"> ブルーワーカー | ARCH アーチ - Sapporo / Tokyo

ブルーワーカー

Share
this article

アメリカの労働着と言えば、王道Levi’s のジーンズが真っ先に思い浮かぶ。

今ではファッションアイテムとして欠かせない物の一つだろう。

そして、忘れてはならないのは、シャンブレーシャツの存在だ。
多くのアメリカのメーカーがこのシャンブレーシャツ を生産していた。

元々は、US NAVYの制服として支給されてから、徐々にアメリカの労働着として普及していきます。

古い写真を見返すと、こぞってシャンブレーシャツにデニムを履いたブルーワーカー達の写真が見つかる。

ですが、シャンブレーシャツを着ていたのは、なにもブルーワーカー達だけではない…
リアルなアメリカの労働着は、名俳優達も劇中で披露していました。

アメリカの普遍的な労働着が、ファッションとして認知されていくきっかけになったのも、こういった映画でのワンシーンだったりするのかもしれない….

シャンブレーシャツを着ているという事よりも、着方にシビれてしまいますよね。
やはり映画のワンシーンは、ファッションの指南書なのだ。

自分の中でも、シャンブレーシャツに5ポケットジーンズ、ニットキャップを被るスタイルは、ジャックニコルソン、アルパチーノから影響されました。

言ってしまえば、ただのUS NAVYのスタイルなんですが…笑

このスタイルをベースに、CASEY CASEYのジャケットを羽織ったり、JOHN SMEDLEYのカーディガンを挟んでみたり、ヨーロッパ的なアイテムを取り入れる事で、また違った見え方がするんですよね。

このUS NAVYをベースにしたスタイルは、自分の十八番かもしれない…笑

さて、ジーンズと同じくらい、必要不可欠であるシャンブレーシャツですが、何を着るのかという問題に直面して来る。

古着のシャンブレーももちろん良い。
けれど、状態やサイズが良いものを探すのは一苦労。

自分達が、長い間定番として提案しているシャンブレーは、AUTHENTIC Ⅱ WORK SHIRT。

KENNETH FIELDからリリースされているこのシャツです。

ブランドがスタートしてから定番としてリリースされているシャンブレーシャツ。

MODERN TRADITIONALを謳うKENNETH FIELDのアイディンティティが詰め込まれています。

襟裏のダイヤモンドステッチ、猫目ボタン、普遍的なディテールが施された一枚。

ワークシャツでありながら、ネクタイを巻ける仕様になっているのがらしいディテールです。

程よい肉感のあるシャンブレーは、使い込んでいく事でスカスカに色が抜けてきます。

それがまた抜群に格好良いんですよ。

COLOR BLUE CHAMBRAY
SIZE S / M / L
PRICE ¥26,400 in tax

時代が変わろうとも、変わらないモノやスタイルがあるように、このシャンブレーシャツも、まさにその種のアイテムだと思います。

最高級のクオリティの洋服が全てではない。

アメリカの大量生産の時代背景が生んだ様々なウェアー、そしてブルーワーカー達が愛したシャンブレーシャツ 。

当たり前のアメリカのシャツを体現した一枚がまさにこのAUTHENTIC Ⅱ WORK SHIRTだと思っています。

ジーンズと同じ位、シャンブレーシャツは必要だと最近になってさらに思うようになってきました。

アメリカンなシャツを、ヨーロッパ的に着る。

長年のテーマですね…笑

ARCH 宅見