防寒用?スタイルとして?

Share
this article

皆様、こんばんはARCH米村屋の大手です。

僕が所有しているヴィンテージでとても大切にしているアイテムがあります。

1940’s US NAVY WATCH CAP。

この年代のワッチキャップは生地の良さと形の良さが他の年代の物とは違い僕は別格だと思います。このアイテムをどうしても店頭に置きたいと懇願し製作したというのが経緯です。

かれこれワッチキャップを求めて5年くらい経ちますが6個は家にありますね。しかも同じ色のネイビー。僕は冬のスタイルで欠かせないのがワッチキャップ。

高倉健さんが被っていたりアルパチーノが映画で被っていたりと”男らしいアイテムの一つ”として目にすることが多く、手元にあるべきアイテムの一つではないでしょうか。実は一番影響を受けたのは弊社代表山内が冬によく被っている姿に影響を受けたというのが正直なところ。僕は冬に違う帽子を被っていても鞄に常にワッチキャップを忍ばせ、気分ですぐ被られるように肌身離さず所持しています。。。笑

元々海軍の見張る監視するという意味からウォッチキャップが起源といわれています。冬の甲板上での見張り、作業時に用いられるウール素材のワッチキャップ。40年代のワッチキャップは平で編まれた段編みニットのトップをベースボールキャップのキャップ部分の6個のパーツのように裁断し縫い合わせたあとにサイドを縫い合わせられている仕様になっています。と仕様に関してはまた後日に….

僕の中では防寒用?スタイルとして?どちらかというと後者の方が優先していますが、もちろん防寒用としても冬の身に付けるアイテムとして欠かせない存在になっている事は間違いありません。

映画 カッコーの巣の上で / ジャック・ニコルソン

これは事務所にある弊社代表山内のデスクの上に飾られている不屈の名作、”カッコーの巣の上で”映画のジャケット。この映画は感動しました。内容はもちろんですが、、、着こなしや仕草。タバコを袖を捲ったTシャツに隠したり、シャンブレーシャツのボタンを全て開けた着方、A-2からシャツの襟の出た感じ(自然な感じが本当にかっこいいです)。そして自分にはお手本となるようなワッチキャップのスタイル。A-2レザージャケットにシャンブレーシャツ、ジーンズにアイリッシュセッター。そしてワッチキャップ。僕の中ではワッチキャップの存在感をとても印象付けるスタイルです。と映画の話が長くなりそうなのでこの辺で。

話は戻りますが、本題です。いよいよ12/1(金)より僕達が”追い求めていたワッチキャップ&……….??”をMSG&SONSよりリリースします。

God is in the details 「神は細部に宿る」この言葉がふさわしいアイテムが完成しました。僕が大事にしていたヴィンテージのワッチキャップは約1年半くらい放浪していました。苦笑(サンプルとして)長い間旅をしていましたが、無事に帰還。ただ今はヴィンテージよりも完成したワッチキャップを被ることが圧倒的に多いです。平たく言うと形良し、生地良し、そして温かくウール特有のチクチク感がないです。

詳細はまた後日紹介します。是非、お楽しみに!

つづく….

ARCH米村屋 大手

通信販売も承っております。こちらARCH ONLINE SHOPのリンクよりご購入頂けます。