Blog from ArchStyle » blog_top|archstyle|Arch アーチ

MOJITO / ABSHINTH SHIRT “Dylan Dot”

2020.09.16 Wednesday 21:40:16| Author:admin| Categories:MOJITO

bob-6

bob-07

bob-07

bob-03

bob-04

bob-1

Bob Dylan(ボブ・ディラン)

「風に吹かれて」「ライク・ア・ローリング・ストーン」「天国への扉」など、数々の名曲を残している、言わずと知れたフォークロックミュージシャン。

dot-blk

今シーズン、MOJITOからリリースされている “Dylan Dot” と名付けられたアブサンシャツは、その名の通りボブ・ディランが着ていたドットのシャツがモチーフとなった1枚です。

デザイナーの山下氏が、以前から好きでよく聴いているというボブ・ディラン。

ファッションという観点から彼を見たときに、若い頃から近年までよく着用しているアイテムがドッドのシャツという事で、いつか形にしたいと思っていたそうなのですが「MOJITO = アーネスト・ヘミングウェイ」という縛りがあるために、実現には至っていなかったそう。

ボブ・ディランとアーネスト・ヘミングウェイ、、、つながりの無いように思える2人ですが、2016年の秋、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したことによって「ノーベル文学賞受賞者」という共通項が生まれることに。

構想を重ね、満を持してリリースとなったのです。

dylan-blk-01

dylan-blk-03

素材は、ボブ・ディランが着ているシャツのドットの大きさや配置を考察し、MOJITO流の解釈で製作されたオリジナル生地。

細畝のシャツコーズ(コーデュロイ)に白のドッドが抜染で表現されています。

20-9-16-1

COLOR BLACK
SIZE S / M / L / XL
PRICE ¥28,000+TAX

20-9-16-03

20-9-16-2

大きすぎるとポップすぎ、小さすぎると存在感が薄れてしまうドットですが、こちらは何とも絶妙な大きさと配置。

コーディネートの主役になってくれるのは勿論のこと、軍パンやチノパンなどのベーシックなボトムスに違和感なく馴染んでくれるので、すごく取り入れやすいドットシャツになっていると思います。

IMG_4342

IMG_4340
COLOR BROWN

DSC04029

開襟シャツらしく開放的に着こなすのも良いですし、コーデュロイの素材感を活かして、ハイネックと組み合わせるのも良いですね。

皆さんも自分なりの着こなしを楽しんでみて下さい。

dylan-dot

ボブ・ディランとアーネスト・ヘミングウェイ、偶然の共通項を持つ2人の偉人をモチーフに生まれた、ストーリーを感じさせる1枚となっています。

かつて悪魔の酒として多くの作家や文化人を虜にした「アブサン」のように「袖を通した人を虜にする着心地」を追求したアブサンシャツ。

今季も魅力的な素材が揃いますので、ぜひ店頭でご覧になってみて下さい。

ARCH  川上

通販をご希望の方は、下記リンクよりお願い致します。

ARCH ONLINE STORE

My Vintage〜German Leather

2020.09.14 Monday 20:51:49| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

本日は、久しぶりに僕らが愛用している、My Vintageをご紹介したいと思います。

DSC04296

僕(宅見)が、約7年愛用しているFRANK LEDERの”DEUTCSLEDER” ・通称ジャーマンレザー。

以前にも、MY VINTAGEのコーナーでも何度か紹介していますが、改めてご紹介させてください。

DSC04297

1930年代頃、ドイツの労働者の間で、最も高級品とされていた労働着はレザー素材のモノでした。

ですが、そんな高級品を手に入れられる労働者は、ほんの極一部だったそうです。
そんな中、コットン100%でありながら、レザーをも凌ぐ程の耐久性と防寒性を備えた生地が存在しました。

その生地は、レザーを縫う機械ではないと針が通らない程に肉厚。

極減まで打ち込まれた高密度な生地は、当時のブルーワーカー達から重宝され多くの人達が愛用していたそうです。

レザー同等のスペックを誇り、レザーよりも安価に手に入れられる事から、

他国からドイツのレザーと言わしめたその素材こそが、”GERMAN LEATHER”であり、FRANK LEDERを代表する素材です。

IMG_4322

IMG_4303

DSC08681-400x265

IMG_4304

地面に直立する程の硬さと厚さを誇る生地は、北海道の冬でも通用するレベル。

購入した当初は、生地が硬すぎて腕もまともに上げる事ができないし、ボタンは直ぐに飛んでいくしでかなり苦労しました笑

本当に馴染むのか?と疑問を抱きながらも、デニムを育てる感覚で大事に、時には乱暴に着込んでいきました。

お世辞にも着やすいとは言えないこの生地も、今では一番楽に着れるジャケットです。

自分でも驚く位、身体に妙にフィットしており、最初のごわっとした感覚は全くありません。

DSC04326

様々なシュチュエーションに対応出来るのも気に入ってます。

仕事、休日は勿論ですが、目上の方との会食や少し小綺麗にしていく場所でも、活躍してくれます。

前者は、ラフにジーンズにスウェット等が多いですが、後者ではトラウザーズを合わせインナーにシャツやタイ、ハイゲージニット等を合わせています。

DSC04329

車移動が多い方ならば、冬場でもマフラーを巻いてしまえば十分に防寒出来てしまうので、ライトアウターとしても◎

【2B JACKET】
DSC02976 2
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥88,000+TAX

DSC02981 2

DSC02979 2

そして、オーナー山内が愛用しているダブルブレステッドのモデルも、ARCHでは欠かせないアイテムです。

DSC04319

左 新品 / 右 山内 私物

DSC7679-400x2641

愛用歴は10年以上、この経年変化の仕方は圧巻の一言。

ブラックの色味も徐々に褪せていき、シワがハッキリとわかります。

DSC1457-400x2651

DSC1461-265x400

このモデルは、レギュラーでは展開していなかったので、ARCHの復刻別注としてオーダーしていたモデルです。

ピーコートの様なデザインと、素材の無骨さが男らしい一着です。

このモデルは、真冬でもアウターとしてガンガン着用出来るので、非常にお勧めです。

【DOUBLE BREASTED】
DSC04311
COLOR BLACK
SIZE S / M / L
RPICE ¥98,000+TAX

DSC04312

DSC04314

DSC04313

“育てがいのあるジャケット”

生地が変化し、さらに素材の良さが光るジャケットは、間違いなく愛着を持てます。

経年変化ではなく経年美化。

FRANK LEDERの真骨頂ともいえるこの素材を是非ご覧になってください。

ARCH 宅見

rdv o globe / Heavy Canvas Cotton

2020.09.12 Saturday 20:05:11| Author:admin| Categories:rdv o globe

前回のブログに引き続き、本日も”SIMON MA”と同素材・”HEAVY CANVAS COTTON”を用いた、アイテムをご紹介します。

スクリーンショット 2020-09-12 18.27.58

rdv o globeが得意とするヨーロッパとアメリカのミックスした匂い。

古き良きヨーロッパの洋服をデザインベースに、素材にはアメリカらしいキャンバス生地を採用する。

両者の背景を深く知るデザイナー前淵氏だからこそ可能にする、新しい融合感。

クラシックでいてモダンな発想が今回のコレクションでも反映されています。

【SIMON VE】
DSC04106 2
COLOR BLACK
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥50,000+TAX

DSC04108 2

英国の古いジャケットを彷彿とさせるアシンメトリーのデザイン。

19世紀の貴族階級で流通していた独特のデザインにフォーカスして生まれたのが”SIMON VE”です。

IMG_4113

IMG_4110

IMG_4112

IMG_4111

カチッと見えがちなこの手のジャケットも、rdv o globe特有の丸みのあるパターンになる事で、全体的に柔かな印象になっています。

横から見た時のシルエットが特に綺麗です。

少し長めの着丈も、身体に上手くフィットする事で、野暮ったさを軽減していると思います。

DSC04137

DSC04139

DSC04130

スタンドカラーなので、ハイネックのニット類と合わせても良いですし、巻物なんかを合わせると相性抜群です。

そして、この肉感のあるファブリックは、育て甲斐があります。

ブラックキャンバスが色褪せて来た時、さらにこのジャケットが手放せないモノになっているでしょう。

【SIMON PA】
DSC04121
COLOR OLIVE
SIZE 2 / 3 / 4
PRICE ¥33,000+TAX

最後は、サイドに長いタックが入った、他には類を見ない存在感のある”SIMON PA”

ミリタリーパンツの様な無骨さと、モダンなデザインという両者の良さが凝縮された一本です。

DSC04118

DSC04122

DSC04123

カーゴポケットではなく、大きめのポケットが隠れる様にして付属されています。

ベーカーパンツのポケットの配置を変えた様なデザイン…非常に面白い仕上がりになっています。

DSC04147

DSC04148

腰回りのゆったりとしたシルエットに対して、裾にかけて微妙にテーパードしたシルエット。

逆三角形のシルエットを描いているので、ジャケットやコート、トップスにゆったりとしたアイテムを持ってくるとバランスがとても良いです。

是非、試して欲しい一本です。

ARCH 宅見

rdv o globe / Heavy Canvas Cotton

2020.09.12 Saturday 11:17:39| Author:admin| Categories:rdv o globe

【rdv o globe】より、2020AWの新作をご紹介します。

IMG_4103

今季のコレクションの中でも、一際引きつけられた”素材”がありました。

”HEAVY CANVAS COTTON”

重さがしっかりと手に残る、ヘビーウェイトで肉厚なキャンバス生地。

ガシッとした硬いイメージのあるキャンバス生地ですが、今回のコレクションに使われているキャンバス生地は、それとは真逆の素材感になっており驚きました。

時間をかけてでも、”自分の身体に馴染ませていきたい”

そう思わせてくれる素材です。

IMG_4099

キャンバスの肉感がありながらも、柔かな生地に仕上がっているのが特調的。

ムラ感のある独特の雰囲気もまたこの生地の魅力の一つです。

今季は、この生地のシリーズに魅了され3型のモデルをセレクトしています。

本日は、その中からコートのご紹介。

【SIMON MA】
DSC04086
COLOR BEIGE
SIZE 1 /2 / 3
PRICE ¥60,000+TAX

DSC04087

新型となる”SIMON MA”は、ゆったりとしたシルエットが目を引きます。

ラグランスリーブの袖付け、大きめのフラップポケット、イギリスのマックコートを彷彿とさせるデザインが特徴的です。

DSC04090

DSC04091

アームも太く、インナーにジャケットを着てもかさばらない位ゆったりと着れる仕様に。

シンプルなデザインですが、このシルエットに間違いなく魅了されます。

実の所、スタッフ購入が一番多かったのもこのコートでした。

DSC04092

IMG_4094

IMG_4095

IMG_4096

IMG_4101

腰にドローコードが付属しているので、ウエストを絞ってアクセントを付けても格好良いです。

ホーンボタンの仕様や裏地など、細部にもまで拘り抜いているのもrdv o globeらしいと感じます。

DSC04145

DSC04144

DSC04143

個人的には、襟のねかたが非常にツボです。
絶妙な浮きかたと小ぶりな形が、このコートをさらに引き立てていると思います。

生地が身体に馴染み、フィットしてきた時に、より綺麗なシルエットが生まれているはずです。

DSC04142

DSC04029

着ていて安心感のあるコート。

僕らは、秋冬は必ずと言っていいほど、ジャケットかヘビーなニットを着た上にコートを羽織ります。

だからこそ、着ている物を邪魔せず、楽に着れる機能的なコートを求めてしまいます。
それは秋でも冬でも変わらずに。

だからこそ、この手のフィッティングのコートが一枚あると安心するのです。

一枚と言って何枚にもなってしまっているのですが…苦笑

次回は、同素材のジャケットとパンツをご紹介しますので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

sus-sous / sleeping smock

2020.09.9 Wednesday 19:51:24| Author:admin| Categories:SUS-SOUS

IMG_0434-322x400

イギリスの伝統的なワークウェアーである・”フィッシャーマンスモック”

船乗り達や陶芸家など様々な人達が、仕事着として愛用していた背景があります。

デザインではなく、必要最低限のディテールだけを取り入れたウェアーには、機能美と男服の美学が詰まっていると感じます。

そんな伝統的なフィッシャーマンスモックに焦点を当てて製作されたアイテムが、”sus-sous”から登場です。

”sleeping smock”

スクリーンショット 2020-09-09 19.47.38

フィッシャーマンスモック特有のハイネックのディテールに、ボタンの仕様をプラスした一着。

 北欧で目にするボタンが付属した珍しいシャツのデザインを、フィッシャーマンスモックのディテールと掛け合わせています。

IMG_3321

IMG_3322

IMG_3324

カットソーを着ないデザイナー西谷氏の解釈として、sus-sous定番のスリーピングシャツは、ロンティーという考えであり、

“sleeping smock”は、ハイネックのロンティーを理想として製作したそうです。

その位ラフに着れる事を想定して製作しながらも、しっかりとシャツとして製作しているのがこのアイテムの魅力です。

IMG_3325

IMG_3326

IMG_3329

L1000047

素材には、ウール、リネン、カシミアの混合生地を使用しています。

カシミアが入る事で、非常に柔かなタッチになっている為、チクチクした感じがありません。

ヘリンボーンの生地と相まり、ヨーロッパの空気を纏った一着に仕上がっています。

襟とカフス裏に別生地で裏地を施しているのも流石の一言。
細かいディテールにも拘り抜くのがsus-sousの凄さでもあります。

L1000043
COLOR GRAY
SIZE 5 / 7 / 9
PRICE ¥45,000+TAX

スクリーンショット 2020-09-09 18.30.22

フィッティングは、スリーピングシャツに近いですが、よりジャケット等のインナー合わやすい設計になっています。

首回りの収まりが非常に良く、ジャケットやコートを合わせた際に、綺麗に映ります。

DSC03983

DSC03996

DSC03988

僕らスタッフが、満場一致で気に入ったアイテムだった為…2色展開となっています笑

L1000048
COLOR NAVY BLACK
SIZE 5 / 7 / 9
PRICE ¥45,000+TAX

こちらは、ウール100%の生地を使用した一着。

ダークネイビーの色味は、まさにフィッシャーマンスモックを彷彿とさせます。

IMG_3334

IMG_3335

IMG_3332

IMG_3336

一枚でもサマになりますし、特に秋冬の季節はインナーとして手離せない存在になりそうです。

秋冬のインナーと言えば、ハイゲージ・ローゲージのニットやスウェットなどが主役になってくると思います。

この手のウールシャツは、中々ないと思いますし、インナーに合わせるだけで、雰囲気をガラッと変える事が出来るはずです。

DSC03978

DSC03971

ウールのハイネックモノは、首がチクチクしてと….気になる方も多いと思いますが、ネック部分にリネンの裏地を施しているので、その心配もありません。

ブログを書いていると早く着たくなってきました…笑

アリそうではナイ、ウールインナーを是非ご覧になってください。

ARCH 宅見

CASEY CASEY / BLODDY COAT

2020.09.7 Monday 21:39:45| Author:admin| Categories:CASEY CASEY

IMG_3319

ボロボロに擦り切れるまで着倒してもまだ捨てる事を躊躇(ちゅうちょ)してしまうような愛着のある古い洋服。

私達のパリのアトリエで創られる洋服は、洗い、染め、ハンドステッチ、ツイスティング等の手作業の行程を行わずにお店に届く事はありません。

そうやって、愛情を込めて(たまに小さい虐待も)手作業を加えた洋服はヴィンテージのような風合いになります。

By CASEY CASEY

CASEY CASEYが唱えるブランドコンセプトは、いつ聞いても感慨深いモノがあり、これこそが古き良き洋服作りの在り方なのかもしれないとも思わされます。

ウールの生地であっても躊躇なく洗いをかけ、独特の雰囲気を纏った生地に仕上げるのです。

本日紹介するウールコートは、まさにCASEY CASEYのブランドコンセプトが色濃く反映された一着です。

DSC03290

ブラックの色味にピンストライプが目を引く”BLOBBY COAT”

フワッとした柔かなウール生地は、既に馴染みが良くずっと触っていたくなる素材です。

IMG_3299

IMG_3303

IMG_3304

IMG_3298

ジャケットでは良く目にするピンストライプの生地も、コートだと目新しく新鮮に映ます。

非常に上品な雰囲気がある生地です。

英国のドレスウェアーを彷彿とさせる生地も、CASEY CASEY特有のゆったりとしたシルエットになる事で、全く違う印象を与えてくれます。

IMG_3316

IMG_3311

IMG_3307

IMG_3313

上品な表生地とはイメージの違う、生地を裏地に使っているのも非常に憎いです。

ウォッシュのかかった洗いざらしのコットン生地。

ピンストライプの生地とのコントラストが、よりこのコートの魅力を引き出しています。

DSC03292
 COLOR BLACK
SIZE S / M / L
PRICE ¥154,000+TAX

DSC03293

空気を含んでいるようなフワッとしたシルエットがCSAEY CASEYの最大の特徴だと思っています。

オーバーサイズな訳ではなく、理に適った機能的なサイジング。

絶妙な生地の落ち方とあまり方。

実際に袖を通し、動いた時に分かる絶妙なシルエット。

生地の分量とパターンが計算され尽くされているだろう、フィッティングに間違いなくハマってしまいます。

DSC02843

DSC02845

伝えたい事はまだまだあるのですが….言葉では伝えづらいので、続きは是非店頭にて話させてください笑

CASEY CASEYのコート類は、秋冬本番前にいつも姿を消してしまうので、是非お早目にご覧になってください。

ARCH 宅見

forme D’expression 2020aw New Arrival

2020.09.5 Saturday 20:16:55| Author:admin| Categories:forme d'expression

IMG_1026-400x266

forme D’expression より2020awの新作が本日入荷してきました。

非常に楽しみにしていただけに、ワクワクしながら検品しております。
僕らの想像以上のコレクションが揃っており、早くお披露目したい気持ちでいっぱいです。

DSC03207

DSC03227

DSC03218

DSC03217

IMG_3261

DSC03216

DSC03258

forme D’expressionでは珍しい、5pocket jeansがラインナップされています。
ブラックデニムと立体裁断のシルエット…..たまりません。

そして今季もARCH 別注モデルを製作して頂きました。

フィッシュテールパーカーをジャケット型にしたモデルとトラウザーズのセットアップは、今回是非見て頂きたいアイテムです。

詳細は、後日改めて紹介しますので、楽しみにしていてください。

ARCH 宅見

TRUJILLO’S

2020.09.2 Wednesday 23:09:57| Author:admin| Categories:TRUJILLO’S

IMG_3035

DSC03030

17世紀後半、現在のアメリカ・ニューメキシコ州に入植してきたスペイン系移民にルーツを持つ、手織りの伝統工芸品、チマヨブランケット。

現在もその伝統を絶やすことなく製作を続けている工房の一つである TRUJILLO’S(トルフィリオス)から、チマヨブランケットを用いたベスト2型が入荷してきました。

solid-01

CHIMAYO VEST – SOLID -
COLOR BLACK
SIZE S / M / L / XL
PRICE ¥56,000+TAX

まずは「ラウンドカラー+スクエアテール」というスタイルが珍しいモデル。

チマヨベストと言えば、いわゆるチマヨ柄と呼ばれる独特な模様を施したものが代表的ですが「様々なスタイルに溶け込む1枚を」と言うことで、あえて無地のブラックでオーダーした物になります。

solid-02

IMG_3047

IMG_3034

浅すぎず深すぎずの絶妙なラウンドは、シャツはもちろん、カットソーやセーターまで、合わせの幅がとても広いのが魅力。

良い意味でチマヨベストらしくない雰囲気は、狙い通り様々なスタイルに溶け込んでくれます。

solid-03

solid-style
SHIRTS rdv o globe
BOTTOMS FRENCH ARMY
SHOES astorflex

バスクシャツやヘンリーネックカットソー、バンドカラーシャツなどの定番的アイテムとの相性は抜群ですし、デザイナーズブランドのアイテムとの組み合わせも違和感なくハマります。

この手のアイテムに苦手意識がある方にこそ試して頂きたい1枚です。

IMG_3041

chimayo-01
CHIMAYO VEST – JACQUARD -
COLOR BLACK
SIZE S / M / L / XL
PRICE ¥61,000+TAX

続いては、チマヨ柄を施したポインテッドフロント( Vネック+ショートレングス)ベスト。

オーセンティックなチマヨベストのデザインでありながら、ブラックをベースとすることで落ち着いた雰囲気を醸しています。

chimayo-02

chimayo-03

chimayo-style
JACKET VINTAGE
CUT&SEWN Merz b. Schwanen
BOTTOMS ARCH

コーディネートは、直球なアメカジスタイルを思い浮かべる方が多いと思いますが、Arch ではヨーロッパ物とミックスしたスタイルをご提案したいと思います。

秋口はインクブルーやブラックモールスキンのワークジャケットに、冬にはツイードジャケットやシェットランドセーターと合わせてみて下さい。

見慣れたコーディネートを新鮮に見せてくれるはずです。

極少量での入荷となっていますので、ぜひお早めにご覧になってみて下さい

ARCH 川上

メールサーバーの不具合によりメールが受信できない状態となっております。
商品に関するお問い合わせはこちらのフォームまたはお電話(011-261-5083)にてお願い致します。