Blog from ArchStyle » blog_top|archstyle|Arch アーチ

OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR

2018.07.15 Sunday 18:08:49| Author:admin| Categories:OUTIL,Vintage

昨日より開催しております、《OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR》

OUTILとコラボレーションして制作した別注コートは、早速ご好評を頂いております。
フランスから届いたばかりの新鮮なヴィンテージも、やはりスペシャルなアイテムから姿を消していってます…

まだまだ一点物のヴィンテージが眠っていますので、お早めにご覧になってください。

そして、今回は普段ARCHに展開のないOUTILのコレクションが幅広いラインナップで店頭に揃っています。

メンズに加えてレディースのアイテムも揃っています。メンズショップなので中々入りづらいかもしれませんが笑

この機会に是非ARCHへ足を運んでみてください。

スクリーンショット 2018-07-15 18.02.25

スクリーンショット 2018-07-15 18.02.34
_DSC0159
_DSC0179
_DSC0188
_DSC0168

_DSC0263
_DSC0258
_DSC0206
_DSC0200
_DSC0124
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ARCH 宅見

GENRE FARMERS POCKET BAG

2018.07.13 Friday 20:56:11| Author:admin| Categories:OUTIL,Vintage

3ecd63033e310bb4131e0dacde56af4b-radium-girls-amateur-radio-e1524834651930

姉妹店GENREには、お店の中にオリジナルの洋服やお直しができる工場があります。

ヨーロッパヴィンテージを扱うGENREにとって、同じ空間に物作りができる場所があるのは必然的であり他にはない唯一無二の空間です。

1900年代前半までのヨーロッパの洋服作りは、殆どが手作業によるものでした。

当時の洋服作りを現代に。

そんな想いから生まれた工場は、作り手である西田さんがヴィンテージのファブリック等を使いパターンから生地のカット、縫製・ボタン付けまで全ての工程を手作業で行っています。

まるで1900年代前半のヨーロッパの洋服作りと全く同じ手法で洋服を生み出しています。

そんな、GENREのオリジナル第4弾が完成しました。

56227654-e1531296017788-1

”FARMERS POCKET BAG”

フランスの農夫が作業の際に腰に巻きつけてポケットにしていたヴィンテージをソースに、普段のスタイルでも取り入れられるバックを制作しました。

こちらのバックは、明日から開催します、《OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR》のイベントにてARCHでも発売致します。

DSC_1946-e1531296461541-1《資料商品》

ヴィンテージの物は、二つのポケットが付属しておりこれを腰に巻きつけて農作業を行っていました。

このディテールのままに、ポケットを一つにしてショルダーバックとして使えるオリジナルに昇華しています。

_DSC1846COLOR BLACK
PRICE ¥12,800+TAX

_DSC1853
_DSC0153

容量は、写真の様に手帳、細布、携帯などを入れてもまだ余裕があります。
男性なら特にそうかと思いますが、荷物をあまり持たないがカバンは必要という方にこそ普段使いとして重宝する丁度よいサイズ感です。

何よりも、このバックが生まれている背景にグッときます。

_DSC0132
_DSC0147
DSC_2073-e1531296590478 GENRE 西田
DSC_1926-e1531297314943GENRE 山本

男女問わずに愛用できる汎用性の高さと、ジャケットやコートの中に仕舞い込める利便性。

洋服の邪魔にならない機能的なデザイン。

是非、届いたばかりのFRENCH VINTAGEと一緒にご覧になって頂きたいです。

明日のイベント準備も着々と進めんでおります。

OUTILのラインナップは、メンズ・レディース含めて豊富な品揃えになっております。
女性の方も是非足を運んでみてください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 
_DSC0152
_DSC0154

IMG_2778
_DSC0130
_DSC0140
_DSC0137

ARCH 宅見

French Vintage From France

2018.07.12 Thursday 22:04:44| Author:admin| Categories:OUTIL,Vintage

フランスにて買い付けてきたVITNAGEアイテムが札幌に到着しました。

いつも厳選されたヴィンテージウェアーがお店に到着すると、初めて海外出張にいった時の事を思い出します。

自分達の足で見つけたモノ、偶然の出会いから見つかったモノ、交渉して手に入れたモノ…
様々な思いて見つけたヴィンテージウェアーは、全て輝いてみえるし色々な思い出が詰まっています。

初めてバイイングしたヴィンテージウェアーは、今でも忘れられません。
ヴィンテージを着用する行為は、その当時の歴史を購入するのに近い感覚だと思っています。

今回も、良質なヴィンテージが揃っています。

_DSC0162
_DSC0179
_DSC0177
_DSC0176
_DSC0186
_DSC0169
_DSC0167
_DSC0182
_DSC0171
久々にフランス軍のモーターサイクルコートがデッドストックで見つかりました。
定番のモールスキンジャケットから、今回はブラックモールスキンも多く入荷しています。

そして、ブルー・ブラックインディゴリネンのワークパンツが数本…初めて目にしました。
ドイツ軍のセーラーシャツや、フランス軍のジャケット、ワーク・ミリタリーと様々なウェアーが揃っています。

写真は入荷した物の一部なので、随時ブログ等で紹介していきます。

明後日からのイベントにてお披露目しますので、楽しみにしていてください。

そして…
OUTILデザイナー宇多氏がフランスで見つけた、フランス海軍の食器等もイベント期間中限定で店頭に並びます。
アンカーマークが刻印されたデッドストックの食器は必見です。

是非ご覧になってみてください。

スクリーンショット 2018-07-12 21.58.22
ARCH 宅見

OUTIL INDIGO DYED COQUELLES ARCH EXCLUSIVE

2018.07.10 Tuesday 19:30:18| Author:admin| Categories:OUTIL

日本が誇る伝統技術”藍染”

江戸時代から続くその手法は今でも受け継がれており、天然染料のみで染めた純粋な藍染めは鮮やかでいて美しいです。
そんな伝統技術も、職人の減少や需要の問題で限られた地域でしか行えないのが現状です。

古くから藍の染料は、防臭・防虫などの機能的な面を持った染料です。
フランスと日本でインディゴ(藍)という染料が必要だったのは、現代のような便利な技術がなかったからこそでないでいしょうか。

そんな伝統的な染料を使い、OUTILとのコラボレーションアイテムを制作しました。

_DSC1650
_DSC1649
_DSC1652
OUTILオリジナルファブリックに、インディゴで染めた生地は、ヌメ感とムラ感のある独特の生地に。

本来、染色を施す前に色が入りやすいように生地を加工してから染めるのが一般的ですが、OUTILではその工程を敢えてしていません。
そうする事で、染まり方にムラが生じ、何年も着込んだかのような掠れた素材感になっています。

FRENCH VINTAGEを主体とするARCHらしい素材をイメージしてこの素材を選んだとはデザイナーの宇多氏。

まさに、何年も年を重ね着込まれたFRENCH VINTAGEを彷彿とさせます。


_DSC1472

型は、2018AWの新型となるダブルブレステッドのコート”COQUELLES”に落とし込みました。
フレンチワークに見られるコックジャケットのデザインを思わせながらも、随所にミリタリーの要素も垣間見えるOUTILらしい一型。

ゆったりとしたシルエットが最大の魅力ですが、少しだけ裾を絞りオーバーサイズに見えないパターンにしているのも特徴です。

_DSC1486

_DSC1787
_DSC1778
非常に軽い生地感なのと、薄く染められたインディゴブルーが相まり、今時期でも間違いなく重宝します。
勿論、春・秋とライトアウターとしても出番は多い生地です。

_DSC1613

_DSC1610
古いフランスの洋服に見られる簡略化された袖付けのディテールは、型が落ちるようなシルエットになっています。

このディテールが、個人的に非常に気に入っている部分の一つです。
独特のドレープ感を生むシルエットは、ストレスのない気心地を生み出します。

_DSC1462
_DSC1470
やり過ぎていない程よいボリューム感と着丈のバランスの良さ。
シャツジャケットの様に羽織れるのも魅力の一つです。

_DSC0597
COLOR INDIGO
SIZE 0 / 1 / 2 / 3 / 4
PRICE ¥48,000+TAX
※0・1 はレディースサイズとなっております。

語りたい事はまだまだ沢山ありますが、それは今週末のイベントにてお話しさせてください。

まずは、実際に着用して頂き伝統的な藍の美しさと、OUTILの拘りをこの洋服から感じて欲しいです。

7/14からのイベント初日から発売開始となります。

ARCH 宅見

ARCH TOKYO BLOG 開設のお知らせ

2018.07.9 Monday 20:02:22| Author:admin| Categories:未分類

いつもブログをご覧の皆様、こんにちは。
もうすでにご存知の方が多いとは思いますが、札幌で15年目を迎えたARCHはこの度、浅草エリアにてARCH TOKYOをオープン致しました。
屋形船が窓から見えるARCH TOKYOは札幌とはまた違った雰囲気を味わっていただけるのではないでしょうか。
そのARCH TOKYOのブログが開設しましたので、ご紹介いたします。
まだ行ったことのない方は是非、足を運んでみて下さい。

IMG_8616-e1530955937834-300x300

2
http://archstyle.tv/tokyo/

ARCH スタッフ一同

OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR

2018.07.8 Sunday 20:29:26| Author:admin| Categories:OUTIL

フランス語で、道具を意味する”OUTIL”

着る人の道具となって欲しいという想いから冠されたブランドネームには、デザイナー宇多氏の想いと洋服への強い拘りを感じます。

フランスと日本の古き良き素材や染色を探求して生まれる素材にこそOUTILの魅力が隠れされていると思います。

1900年代前半のフレンチヴィンテージを、現代に具現化したかの様な圧倒的な存在感がある洋服。

PARISからバスク地方、南フランスなど様々な地域に自ら足を運び、その場所にしか残っていない文化や伝統に着目し、その場所でしか出来ない手法でコレクションに落とし込んでいます。

最新の素材が注目されいてる世の中で、その流れに逆行しているOUTILの洋服造りにはいつも驚かされます。

ARCHもオープン当初からヨーロッパ特にFRENCH VINTAGEを提案し続けてきました。

フランスという共通点があるOUTILと、今回共同でスペシャルアイテムを制作しました。

_DSC1472
スクリーンショット 2018-07-08 19.57.27

OUTIL が得意とする本藍染めを用いて、2018AWにリリース予定の新型のコートに落とし込み制作しました。

詳細は、後日ブログにて紹介します。

そして…
タイミングよくフランスから新鮮なFRENCH VINTAGEが届きました。

OUTILとの別注アイテム、届いたばかりのFRENCH VINTAGEを同時にお披露目するスペシャルイベントを今週末7/14から開催します。

スクリーンショット 2018-07-07 15.46.26

OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIR 
2018 7/14(SAT),7/15(SUN),7/16(MON)
ARCH SAPPORO&TOKYO

OUTIL×FRENCH VINTAGE FAIRは、ARCH SAPPOROと TOKYOの同時開催となります。
イベント期間中は、デザイナー宇多氏もARCH TOKYOの店舗に立って頂き皆様をお迎えします。

イベント期間中は、普段展開していないモデルとレディースのモデルも多数店頭に並ぶ予定です。
FRENCH VINTAGEと一緒にフランスの空気感を味わってください。

詳細は、ブログ・インスタグラムで紹介していきますので乞うご期待!

ARCH 宅見

1920′s Belgium Linen Coal Mine Jacket&Pants

2018.07.5 Thursday 21:03:10| Author:admin| Categories:Vintage

24132e3b-601e-4486-ac99-9befe0e00f64

ヨーロッパで、18世紀から19世紀にかけて起こった産業革命。
鉄道や蒸気船の開発によって、そのエネルギー源である石炭が当時必要不可欠でした。

ベルギーの世界遺産としても知られる”ワロン地方の鉱山”は、当時ベルギーで最も炭鉱が栄えていた地域であり、その石炭を掘り起こす炭坑夫(COLE MINE)達の存在は欠かせなかったはずです。

そんな彼らが1920年代に、実際に着用していたワークウェアーが、デッドストックの状態で見つかりました。

_DSC0873

_DSC0917
_DSC0921

_DSC0926

スタンドカラー、2つボタンのディテールが非常にシンプルな作りのワークジャケット。

かがんだりする事の多い炭坑夫の仕事にとって、裾が開くようにボタンは敢えて2つだけになっており、ポケットは内側に2つ大きく装備されています。

機能から生まれているこの簡素的なディテールにこそ、当時の時代背景が隠されているのではないでしょうか。

そして、1900年代初頭にヨーロッパで流通していた肉厚なリネンファブリックは重厚感があります。

このファブリックだけでも魅力を感じますし、中々お目にかかれない代物です。

【1920′s Belgium Coal Mine Jacket】
IMG_2436COLOR INDIGO
SIZE 50 / 52 / 54
PRICE ¥68,000+TAX

_DSC1211
_DSC1207
_DSC0912

この手のスタンドカラーのジャケットは、カーディガンの様に気軽に羽織れるのが一番の良さです。

カットソーにジーンズくらいのラフな装いにこそ一役買うアイテムだと思います。

【1920′s Belgium Coal Mine Pants】
_DSC1087COLOR INDIGO
SIZE 50 / 52 / 54
PRICE ¥38,000+TAX

_DSC1095
同素材のワークパンツも非常に面白いディテールを備えた一本です。

この年代のヨーロッパのワークパンツには、尾錠だけが付くのが主流です。
ですが、尾錠+ベルトループが付いたディテールになっています。

当時のアメリカのワークパンツに見られるこのディテールに、様々な妄想が膨らみます。

アメリカからの移民が考案したのか?
イギリスのトラウザーズからの派生なのか?

こういった妄想が膨らむのも、ヴィンテージアイテムならではではないでしょうか。

ARCH 宅見

生涯のパートナー / BONCOURA

2018.07.3 Tuesday 18:38:13| Author:admin| Categories:BONCOURA

Archの絶対的アイテム、5 POCKET JEANS “BONCOURA”
本日は改めてBONCOURA JEANSの定番3モデルをご紹介いたします。

<BONCOURA JEANS EISING>
DSC0157

DSC2947

DSC2949

Archにはなくてはならない定番的位置付けのBONCOURA JEANS。
1枚目の写真はスタッフが履き込んで、濃紺から色落ちしたもので、とても表情豊かになっています。
糸の紡績からこだわり、オリジナルで開発された生地は14.5OZの厚みがあり、US VINTAGEにも負けない存在感。
昭和20年代の旧式の力織機でゆっくりと仕上げられた生地はザラ感と毛羽立ちが生まれます。

現在、ほとんどのジーンズが縫製する糸をコットンとポリエステルの混紡糸にする中、コットン100%の糸を使用するこだわりよう。
ステッチの番手や色を縫う箇所によって変えており、そういった部分に男心をくすぐられます。

既にご存知の方も多いとは思いますが、モデルは3型ご用意しております。
先ずは3型の中で一番太く、ストレートシルエットのXX(ダブルエックス)。

<XX MODEL>
_DSC1039

_DSC1044 SIZE 27/28/29/30/31/32/33/34/36/38inch
PRICE 27〜34inch ¥28,000+TAX
36,38inch ¥30,000+TAX

腰回りからストレートに落ちているシルエットは、無骨でアメリカらしく、先ず初めに、迷ったらこのモデルをお勧めしたいです。
こちらは僕、上田自身が約1年ほど愛用しているものです。
僕自身、どのモデルにしようか迷っていたので一本目に購入しました。笑
日常的に気兼ねなく履け、潔い太さが魅力的であり、どんな方でも履きやすい一本です。

次にご紹介するのは66(ロクロク)。

<66 MODEL>
DSC2918
DSC2925 SIZE 27/28/29/30/31/32/33/34/36/38inch
PRICE 27〜34inch ¥28,000+TAX
36,38inch ¥30,000+TAX

スタッフ宅見が約5年愛用している66 MODEL。
3型の中で一番細身のタイプで裾にかけてテーパードがかった綺麗なシルエットが特徴的です。
細身のシルエットなのでシャツやジャケット、タイドアップなどに合わせて小綺麗にまとめても◎。
普段細身のデニムなどを履かれる方はもちろん、これから挑戦したい方などにもオススメのジーンズです。

最後にご紹介するのはCHINCH BACK(シンチバック)。

<CINCH BACK MODEL>
DSC29161
DSC2921 SIZE 27/28/29/30/31/32/33/34/36/38inch
PRICE 27〜34inch ¥30,000+TAX
36,38inch ¥32,000+TAX

CINCH BACK MODELは名前の通り、後ろに尾錠がついたものになります。
XX MODELと66 MODELの中間的シルエットなり、程よく裾にかけてゆったりとテーパードが効いたシルエット。
アメリカの40′s以前にみられる針刺しタイプをオリジナルで製作しており、綺麗なシルエットに落とし込まれた一本になります。

膨大な数のビンテージを見てきたデザイナー森島氏だからこそここまで拘り、作り上げられるのではないでしょうか。
日本人の体型に合わせて設計されたジーンズは、洗い、縮みが起きた後でも綺麗なシルエットを保ち、履くことができます。

そのBONCOURAからデニム用洗剤が発売されます。

<BONCOURA JABJAB>
_DSC0837 12.03.57 PRICE¥3,200+TAX

デニムの汚れは落としたいけど色落ちが、、、と気になる方も多いのではないでしょうか。
BONCOURA JABJABは2年の歳月を費やし、数百回に及ぶ試作を重ねて出来上がった洗剤です。
汚れはしっかりと落とし、色は極力落とさない、インディゴを生かす洗剤になります。
デニムはもちろんですが、色落ちさせたくない衣類にも使用可能なのが嬉しいところです。
7/7全国一斉発売になります。

洗剤のご紹介も交えましたが、BONCOURAのJEANSは自分と共に年を重ねていき、経年変化が楽しめるジーンズで、生涯のパートナーと呼ぶにふさわしい一本。
是非一度足を通してみてください。

ARCH 上田