"> VINTAGE Barbour | ARCH アーチ - Sapporo / Tokyo

VINTAGE Barbour

Share
this article

イギリス北東部にあるサウスシールズにて1894年創業のBarbour。

後にイギリスのトラディッショナルスタイルと言われるほど知名度のあるワックスドジャケットを作ったのは、ジョン・バブアーでした。

帆船の帆に使われるコットンキャンバスに、常温中では固体になるワックスを含ませ、耐久性と防風性、難燃性を持たせた生地は、当時画期的な素材でした。

過酷な北海の漁師の身を守るため、英国貴族の狩猟や釣りの身嗜みとして、モーターサイクルレースの競技服として、英国の洋服の歴史においてこれほどまでに密接に絡んだ洋服は他にないのではないでしょうか。

ARCHとしても同じように秋〜冬のスタイルとして提案しているBarbourのワックスドジャケットのスタイル。

イギリス製のVINTAGE Barbourがまとまって入荷致しました。

どうやら現行品のBarbourは、BEDALEのみで中でも限られたものしか英国製ではないそう。

流行に左右されず、リペアとリプルーフを繰り返すことで長く着ることのできるBarbourは、自分の納得のいく1着が欲しいですよね。

COAT : Barbour “BEDALE”

JACKET & KNIT : forme D’expression

PANTS : MSG&SONS “CONE MILLS BLACK DENIM”

SHOES : ALDEN “PENNY LOAFER”

1980年前後に発売された比較的新しいモデルのBEDALE。

日本人にとって馴染みが深いモデルながら、実は他モデルに比べて歴史が浅いのです。

袖口にリブがついており、着丈が短いため自転車やバイクに乗る人にはぜひおすすめのモデルです。

写真では街着仕様にアップデートされたいわゆる後期型のBEDALEですが、実は前期型のBEDALEも店頭に、、

ぜひ店頭にてご覧くださいませ。

COAT : Barbour “BEAUFORT”

JACKET : OLD TOWN “STANLEY”

PANTS : BONCOURA “66”

SHOES : ALDEN “PLANE-TOE OX”

BEDALEより着丈がやや長いBEAUFORT。

中にツイードジャケットやワークジャケットを着込んでも、カラーニットやシャツを着た上にさらっと着てもシルエットが変わらないラグランスリーブは、気温差が激しい今の時期に最適な仕様なのではないでしょうか。

Barbourのスタンダードモデルに採用される6ozのワックスドコットン。

柔らかな着心地ながらもアタリと経年による色の変化は、VINTAGE Barbourならではの楽しみです。

COAT : Barbour “GAMEFAIR 1 CROWN with LINER”

KNIT : Ce forsyth “SHAGGY DOG SWEATER”

PANTS : rdv o globe “GILLES PA.”

SHOES : Alden “PLANE-TOE OX”


COAT : Barbour “GAMEFAIR”

JACKET : OLD TOWN “MARSHALLSEA”

PANTS : OLD TOWN “PLAINS”

1960年代ごろのBarbourのカタログにはすでに掲載されていたロングセラーモデル”GAMEFAIR”。

当時のカタログにはシューティング(ハンティング)やフィッシング用の防水ジャケットとしてセールスされていました。

特にライナーが付属しているVINTAGE Barbourはなかなか珍しいのではないでしょうか。

当時のVINTAGE ライナーが付属し、1CrestのGAMEFAIRならではのAERO製丸ジップ、様々に仕様が異なるBarbourだからこそ色々比べながら探すのが楽しいのです。

ここでは紹介しきれないほどのBarbourが店頭に並んでいます。

英国が誇る歴史的権威のあるワックスドジャケットBarbour。

せっかく長く着るのであれば、自分の納得のいくモデルでイギリス製のBarbourがいいですよね。

ぜひ店頭にてご覧ください。

Arch 小村