OUTIL MANTEAU CHATEAUGRAY

Share
this article

“マキニョンコート”
その昔フランスの馬商(家畜を売買する商品)が着用していたコート。

今ではとても貴重となったフレンチヴィンテージのひとつで、
昔からArchでお洋服をご覧になっている方でしたら、見覚えがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

その中でも1920-1930’sのディテールの珍しいマキニョンコートをベースに作り上げられたOUTIL(ウティ)の”MANTEAU CHATEAUGRAY”

ポケット全てに特徴があるのが、見ていて面白いマキニョンコート。

胸ポケットの形状、その隣には当時ハサミなどの仕事道具を収納するポケットや内ポケットにアクセス出来る貫通式ポケットなど…

よく考えられた当時のディテールであるのが分かりますね。

超高密度リネンの糸を細くし、限界まで打ち込み、当時の生地の再現すべく、染めても光沢が残るようにオリジナルで開発。

同年代のヴィンテージの洋服を個人的に持っているのですが、正直見間違えるほどです。笑

最初はデッドストックのようにパリッとした生地感が着込む事で、プルプルとした質感に…。
風合いの変化もとても楽しみな一着。

青く黒い濃色も、当時に近い染め方を職人とイチから考案し、ヴィンテージのブラックインディゴリネンに匹敵するほどのオーラを放っています…。

濃色になるようインディゴ染色、その上から柿渋染めで追い染めも何度も行い
その生地をまた…

まだまだ工程のお話しをしたいのですが、是非店頭にてお話しさせてください。笑

生地や染めは勿論のこと、ヴィンテージに見られるマキニョンコートの色の抜け方を表現すべく、ステッチ配色まで拘り抜くほどに徹底しています。

ステッチが生地にマッチしていないと、生地がエイジングした時に、浮いてしまうんですよね。

一見難しく見えるコートですが羽織るだけで様になるので、実は持っておくととても楽。

バスクシャツにジーンズ、ポロシャツにホワイトトラウザーズといったフレンチな着こなしも大好きですが、ブラックで纏めたモダンな着こなしも今年は気分ですね。

そして、このコートをご試着した際はぜひ少し歩いてみていただければと思います。
空気を含んで揺れ動いた様は、前、後ろ、横どこから見ても格好良いですよ。

Arch 荒

OUTIL
MANTEAU CHATEAUGRAY

Color PURE INDIGO
Size 3, 4
Price ¥81,400(inc.tax)
【商品ページはこちら】