"> Archのインナー | ARCH アーチ - Sapporo / Tokyo

Archのインナー

Share
this article

服好きだとどうしても上物ばかり買ってしまう。

ピカピカのヴィンテージワークジャケット、自分のウエストレングスぴったりのミリタリーパンツ、洗い晒しの感じがたまらなくカッコいいシャツ、このシーズンにしかリリースされないロングコート。

Archにお客さんとして通っていた学生時代、若さゆえなのか目に入る気に入ったものをお金を貯めては買い、お金を貯めては買っていた。

ふとArch STAFFのインスタグラムを見る。

シャツのインナー、ワークジャケットのインナーとして着ているボタン付きのカットソーが目に止まった。

次回店頭に行くとどうやら”ヘンリーネックTシャツ”というらしい。

思えばいつもカウンターの横に置いてあって、目にくれなかったそれがまさしくその”ヘンリーネックTシャツ”だったのです。

言われるがままにSchiesser REVIVALヘンリーネックTシャツを購入。

インナーウェアなのに1点1点箱に入っているのも良い。

着心地がソフトで伸縮性があるのも良い。

洗濯しても着心地が変わらないのが良い。

安価なインナーを愛用していた僕にとって、Scheisser REVIVALのヘンリーネックTシャツはなくてはならないものとなった。

1着、また1着と買っていくと、ふと横目に入った茶色のクラフト紙で包まれたもう一つのヘンリーネックTシャツ。

Merz b. Schawanennというらしい。

Schiesserと比べてコシのある生地。

ネックの開きもSchiesserと違ってシルエットもメリハリがついたシルエットでスマートに見える。

質実剛健というジャーマンウェアーらしさがある身を包むフィットが特徴です。

流行り物を着る、のではなく自分の気に入ったものを着る。

消費するものではなく、長く愛着の湧くものを大事に着る。

僕はSchiesserとMerz b. Schwanennのインナーを手にとってからインナーに対する考え方が変わりました。

今となっては自宅のクローゼットをカラフルに彩ってくれているこれらのインナーウェアですが、

今日はどの色のヘンリーネックを着ようか、悩む時間が有意義なのです。

実はこのブランドのパンツも抜群のフィットなのですが、ぜひ店頭にてご紹介させていただければと思います。

Arch 小村