OG107 Utility Pants

Share
this article

” OG 107 Utility Pants ”

今回入荷したVintage は1950年代から1970年代にかけUS ARMYに支給されていた官給品で”OG107 Utility Pants”(通称Baker Pants)と言われています。OGはオリーブグリーンの頭文字と米軍のカラーコード107からOG107と言われています。当時は作業用のパンツとして戦闘以外の作業の際に着用していたことからユーティリティーパンツと呼ばれていました。シンプルなデザインは製作されてからはほとんどディテールの変更されていません。HBT(ヘリンボーンツイル)より耐久性のある生地でかつ軽量というのでサテン生地に変更された背景があります。

ユーティリティーパンツは1950年代に生産されウエストアジャスター付きのモデルが初期型のモデルとなります。

ダブルステッチの縫製の仕様で生地は粗めのコットンサテン素材です。

ボタンはシンプルな平ボタンでフロントはボタンフライの仕様。アウトシームはダブルステッチの巻き縫い。サイズ表記はステンシルでSMALL,MEDIUM,LARGEの表記になります。画像では見えにくいですがMEDIUMの表記がうっすらと残っています。

1950年代から1960年代のOG107、シルエットも様々でテーパードされている型やストレートの型とまちまちです。

1970年代頃のモデルはインシームの仕様に変更されています。

1963年以降のモデルは全てインチ表記に変更されタグが縫い付けられています。ボタンもこの頃からUFO型ボタンへと変更されています。

1970年頃にはフロントジップの仕様に変更され生地感も50~60年代の頃の生地よりもソフトな生地感となっています。

1970年代頃のこちらのOG107はストレートのシルエットとなります。

冒頭にもありますが、大きくディテールの変更はないものの細かな所が変更され時代背景も関わっているのが年代によって推測出来るのも面白いです。

ベイカーパンツという名称の元ネタとなるのが、FOOD HANDLERS(食品取扱者)と言われるアメリカ軍のコックや給仕係が使用していたパンツです。ワークパンツの一種としてパン職人が履いていたことでベイカーパンツと呼ばれています。当時は幅広い分野の人が作業用として履いていたパンツ。現代では様々なブランドも元ネタとして製作していますが、今回入荷の”OG107 Utility Pants”はVintageであるからこその雰囲気を楽しめる一着です。サイズも24インチ〜36インチくらいまでご用意がございます。

是非、お気に入りの一本を探しにご来店下さいませ。

Arch米村屋 大手