"> Saint-Germain-des-Prés | ARCH アーチ - Sapporo / Tokyo

Saint-Germain-des-Prés

Share
this article

冒頭の写真は、1950年代にフランス写真家”ロベール・ドアノー”によって撮られた一枚「市役所前のキス」。

1950年代、第二次世界大戦の傷跡が生々しく残されたパリ。

戦後の開放感で当時の若者達は、サンジェルマン・デ・プレに集まり夜な夜な飲み歩いていた・・・。

今回のAUBERGE 22SSでは、そんなサンジェルマン・デ・プレに集まっていた若者=不良が着用していた洋服にフォーカスし、モダンとカルチャーをミックスして表現しています。

Eiffel Des-Pres
COLOR / BROWN
SIZE / 38 , 40 , 42 , 44
PRICE /

18世紀を起源とするAラインが特徴的なサックコートをモチーフに仕上げたEIFFEL DES-PRES(エッフェル デ プレ)。

Eiffelはエッフェル塔をデザインしたギスターブ エッフェルが常にこの形のジャケットを着ていた事に由来しています。

生地には、縦レーヨン、横糸にノルマンディーリネンをツイード状態にカラーミックスにして紡績、ヴィンテージテーラードの組織で織り上げたAUBERGEオリジナルヘリンボーン。

戦後の開放感とともに装いが軽く華やかに変わっていく様を生地で表現しており、真夏でもシャツ感覚で着用していただけるほど軽い生地感です。

Des Pres
COLOR / BROWN
SIZE / 38 , 40 , 42 , 44
PRICE /

同じく狂乱の50年代でパーティーを開いていた当時の若者が履いていたトラウザースをイメージして製作したDes Pres(デ プレ)。

股上が深く、クラシックな印象ですが、コスプレにならないように絶妙な塩梅で現代風にアレンジしています。

4タックを入れることで、腰回りにゆとりを持たせ、裾に向かって緩やかにテーパードが効いてるDes Presは、絶妙なシルエットが魅力的。

タックイン、タックアウト両方のスタイルで楽しんでいただける一本です。

“縦レーヨン”の入ったとろみのある生地。

1950年代のパリで流行った動きの出る生地は、戦後のフランスの若者を象徴する生地の一つです。

当時の若者達の様に何も気にせず軽やかに着用したい。

是非、店頭でご覧下さいませ。

Arch 松本