"> Amiacalva / Back Pack “Arch Exclusive” | ARCH アーチ - Sapporo / Tokyo

Amiacalva / Back Pack “Arch Exclusive”

Share
this article

先日のブログでご紹介しましたAmiacalvaの別注バックパック。

1980年代を彷彿とさせるフランスのバックパックをどのような仕様にしたらArchらしくもあり、モダンな雰囲気に仕上げられるのか?

今回の別注では、僕らのワガママのために、もともと定番で展開しているバックパックのパターンをアップデートしていただき、完全なエクスクルーシブとしてスタートしました。

COLOR / RED

このバックパックで一番譲れなかった仕様が発色の良いカラーであること。

当時の雰囲気の残しつつ、長く愛用できる素材はなんだろう?

Amiacalva デザイナーの加藤さんに沢山の生地を見せてもらい、悩んでいるところ一つの生地に目が止まりました。

アメリカンアウトドアを代表する60/40クロス。

縦糸にコットン 60%、緯糸にナイロン 40%の混合生地は、当時のアウトドアフリークの方達の中では画期的な素材でした。

コットン100%よりも通気性がよく、ナイロン100%よりも摩擦に強い。
そして、雨が降るとコットンが膨張し撥水生地に変わる。

経年変化も期待できるこの素材ですが、ナイロンには通常の約7倍の強度を持つコーデュラナイロンを使用しており、アナログな見た目に反してとても丈夫なハイブリット素材です。

細部のディテールにもこだわっていただき、ZIPにはWALDES社のものを採用。

コットンテープは、シャトル機で織った肉厚のヘリンボーン生地を使用しており、本当に細かいところですが、60/40クロスの経年変化に浮かないように、一緒に雰囲気が増していくジッパーです。

随所に施されているレザーは、日本最高峰と言われる”栃木レザー”のヌメ革。

本来補強用に施されたディテールですが、ベジタブルタンニンで鞣したレザーは色が使用するほど濃くなっていき、ヴィンテージのような雰囲気に変化しています。

古いものだと、合皮を使用しているものを多く見ますが、ボディの生地と馴染むように、敢えて本革でお願いしました。

COLOR / NAVY

アウトドアのイメージが強いREDに対して、良い意味でよりチープな雰囲気のNAVY。

敢えてバルカラーコートやツィードのジャケットのような綺麗な格好に合わせていただきたいカラーです。

COAT / Arch M-48 PARKA
SWEAT / KENNETH FIELD
SHIRT / rdv o globe
TROUSERS / MOJITO
SHOES / ALDEN

COAT / CASEY CASEY
BOTTOMS / KLASICA

COAT / BARBOUR
JACKET / KENNETH FIELD
SHIRT / IKE BEHAR
TIE / KENNETH FIELD
BOTTOMS / MSG&SONS
SHOES / ALDEN

僕らがイメージしている1980年代のフランスの学生は、この手のバックパックを片方の肩のみで背負っていたそうです。

余談ですが、現在でもフランスの学生達は、日本みたいなランドセルではなく、この手のバックパックを愛用しているそうです。

気取らず、あくまで教科書を入れる道具として使用していた様がとてもかっこよく、真似せずに入られませんでした。笑

フランスでは当たり前の道具をArchらしく解釈し、製作しました。

是非、店頭でご覧ください。

Arch 松本

BACK PACK
COLOR / RED , NAVY
MATERIAL / COTTON 60% × NYLON 40%
PRICE / ¥33,000 in tax

2022.9.9 (fri) 発売開始