42(L), 44(XL)
Price / ¥100,000+tax

「アメリカンミリタリー」と「ウエスタンワークウェア」が見事に融合し、他には絶対に無いスペシャルなマウンテンパーカが完成しました。

ぜひ、店頭でご覧になってみて下さい。

ARCH 川上

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。
ARCH ONLINE STORE

KF Fox Flannel に合うマウンテンパーカってなんだろう?【後編】

2020.10.24 Saturday 11:59:54| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,Rocky Mountain Featherbed

92e3acde20c5c884712546f380dc89eb

【前編】からの続き……

そしてこんな生地もあるぞ、とキンジさんが出してきた生地に一瞬にして心を鷲掴みにされた。それは80年代頃の US ミリタリーオリーブカラーサテン生地と、M65*あたりで使用されていたであろうオリーブカラーのコットンナイロン高密度クロス。
なんでこんな生地が出てくるのか不思議だったけど、そんな事はどうでも良い。隣にいた山内さんも一瞬にして前のめりになっていた?

これまで山内さんと作ってきた共同企画商品の中で印象的だったのは、英 Aertex*をベースにリネンを混紡した新素材を使った KFグルカだった。
グルカトラウザーのルーツは英国に有り、それをジャパニーズアメリカンなフィルターを通して作りあげたのが KF だった。
そこに再び英ミリタリーのエッセンスを入れる発想に感動した事を覚えている。

オリーブサテンと言えば、通称ベイカーパンツやフィールドシャツなど、US ミリタリーで馴染み深い素材。
Vat dyed*と呼ばれた染色方法で生地染めされたミルスペック指定のオリーブカラー(OG-107*)のなんとも言えない横スラブと独特な光沢感は着用と洗濯を繰り返すと光沢感が落ち着き、しなやかな風合いになる事は皆さんご存知の通り。

そして M65*と言えば、米軍のフィールドジャケットの代名詞。
こちらは、ベイカーパンツやフィールドシャツに使用されていたサテン生地より目が詰まって、張りもある。
生地をバラしてみると経糸が細く緯糸が太い単糸使い。勿論ミルスペック指定のオリーブカラー(OG-107*)。ナイロンの速乾性と耐久性、綿の難燃性と吸湿性を兼ね備えた生地(一部 Wikipedia より)という軍服らしい素材。

脱線しながらも手応えを感じたミーティングは無事終了。その日は提案していただいた US ミリタリーの2つの生地を持ち帰った。

京都に戻りカットしてもらった2つの US ミリタリーの生地をテーブルに並べてみた。
色も織も違う生地、組成を確認する為に糸をバラして撚りを戻したり、バラした糸をライターで燃やしてみた。

これは大学時代、古着に凝っていた頃良くやっていた組成の適当な確認方法。
化繊だと燃えかすがダマになったり、粘着する事がある事を思いだした。

生地に水滴を垂らしたくらいじゃ撥水かどうかなんて分からないけど、とりあえずやってみた。翌日確認するとまだ水滴は滲んでいなかった。

どちらの素材も捨てがたく数日悩んだ。そして最終的に選んだのは、、、
RMFB*のオリジナルスタイルに35サマーズ様所有のデッドストックUSミリタリー生地を使用したスペシャルパーカが完成。

RMFB*の特徴的なデザインであるショルダーレザーパッチにはオリーブカラーのカウレザーを使用。この色が憎いくらいに渋くてミリタリーオリーブグリーン(OG-107*)との相性も抜群に良い。
フードは撥水加工されたナイロンタフタ。
ライニングには滑りの良い KF leaf*モチーフのキュプラ素材を使用。

アメリカンミリタリーとウエスタンワークウェアの融合を見事に表現した RMFB Special Parka。
Fox Flannel 同様に、このパーカも皆さんのワードローブに加えていただけたら幸いです。
ご協力いただいた35サマーズ様ありがとうございました。

最後に、このパーカは防水じゃないところが良いと思う。笑

RMFB x KENETH FIELD
Expressly for Arch

*OG-107
1952年から89年まで採用された US ミリタリーにおけるユニフォームの指定色。 Olive Green 107 の略称。因みに US ミリタリーの指定色は1930年代に OD-3(Olive drab-3)が古く、その後 WW2 までの間に OD-7 という指定色が存在する。当時はヘリンボーンツイルの素材で作られたフィールドジャケットやトラウザーがあった。1970年代前半より採用されたポリエステルコットン素材では OG-507 という色番号が表記されている。(一部 Wikipedia より)

*M65
80年代後半頃まで納入された米軍のフィールドジャケット。M1951 型が 9oz の撥水加工されたコットン100%に対して M65 型は60年代後半には撥水加工されたコットンナイロン混紡素材に移行している。初期モデルはアルミジッパー仕様でショルダーループ(エポレット)が無い(一部 Wikipedia より)。混紡素材とは、糸の段階で異素材を撚り合わせている。

*RMFB
カウボーイロープやリュックを背負った時の肩部分の生地ダメージを軽減する為、前見頃から後見頃まで継ぎ目のない一枚革を使用したウエスタンヨーク、フロントの斜めに配置されたジッパー付き胸ポケットやハンドウォーマー付きのフラップポケット等、機能的で使い勝手の良いディテールはカウボーイステイツと呼ばれるワイオミング州で生まれた。前編で注釈したピエール フルニエ氏はきっと、そんなカウボーイの機能的な道具でありユニフォームを当時から愛していたのだと思う。そしてその精神を35サマーズのキンジさんが今に受け継いでいる。

*Vat dyed
現在はコットン100%のミリタリーウェアなど存在しないだろうから使用されているかはわからないが、当時の染色基準では、洗濯を繰り返しても退色しにくい、塩素に比較的に強い等、ミリタリースペックをクリアした染色方法だったのではないかと推測。たまにデッドストックのアメリカ製製品(青、緑、黒色の製品)に VAT DYED のタグやシールが付いていることがある。(一部 Wikipedia より)

*英 Aertex
第二次世界大戦中、イギリスの女性陸軍は制服の一部として Aertex を着用し、極東および中東のすべてのイギリスおよび連邦の陸軍は Aertex のブッシュシャツとジャケットを着用しました。これらのユニフォームは、極東ではジャングルグリーン、中東ではカーキドリルに指定されました。(Wikipedia より)

*KF Leaf
米ロサンゼルスのグラフィックデザイナー Bill Tom 氏による Kenneth Field ロゴデザインのひとつ。草野の名前からイメージして作っていただいた葉っぱマークで、大地に根ざしたブランドという想い?を勝手に受け止めている。

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。
☆ ARCH ONLINE STORE

KF Fox Flannel に合うマウンテンパーカってなんだろう?【前編】

2020.10.23 Friday 18:22:17| Author:admin| Categories:KENNETH FIELD,Rocky Mountain Featherbed

この企画の発端は、約1年前、KENNETH FIELD デザイナー草野氏から届いた一通のメッセージでした、、、。

IMG_6167

IMG_6166

急に思い付いた事は、気持ちが冷めないうちに口から発しておく。

2019年10月。
ふと思い出したのが、あのポスターのあのマンパ*。
早速、現Arch 店長の川上さんにメッセージしてみた。
自分は正直あのマンパの正体がよく理解出来ておらず、なんとなくあのマンパの事を聞いてみた。
そして3社での共同企画を提案してみた。

そして暮れも押し迫る12月。
川上さんより、あのマンパやりませんか?とのメッセージ。

最初に思いついたのは汎用性の高いブラックボディにブラックレザーのシックなカラーコンビネーション。
素材にはベンタイルの2枚重ねなのか?60/40の2枚重ね?はたまたベンタイルの内側に60/40を使うのはどうだろう?
児島の加工屋さんで見たレーザー加工でKFリーフ柄を浮き上がらせる手法もあるなあ?ブラックベンタイルにブラックのKFリーフ、なかなか良さそうだ。。

年が明けて2月初旬。
Arch 代表の山内さん*より、
浅草橋へのお誘いのメッセージが入った。これは35サマーズのキンジさん*含めてのミーティングが実現するタイミング。

そして10日後、3社共同企画のマンパを現実のモノにする為、様々な妄想を膨らませながら浅草橋に向かった。

この企画は札幌と東京に店舗を持つArchとArch Heritage のお客様へ、『コーディネート提案できる逸品を作りたい』、そして秋冬なら『Fox Flannel やFox Tweedに合わせて着たいマウンテンパーカ』がテーマだった。

35サマーズのキンジさん*に概要を話すと、ブラックのマンパ~?
ベンタイル~?そんなのだったらさ~という感じでこんな生地もあるし、これ使ってみるか~?
次から次へと提案素材がでてくる。このナイロン素材だとあんな感じに仕上がるし、あの素材だとアレだよなあ、なんて現実と妄想を頭の中で整理しながらも、隣ではArch 代表の山内さん*が素材のひとつひとつを慎重に吟味している。

キンジさん*はグレーフランネルとかグレンチェックのトラウザーならこんな感じのコーディネート?
と今回の企画の肝になる部分をちゃんと押さえていた。
要は経験をアイデアに変換する方法論が確立されているから、この企画に敷くレールと先にある終着点まで決まっていたような気がした。が、話しは脱線しまくった。(笑)
ミーティングの途中、何故かアナトミカ京都店店長*に任命されたり、インドの泣きのマドラスチェック*の話など脱線しながらも徐々に終着点に向かっている感じがしていた。

<続く>

*あのポスターのあのマンパ
ピエール フルニエ氏がディレクションしていたGLOBEというショップのポスター。きっとセレクトショップのはしりだったんでしょうね、オーセンティックなアメリカンブランドのロゴやアイテムの中にあったウエスタンヨークのマウンテンパーカがそれでした。要は当時のアメリカかぶれのフランス人だったという事だけど、このポスターの呪縛にかかった業界人は多かった筈。

*キンジさん
35サマーズ代表、寺本欣児氏。アナトミカ、ロッキーマウンテン、ビッグヤンクなど様々なブランドを主宰する。あくなき追求とファッションビジネスのセンスは業界一。ヴィンテージウェアの収集家でもあり著書【5536 DEEP INSIDE OF NAVY BLUE】は即完売。

*山内さん
ミサンガインターナショナル代表、山内 公史氏。ブランドの本質を見極める目が素晴らしい。アナトミカ札幌のほか、札幌と東京・浅草橋にArchを構える。昨今のフレンチヴィンテージブームはこの方の影響大。

*アナトミカ京都店店長
草野、京都はどうなの~?お前が週3日くらい店長やれるだろうってサラッと任命されたので、サラッと二つ返事で返しておいた。

*インドの泣きのマドラスチェック
久々に聞いた『泣きのマドラス』というフレーズ。染料、染色技術の問題だったのか?90年代初頭まで販売されていた、おおよそマドラスチェックと呼ばれていたシャツ生地は、洗濯すると色が滲んでチェック柄の色が移染し全体に変色していく様をこのように呼んでいた。洗濯後の外干し日焼けによる色の変化も甚だしかった。ただし、これこそがインディアンマドラスだ、という方も少なくない。

ARCH ONLINE STORE

ALDEN / TRUNK SHOW

2020.10.22 Thursday 20:38:53| Author:admin| Categories:ALDEN,News!!

IMG_6057

いよいよ明日から開催します【ALDEN TRUNK SHOW】

このタイミングで、ALDENオリジナルベルトが入荷しました。

HORWEEN社の最高グレードのシェルコードヴァンを使用している”DRESS BELT”

ALDENのシューズと同様の素材を用いた贅沢な一本です。

IMG_6062

IMG_6065

コードヴァンレザーは、形状記憶に優れた素材であり、身体にフィットするべきベルトの素材としては、最適な素材でしょう。

使い込んでいく事で、レザーが馴染み自分の身体の形状にフィットしてきます。

コードヴァン特有の艶感と上質さは、ドレスベルトとして相応しい面構えです。

IMG_6063

IMG_6064

DSC06046

DSC06047
COLOR #8
SIZE 30 / 32 / 34 / 36
BUCKLE WIDTH 32mm
PRICE ¥45,000+TAX

カラーは、コードヴァンレザー定番の”#8とBLACK”の2色展開となっています。

IMG_6053

IMG_6061

DSC06033
COLOR BLACK
SIZE 30 / 32 / 34 / 36
BUCKLE WIDTH 32mm
PRICE ¥45,000+TAX

ポリッシュ仕上げのニッケルバックルとコードヴァンレザーが相まり、トラウザーズとの相方が抜群な一本です。

勿論、カジュアルにも最適ですので、ミリタリーパンツやジーパンと合わせても◎

コードヴァンのALDENをお持ちの方には、必須アイテムではないしょうか。

明日からのALDEN TRUNK SHOWにて発売しますので、是非合わせてご覧になってください。

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。
ARCH ONLINE STORE

 

DSC06122

DSC06105

DSC06106

DSC06103

DSC06110

DSC06113

DSC06130

DSC06119

DSC06126

DSC06127

DSC06129

DSC06107

DSC06117

DSC06132

DSC06120

DSC06108

DSC06134

DSC06112

写真は、ラインナップの一部となっておりますが、約40種類のALDENが店頭に並んでおります。

ここまでのラインナップを一挙に見れる機会はそうそうないと思います。

是非、この貴重な機会にご覧になってください。

最後にイベント のご案内です。

10月29日から11月4日の期間、京都 新風館にてARCHのPOP UP STOREを開催します。

スクリーンショット 2020-10-22 20.23.36

スクリーンショット 2020-10-22 20.22.04
 rdv o Kyoto 
2020 10/29(THU)〜11/4(WED)
@ 京都 新風館

“rdv o Kyoto “ ランデヴー オー 京都
キョウトデ アイマショウ
と題した合同イベントを上記期間限定で開催します。

参加ブランド
rdv o globe
KENNETH FIELD
NORTH WORKS
AMIACALVA
VEKT
ARCH

各ブランドのコレクション、ショップオリジナル、ヴィンテージアイテムを一同に集めたポップアップショップとなります。

各ブランドのデザイナーさん達も期間中、在中しております。

ARCHからは、僕宅見、東京店・原が店頭におります。

ご来場されたお客様には、先着順にノベルティをご用意いたします。

ARCHとして、関西地区でのイベント は初です。

皆様に、京都でお会いで出来るのを楽しみにしております。

ARCH  宅見

ALDEN

2020.10.21 Wednesday 21:59:33| Author:admin| Categories:ALDEN

今日は、23日(金)から開催の【 ALDEN TRUNK SHOW 】を前に、タイミング良くサイズが揃って入荷したモデルを2型ご紹介したいと思います。

【 45960H PLAIN TOE BOOT 】
IMG_5915
Last / 379X
Material / Chromexcel
Color / Brown
Outsole / Super Cushion
Price ¥97,000+tax

まずは、足に問題を抱えた兵士の為に考案され、オーソペディックシューズ(矯正靴)の要素を持つ木型である “379X(通称ミリタリーラスト)” を用いた 6インチプレートゥブーツ。

適度にゆとりを持たせた丸みのあるつま先に、土踏まずの程よいシェイプ、しっかりと踵をホールドする小さめのヒールカップ。

履き心地の良さはもちろんのこと、人間の足の形状に沿うように設計された木型からは、機能美を感じることができる1足です。

IMG_5890

アッパーには、オイルレザー特有の深みある質感が魅力的な、ホーウィン社のクロームエクセルレザーを採用。

耐久性がありながらも柔らかく、尚且つ水濡れにも強いので、とても扱いやすいレザーです。

IMG_5884

扱いやすさに加えて、素晴らしい経年変化もこのレザーの魅力。

ポリッシュすると上品な光沢が生まれ、コードヴァンに勝るとも劣らない、味わい深い表情が楽しめます。

IMG_5919

アウトソールは、水に浮くほどの軽さが特徴のスーパークッションソールを採用。

軽快な履き心地は、ブーツでありながらまるでスニーカーのようです。

今回はサイズ5(23cm)から10(28cm)まで、幅広いサイズをご用意できました。

1足目のオールデンとしてもオススメのモデルですので、ぜひこのタイミングでご覧になってみて下さい。

【 9928 ALGONQUIN BOOT 】IMG_5871
Last / Barrie
Material / Calf
Color / Hunter Brown
Outsole / Double Oiled Leather
Price ¥98,000+tax

こちらは、通称V-TIPと呼ばれる「ALGONQUIN(アルガンコン)」のデザインを採用した9アイレットブーツ。

2015年にリリースされて話題を呼んだ “MICHIGAN BOOT” 以来、約5年振りとなるALDENの新作モデルとなります。

IMG_5855

木型にはボリュームのあるバリーラストを採用することで、ブーツらしい重厚感のある雰囲気に。

ゆったりとした履き心地とV-TIPならではのシャープなトゥの組み合わせが絶妙にマッチしています。

IMG_5845

アッパーは、ハンターブラウンカラーのきめ細やかなカーフを採用。

US ARMYのサービスシューズを彷彿とさせる明るめのブラウンは、軍パンやデニムとの相性が抜群です。

IMG_5847

これからの季節はフランネルやツイードのトラウザーズとも合わせたいですね。

また、トゥのV-TIP部分には通常のステッチと並ぶようにヘビー(太糸)ステッチが施されており、 とても存在感のある表情となっているのも特徴です。

IMG_5851

アウトソールは、水濡れに強いタフさを持ちながらも柔軟性に優れるウォーターロックソールを2枚重ねた「ダブルオイルドレザー」を採用しており、天候を選ばないのも魅力。

昨日ご紹介したコードヴァンレザーを用いたモデルも素晴らしいですが、今日ご紹介した2型のように「タフさと上品さ」を兼ね備えたカーフレザーのブーツ類もALDENらしさを存分に味わえるモデルとしておススメです。

ぜひ、店頭でご試着してみて下さい。

ARCH  川上

121738204_385484225956329_938071954461504878_n
ALDEN TRUNK SHOW
2020.10.23(fri) – 25(sun)

今週末 、10月23日(金)から25日(日)の3日間、「ALDEN TRUNK SHOW」を開催致します。

ALDEN正規輸入代理店・LAKOTAご協力のもと、普段ARCHでは展開していないモデルを集め、約40種類と圧巻のラインナップをご覧頂けます。

MICHIGAN BOOT以来、5年振りの新作となる「ALGONQUIN BOOT」や久しぶりに入荷したコードバンの定番モデル、ARCHでは初展開となるコードバンを使用した純正ベルトなども一挙にお披露目致します。

ぜひこの機会にご来店下さいませ。