Blog from ArchStyle » blog_top|archstyle|Arch アーチ

MOJITO / RITZ JACKET&GULF STREAM PANTS

2019.03.22 Friday 21:43:18| Author:admin| Categories:MOJITO

capa_Hemingway_016-

冒頭の写真は、アメリカの文豪・アーネスト・ヘミングウェイがハンティングウェアを着ている一枚です。

1940年代、この手のウェアはアメリカでは主流だったそうで、元を辿るとドイツからアメリカに持ち込まれたモノらしい。

ヨーロッパから持ち込まれたモノが多く存在するアメリカ、ジーンズのL社に通づる部分を感じます。

”ピンチバック ジャケット”と呼ばれるこのウェアは、ハンティングやゴルフといったスポーツをする際に主に使われており、背中のアクションプリーツは動きの可動域を広げる為のものです。
通常のジャケットとして使える顔になっていた事もあり、スポーツをした後にそのままの姿でBARに飲みにいくのが当時のスタイルだったそうです。

この時代のジャケットにフォーカスして誕生したのが、”MOJITO RITZ JACKET”

ARCHでも定番的に展開しているジャケットの一つです。

IMG_6673

IMG_6678

1940年代のアメリカのスタイルを色濃く反映させたジャケットを、
英・Hardmans社のリネンで仕上げているのが非常に憎いです。

肉厚なHERRINGBOEN リネンの生地とブラウンという色味が、より一層ヨーロッパの匂いを漂わせてくれます。

L1008917

L1008918

万古不易な3つボタン・パッチポケットの仕様。
アメリカの変わらないスタイルの中に、英国の上質な素材が光ります。

L1006463
COLOR BROWN
SIZE S / M / L
PRICE 48,000+TAX

L1006448

L1006447

IMG_6681

襟やポケットのちょっとした角度が絶妙であり、ボトムスとの相性も考えらた着丈の長さも丁度良い塩梅です。

1950年代のフランスのワークウェアでも”ピンチバック”のディテールと同じものが存在し、その時の流れも汲んでいます。

L1006441

僕も色々と合わせて見ましたが、カットソーにジーンズ位ラフな装いでも、サマになるジャケットです。

ブラウンという色味が何故かフランスの空気も感じさせてくれます。

【GULF STREAM PANTS】
L1008920

COLOR BROWN
SIZE S / M / L
PRICE ¥29,000+TAX

そして、同素材を用いた”GULF STREAM PANTS”も抜群の仕上がりです。

裾にかけて絶妙にテーパードしたシルエットは、一度履くとやみつきになります。

L1008923

ジャケットとのセットアップでの着用も、嫌味なく着れてしまいます。
ブラウンの色味と軽快なリネンという素材だからこそだと思います。

L1006430
COLOR NAVY
SIZE S / M / L
PRICE ¥29,000+TAX

GULF STREAM PANTSのみNAVYの色味もARCHでは展開しています。

来週末から始まる【MOJITO×ARCH SPECIAL EVENT】。

今回のイベントの為に、用意して頂いたスペシャルアイテムと企画を楽しみにしていてください。

こちらのブログとインスタグラムから情報を公開していきます。

『もし、きみが、幸運にも、青年時代にパリに住んだとすれば、きみが残りの人生をどこで過ごそうとも、それはきみについてまわる。なぜなら、パリは移動祝祭日だからだ。』

移動祝祭日  アーネストミラー・ヘミングウェイ

1920年代頃、パリで過ごしたヘミングウェイ。
この言葉はヘミングウェイの代表作”移動祝祭日”のタイトルです。

彼がパリにいる姿を想像して、今回特別なアイテムを制作しました。

次回のブログにて紹介します。

ARCH 宅見

MOJITO / ABSHINTH SHIRT

2019.03.21 Thursday 20:48:47| Author:admin| Categories:MOJITO

MOJITOから今年もどれを買い足そうか楽しみにしていたABSHINTH SHIRTが入荷しました。

L1009978

まずはABSHINTH SHIRTのABSHINTH(アブサン)の由来から説明していきたいと思います。

悪魔の酒”ABSINTH”(アブサン)。
ゴッホや太宰治などの芸術家や偉人を虜にしたお酒。
このお酒を愛した人たちが不可解な死を遂げていたことから悪魔の酒と呼ばれています。

IMG_3084

実際に僕もこのお酒が好きで飲んでいますが、虜になっています。笑

そのアブサンのように袖を通した人を魅了し、虜にするという意味で名付けられたABSINTH SHIRT。
僕もお客さんの時に購入してから毎年買い足しているアイテムになります。
名前の通りこちらのシャツも虜になってしましました。

images

もうすでにご存知の方の方が多いと思いますがヘミングウェイを象徴とする開襟シャツがモチーフになっています。
今回は5つのABSHINTH SHIRTを紹介したいと思います。

L1006383
COLOR BLACK STRIPE
SIZE S/M/L
PRICE ¥26,000+TAX

IMG_6507

IMG_6495

先ずは織り方の違いでストライプに見せているこちら。
スタッフ近谷がチョイスした一枚でもあり、着込むたびによりストライプがはっきりとわかってくる一枚です。

「ヨーロッパでは代表的なブラックリネンの生地に、上品なストライプが気に入りました。ダークなトーンで合わせて、開襟シャツというアメリカ面のアイテムを、フレンチに着こなしたいです。」と、近谷談。

IMG_6487
COLOR NATURE CHECK
SIZE S/M/L
PRICE ¥24,000+TAX

IMG_6480

直球のアメリカらしさを感じる大判のブロックチェックの柄。
ですが、ナチュラルの色味を基調としている為ARCHのスタイルと当て込むことでフランス人が着た開襟シャツにも見えるのではないでしょうか。

ホワイトジーンズに茶のローファー、そしてジャケットなどのスタイルに合わせたくなる一着です。

IMG_6490
COLOR BLACK×HOUND’S TOOTH
SIZE S/M/L
PRICE ¥24,000+TAX

IMG_6490

リネン100%の千鳥柄格子柄はありそうでなかった素材。
千鳥柄格子は1950年代頃ツイードのスポーツコートや同時期のハンティングジャケットのライニングなどに見られた代表格の一つです。

ハンティングを趣味としていたヘミングウェイらしさを感じる一着。
チノパンやM-47 PANTSにあわせて足元はユッタニューマンなどを合わせたいですね。

IMG_6503
COLOR BLACK DOT
SIZE S/M/L
PRICE ¥29,000+TAX

リネン100%のBLACK LINENにレーヨンでドットにあしらわれた毒っ気を感じる一枚。
デニムやチノ、スラックスにもなんでも自由に合わせてほしいシャツです。

色落ちしたジーンズに白のリネンジャケットにさらっと着ても◎
以外と凡庸性が高く、さらっとした生地にほんのりと浮かぶドットはこれれからの時期に一枚で着ても主役になる存在感を放ちます。

L1006389
COLOR BLACK LINEN
SIZE S/M/L
PRICE ¥26,000+TAX

こちらはブラックをベースにし、ボーダーが入った一着。
ゴールドとシルバーのボーダーは一見いやらしさを感じるかもしれませんが着ると驚くほど馴染みます。
個人的にこの柄はチノパンにさらっと合わせてエスパドリーユなどを履きたいです。

いかがでしたでしょうか?
今年も様々なラインナップを揃えて入荷したABSHINTH SHIRT。
僕はまだどれにしようか迷っています…

サイズがかけてしまう前に一度袖を通してみてください。

ABSHINTH SHIRTあなたもきっと虜になるはずです。

そして、今月末初の試みとなるMOJITO単独EVENTを行います!

L1009973MOJITO×ARCH Special EVENT
3/29(金)~3/31(日)

別注で制作したこちらのコートも仕込み中です。

もう店頭にて情報を入手している方もいるかと思いますが、近々アナウンスさせて頂きますのでお楽しみにして居て下さい。

MOJITOとARCHを繋ぐあの原点的なBLOGを思い出して頂ける筈です。

ARCH 上田

WWⅡ ~ 1950S BRITISH VINTAGE

2019.03.20 Wednesday 18:59:23| Author:admin| Categories:Vintage

先日のEuropa ANTIQUE MARKET in ARCH PREMIER ETAGE」では沢山の方にご来店頂きまして誠に有難うございました。

いち早く旅立っていった家具やVINTAGEも多く御座いますが、まだ2F「PREMIER ETAGE」で展開させて頂いておりますので、都合上ご来店出来なかった方はどうぞゆっくりとご覧になって下さい。

さて、本日はBRITISH VINTAGE ITEMをいくつかご紹介させて頂きます。

L1006365

L1006371

ROYAL NAVY WORK JACKET by HOLD FAST
SIZE / M相当
PRICE / ¥78,000-+TAX

約2年前にも入荷のあったBRITOSH WORK JACKET。

今回入荷分は、どれもコンディション、サイズ感、ディテールに拘り買い付けて参りました。

このモデルは、MADE BY 「HOLD FAST」。

およそ30年前に消滅してしまったイギリスのワークブランドHOLD FAST。

本国イギリスにおいて国内随一と言われ、ワークウェアの歴史に対して造詣が深いウィリアム・ブラウンの手によって再始動した背景を持ちます。

1940~1950年代にイギリス海軍に支給されていたこの手のジャケットは、ARCHでの取り扱いブランドの中でも CASEY CASEY,THE INTERPRETATION BY ARCH 等でもデザインソースとして起用されております。

IMG_6464

オーラのあるJACKETですので、ヘンリーネックにチノパン、オックスフォードの革靴など、シンプルに着合わせても充分にハマります。

「ワーク」というカテゴリに位置されながらもエレガントな雰囲気が漂うのは、機能美からなる美しさではないでしょうか?

L1006374

ROYAL NAVY WORK JACKET 
SIZE / L相当
PRICE / ¥58,000-+TAX

こちらはやや色の抜けたタイプ。

生地の毛羽立ちや色の抜け方、デザインも含めこのジャケットのクオリティには納得して頂ける筈です。

L1006357

スタッフ宅見は色の抜けたLEVIS、ジョンスメドレーのアンサンブル、ベレー帽というフレンチな装いに羽織りました。

今時期にレイヤードしての着こなしも良いですが、何も考えずにラフに着こなしても◎。

フレンチ、ブリティッシュと様々なワークジャケットが存在致しますが、正直このROYAL NAVYのワークジャケットは1番使いやすく、サイズさえ合えばオススメです。

今回、イギリスにて様々なマーケットを回りましたが、この手のワークジャケットは、本当に本国にも有りません。

Burberry’s , BARBOUR ,Aquascutum,等 クラシックな英国紳士アイテムもご用意していますが、イギリスのワークウェアの作りの良さにも触れて頂きたいです。

取り急ぎご紹介させていただきましたが、店頭にてゆっくりとお話し出来ればと思います。

この2枚だけではなく、他にも同じ類のワークジャケットが入荷しています。

気になる方は是非お早めにご覧ください。

ARCH 近谷

FRANK LEDER / Herringbone Line Wide Trousers

2019.03.18 Monday 19:28:28| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

IMG_6330

毎シーズン新しい商品が入荷すると、その度に半年前にオーダーした展示会の事を思い出します。

特にFRANK LEDERのラインナップの数には圧倒される。

その中から、来季提案したいスタイルをARCHのフィルターを通してセレクトしていくわけですが、毎シーズン自己欲求に勝てた試しがない。

自分がどうしても着たい洋服が一着は見つかってしまうからだ。

私は、HERRINGBONE 生地が大好物であり、素材がリネンであろうものならより旨味が増すだろう。

ヨーロッパの古い生地には、そんな生地が多く存在し、
インディゴヘリンボーン然り、ワーク・ミリタリーウェアにはこのHERRINBONE LINENを良く目にします。

独特の綾織りから成る柄が、着る度に浮き出てくる表情が堪らないのです。

IMG_6326

自分がどうしても愛用したいと思わされたFRANK LEDER の一本は、先ずこの生地に惹かれました。

細かなHERRINGBONE 織りから成る生地は、ストライプの様にも映り、ヨーロッパのワークパンツの匂いが漂います。

L1009993

そして、シルエットとディテール。

ハイウエスト気味に設計されており、付属のベルトで絞って履くスタイルはミリタリーパンツ、グルカトラウザースのシルエットに良く似ています。

ミリタリーパンツは、制服といっても過言ではないくらい欠かせないアイテムの一つ。
だららこそ、このシルエットに惹かれたんだと思います。

L1009994

L1009989

COLOR NAVY
SIZE XS / S / M / L
PRICE ¥58,000+TAX

柔らかなリネンの素材感とミリタリーパンツの様なゆったりとしたシルエットは、独特のドレープ感とシルエットを生み出しています。

L1006353 

このパンツを履いた時、合わせたいアイテムは頭の中で直ぐに決まっていました。

夏場ならば、足元はJUTTA NUEMANNは外せない、シャツはTHE INTERPRETATION BY ARCHのRAF SHIRT、色はブルーが良いですね。

もしくはバスクシャツをタックインして、PANAMA HATなどを被りたい。

色々な妄想が膨らむからこそ、余計にオーダーしたくなったのです。

L1006336

L1006344

半年前にオーダーしてから、実際に店頭に届きもう一度見ても、やはりあの時の高揚した気持ちは変わらなかったです。

結局の所、今後も自己欲求には勝つことはないでしょう。苦笑

ARCH 宅見

「Europa ANTIQUE MARKET in ARCH PREMIER ETAGE」

2019.03.14 Thursday 23:40:40| Author:admin| Categories:News!!,Vintage

先日からアナウンスしていた、「Europa ANTIQUE MARKET in ARCH PREMIER ETAGE」。

いよいよ、明日15日(金)夕方18時よりゆったりと開催致します。
期間は3/15(金)18時~3/17(日)。

フレッシュなVINTAGE ITEMをはじめ、家具やランプなどをご覧になって頂けます。

先日に引き続き、一部写真でご紹介致します。

L1000174

L1006236

L1006244

L1006247
L1006250

L1006254

L1006259

L1006263

L1006266
L1006268

L1006272

L1006277

L1006282

L1006284

実際にフランス、イギリスに行って良質なVINTAGEたちを見つけるのは容易なことではありませんでした。

当日は実際の蚤の市のような雰囲気でVINTAGE ITEMをご覧になって頂けます。

また、紅茶もご用意していますので、ゆったりとした空間で現地にいるかのような感覚でVINTAGEを見てみて下さい。

L1006288Europa ANTIQUE MARKET in ARCH PREMIER ETAGE
3/15(FRI)18:00~3/17(SUN)
ARCH PREMIER ETAGE

ARCH 上田

NEAR ARRIVAL of VINTAGE ITEM ”Europa ANTIQUE MARKET in ARCH PREMIER ETAGE”

2019.03.11 Monday 14:38:09| Author:admin| Categories:FRENCH VINTAGE,Goods,News!!

 

パリ、イギリスにて買い付けたvintageが今週末、店頭に並びます!

3月15日夕方,16日,17日の3日間で開催する”「Europa ANTIQUE MARKET in ARCH PREMIER ETAGE」”。

1930年代から制作された”ANGLEPOISE”のデスクランプや、ブランド名は伏せておきますが”狭いイギリスの家”で活躍する収納式家具、その他古い年代の家具も店頭に並びます。

VINTAGEの家具を販売するのは初の試みですが、どれもクオリティの高い物をチョイスしたつもりですし、1人暮らしの方でも置けるような家具も多く買い付けております。

勿論!FRENCH VINTAGE,BRITISH VINTAGEも大量入荷ですので、ご期待ください!

家具に関してはイベントまでは写真等、伏せさせて頂きますので店頭にてその目でお確かめ頂けますと幸いです。

取り急ぎ、VINTAGEの雰囲気をご紹介させていただきます。

IMG_0170

IMG_0175

IMG_0177

IMG_0178

IMG_0180

IMG_0181

IMG_0185

L1000007

L1000174

英国のマーケットを探してもなかなか見つからない物を、今回は買い付ける事が出来ました。

素材やディティールを見て何なのかお分かりの方もいらっしゃるかもしれませんが、殆どのアイテムが1点物です。

イベントまでには値段も確定し、店頭に出しますので是非ご覧下さい!

また、イベント詳細をBLOG,INSTAGRAMにてご紹介させて頂きます。

店頭にてイベントはまだでしょうか??というお声も多く頂いており有難い限りです。

15,16,17日で確実に開催致しますので、是非遊びにいらして下さい。

ARCH 近谷

Cuba Shirt by Ernest Miller Hemingway

2019.03.8 Friday 19:16:29| Author:admin| Categories:MOJITO

images

アメリカの文豪、アーネストミラー・ヘミングウェイ。

『老人と海』『移動祝祭日』などの作品を世に残し、男の憧れのシンボル的な彼について少し書きたいと思います。

アメリカ出身の彼は、軍に所属することはないものの戦争に関して多く携わり、数々の勇ましいエピソードを残してきました。

そのエピソードは今の世の中的には考えられない、何とも勇敢で凄ましい生き様であり、僕たちも間違いなく影響を受けています。

そんな彼が第二次世界大戦時、キューバに滞在中に着ていたとされる「グアヤベラシャツ」。

今まで世に打ち出されてきた様々な洋服には、アイコン的な人物がイメージアップされ、その人物のストーリーや着こなしに憧れを抱き影響されていきます。

例えばlevisの5ポケットジーンズ。

これこそ影響の受け方は人それぞれだと思いますが、僕は白州次郎、宅見はセルジュ・ゲンズブール、、と様々な意見があると思います。

様々なカルチャーや生活環境のなかで多大な影響を受けその洋服に価値やスタイルを感じます。

スクリーンショット 2019-03-07 21.25.23

グアヤベラシャツを着るヘミングウェイ

そうです、グアヤベラシャツを日頃から着用していたアイコンとは、ヘミングウェイなのです。

そんな彼は首元が締め付けられるのを嫌い、シャツを着るとなるとほとんどの確率で開襟の襟元をチョイスしていたそう。

MOJITOから今季リリースされたABTHINT SHIRTは、直球のキューバ・スタイル。

IMG_0026

IMG_0028

IMG_0030

IMG_0034

IMG_0036

L1009918

MOJITO / ABSHINT SHIRT
SIZE / S , M , L
PRICE / ¥33,000-+TAX

英・HERDMANS社の素材を日本で織り上げた生地を採用。

ブルンとした、ハリコシが有る生地感は古いヨーロッパvintageを彷彿とさせます。

L1009920

決してタイトフィッティングではなく、夏場もリラックスして着られるフィットは自然と手が伸びやすくなるポイントではないでしょうか??

L1009912

スタッフ近谷 SIZE S 着用

L1009924

CAP / JAMES LOCK
CARDIGAN / FANNI LEMMERMAYER
SHIRT / MOJITO
TROUSERS / ANATOMICA

僕も非常に入荷を楽しみにしれいたこちらのシャツ。

毎シーズン、アブサンシャツは好きで1,2枚は買い足してしまいますが、今季入荷分は特にスタイルを感じ、これから着こなしを考えるのが楽しみです、、、

L1009926

ミドルゲージ位のカーディガンとのレイヤードも存在感が負けることなく映えます。

秋冬はレーヤード、春夏はサラッと1枚で着ても様になります。

なにより、開放的な男を象徴したこのシャツのストーリー、ブランド名は彼が愛したカクテル、モヒートへのオマージュであり、「男たちのための道具としての服の名である」という背景にも惹かれます。

キューバシャツというカテゴリーにおいて、Archが最も信頼し、唯一展開しているのがMOJITOの”グアヤベラシャツ”。

※PEN ONLINE の大人の名品図鑑にてご紹介して頂いております。
クレジットがARCHになっておりますので、お気軽にご連絡下さい!

ARCH 近谷

FRANK LEDER CHARCOAL DYED FLAX JACKET

2019.03.5 Tuesday 21:06:51| Author:admin| Categories:FRANK LEDER

今季入荷したFRANK LEDERのアイテムの中でも、一際目を引いたファブリック。

“CHARCOAL DYED FLAX”

肉厚な生地と独特の染まり方…ジャーマンレザーを見た時と同じような衝撃を受けたこの素材は、圧倒的な存在感を放っています。

肉厚なリネンの生地はビンテージを彷彿とさせ、FRANK LEDERらしさを感じられるざらっとした質感。
決して最初からすんなり着やすいとは言えない生地ですが、色落ちし、柔らかくなった生地を想像しただけで…

と余談はここまでにして本題に入りたいと思います。

L1009663

L1009665COLOR  CHARCOAL
SIZE  XS / S / M / L
PRICE  ¥88,000- +TAX

先ずはFLAX(リネン)生地を墨染めでチャコールに落とし込んだこちらのジャケット。
定番の2B JACKETをベースにリネンで構築された一着はザラっとした生地感やヴィンテージのボタンと相まってすでに着込まれたかのような風合いを見せてくれます。

ノーベントのドレスらしいジャケットの型に無骨な生地を用いる事でワークジャケットのような雰囲気に落とし込まれており、絶妙なバランスに仕上がっています。

IMG_9868

IMG_9872

IMG_9877

L1009666

L1009699

L1009625

少し暖かくなってきた頃は袖を少し捲ってジャケットを羽織りたいと言う人も多いのではないでしょうか。

僕個人も作業をしたりする時は少しまくりたいのですが、開閉式の袖口のボタン仕様は個人的に嬉しいことポイントです。
また、今期から導入されたポケットの折り返して縫われたようなディテールにもFRANK LEDERらしさを感じます。

L1009669

L1009672COLOR / BLACK
SIZE  XS / S / M / L
PRICE / ¥88,000- +TAX

次に同型の定番2B JACKETに先程とは違うリネン生地を用いた一着。
格子状の織りのリネンに墨染を施すことでチェックのような立体感のある柔らかい雰囲気に仕上がっています。

IMG_9866

L1009619

こちらのJACKETも前回紹介したINDIGO DYED JACKET同様に深めの内ポケットがついており、財布などをしまえるので使い勝手が良いのではないでしょうか。

2色展開の2Bジャケットですが、生地感や織が違う為、墨染めが色褪せてきた頃の表情はどちらも異なり育てて行くのが楽しめるアイテムです。

L1009623

L1009701

リネン素材のラペルドの2Bジャケットはスラックスにタイドアップや5 POCKET JEANS、春先には軍パンにヘンリーネックのカットソーにユッタニューマンなどにサラッと羽織っても良しな気兼ねなく使える一着だと思います。
もちろん5 POCKET JEANSにも◎。

様々なスタイルに当て込める1着は着る人によって表情豊かに変化してくれそうです。
ARCHのスタイルには欠かすことの出来ないFRANK LEDERのジャケット。

ぜひ、店頭にて袖を通してみて下さい。

ARCH 上田