"> 日常着としてのシャツ | ARCH アーチ - Sapporo / Tokyo

日常着としてのシャツ

Share
this article

洗い晒しで着るシャツが持つ色気にやられたのはCASEY CASEYのシャツだった。

以前まで洗いたてのシャツは着る前にスチームをかけることがマイルールだった。

外出する前にハンガーにかけてスチームアイロンをあてるその時間が好きだったというのもあるが、肩から裾までシワひとつなく衿も歪んでいない、端正な姿こそがそのシャツの真骨頂であり、正しい着方だと思っていた。

CASEY CASEYのシャツを初めて見るまでは、、

細長く白いタグをぶら下げて陳列されているシャツは、今まで見てきたシャツとは持つオーラが異っていた。

空気を含んだようなシルエット、縦横無尽に走るシワ、ハリとコシがある紙のような生地感、普通ではない雰囲気に目を引き込まれた。

無造作、飾ることのない自然なデザインにかっこよさや優美さがある。

色が抜けた膝が破れたブルージーンズやリペアの入ったミリタリージャケットに惹かれるのと同じような感覚。

僕が持っていたシャツに対する考え方が変わった瞬間です。

そこで初めて購入して最後、毎シーズン気に入ったデザインのものを1着、、また1着とゆっくりだが着実に増えているのです、、、

さて今シーズンもCASEY CASEYのシャツが入荷いたしました。

フランスのパリのアトリエで染めや洗いの工程を経て生まれるナチュラルながらも迫力のある生地。

フランスの空気をたっぷりと含んだエレガントなファブリックです。

同色の4種の異素材をパッチワークした表情のある生地ブラック、ブルー、ホワイトの3色で構成されるフレンチな配色のストライプ、爽やかなブルーを基調としたストライプ、。

パッキングを解いた時に思わずスタッフの口元が緩んでしまうのもなるほど、分かるはずです。

日常着としてのシャツとして1着はもっておきたいシャツこそがCASEY CASEYのシャツなのです。

洗いざらしのシワの残るシャツ、肩肘張ることがない等身大なシャツ、着用と洗濯を繰り返す毎に変わる生地感にワクワクするシャツ。

文字にしきれないほど魅力が詰まったシャツということは伝わりましたでしょうか??笑

1着手元に置いたら最後、CASEY CASEYの持つシャツに魅了されているはずです。。

Arch 小村

FABIANO PATCH SHIRT

COLOR / BLACK

SIZE / S , M , L

MADE IN FRANCE

LIGNIERE PLI SHIRT

COLOR / BLUE

SIZE / S , M , L

MADE IN FRANCE

VERGE SHIRT

COLOR / BLACK

SIZE / S , M , L

MADE IN FRANCE