Blog from ArchStyle » rdv o globe×Arch “Dead Stock Fabric Gilles Pa “Special Interview|archstyle|Arch アーチ

rdv o globe×Arch “Dead Stock Fabric Gilles Pa “Special Interview

2020.05.13 Wednesday 21:35:55| Author:admin| Categories:rdv o globe

【 rdv o globe×Arch】のスペシャルアイテム発売まで、残り3日となりました。

そこで、今回のコラボレーションアイテムの製作秘話などを、デザイナー前淵さんとの対談形式でご紹介していきます。

L1009832-266x400

別注製作への作戦会議 は、いつも前触れもなく訪れます。

約1年前、前淵さんからの一本の電話から全てが始まりました。

宅見 / 前淵さん、いつもお世話になっております!

そろそろ別注の話を進めていかないとですよね。

前淵さん/ 全然連絡くれないからさ〜笑
既にこっちで生地を探してたんだけど、凄い良い生地が見つかったよ!

宅/ 連絡出来ていなく申し訳ないです…
本当ですか!? どんな生地でしょうか?

前淵さん/ デッドストックのデニム生地!

それも普通のデニムとは違って、シルク混のデニム生地だから物凄い上質な雰囲気だよ。

ee95131f1ec4acf7ce6b9c7e5dd4033a

前淵さん/ 国内のある生地メーカーで見つけた”デッドストック”のデニムなので、もう二度とお目にかかれない。

シルクが22%も入っているから、光沢感があり通常のデニムよりも柔らかいのが特徴的だね。

生地の良さもそうだけど、生地代が高かったのにも驚いたけどね笑

宅/ シルク混のデニム生地なんて、滅多に聞かないですね…僕は見たこともないです。
しかも”デッドストック”の物を見つけられたのも凄いですね。

シルク混のデニムですもんね…確かに高そうですね…

この生地でしたら、パンツが凄いハマりそうですね。

前淵さん / ARCHで定番で展開しているパンツ・Gilles Pa (ジャイレス)なんかが間違いなく格好良いと思うよ。
デニム生地で、あの形は中々なくて面白いんじゃないかな〜。

9e7da92131403d7816dd72d522ba8136-303x400

宅/ Gilles Pa(ジャイレス)は、ARCHでも長年定番で展開していますし、僕らも含めてお客様も愛用している方が多いですね。

フランチアーミーのトラウザーズの様な雰囲気が非常に気に入っています。

僕が好きなフランスの写真家・Willy Ronis(ウィリー・ロニ)という方が良く履いているパンツも、2タックで裾がダブルの仕様になっています。

rdv o globeのGilles Pa (ジャイレス)は、僕の中でフランス的なトラウザーズのイメージがある一本でした!

前淵さん / デザインは、rdv o globeの完全オリジナルなんだけど、フランチアーミーのトラウザーはイメージにはあったね。

ヒップラインを落とし、テーパードをかけた独特のシルエットが存在感があるんだけど、意外とコーディネートに合わせやすい一本なんだよ。

DSC09854

宅/ 履いてみると物凄くリラックスして履けますし、形が綺麗なのでどんなスタイルにもすんなりハマりますよね。

フランス的解釈のトラウザーズに、アメリカのイメージのあるデニム生地の組み合わせは凄い良いですね!
この組み合わせで進行させてください!

前淵さん/ 良い組み合わせだと思うよ! シルク混のデニムだから、よりトラウザーズらしい一本に仕上がると思うよ。

それじゃこの組み合わせで別注アイテムの生産に入るね。仕上がりまで楽しみにしてて!

こうして、出来上がってきたDEADSRTOCK FABRIC Gilles Pa (ジャイレス)は、僕らの想像していた以上の仕上がりで完成しました。

今週末の5月16日(土)から発売を開始しますので、楽しみにしていてください。

詳細は、次回のブログにて紹介します。

ARCH 宅見

₢킹